克服できるリストカット症候群

(1)淀屋橋心理療法センターから新しい本が出版されました。

克服できるリストカット症候群

  • 克服できるリストカット症候群
  • 著者:福田俊一 増井昌美

  • 出版社:星和書店
  • 1,890円(税込)
  • 2011年6月26日

内容の紹介

「リストカットの謎に迫り、克服への道をともに歩む」
  「頑張りすぎ」が止められない、
    「相手にあわせすぎ」から抜けられない――

リストカットの背景にある「それぞれの生きづらさ」を、ベテランカウンセラーが丁寧に解きほぐし解決に導くプロセスが書かれています。

なぜリストカットをしてしまうのだろうか。自らを傷つけるというその異様なエネルギーは、いったいどこから湧いてくるのだろうか。そこに見え隠れするのは、頑張りすぎて疲れ切っているのに、また頑張ってしまうという生きづらさであり、それでも必死で生きている彼女たちの姿だ。家族療法の専門家がリストカットの謎に迫り、本人と家族の苦悩を丁寧にほぐし解決へと導く、4つのストーリー。

主な目次

第1章 カウンセリングの現場から見えてきたリストカットの真相

謎と思われたリストカットの世界から、カウンセリング治療を通して真の姿がみえてきた。やがては対応できるケースが増え、カウンセリングの幅が広がった。

第2章 ケースにみるリストカット

  • ケース1:不登校からリストカットへ…くり返される自傷行為
         真希(17才 高2)「登校しなければ」というあせりからリストカット
  • ケース2:摂食障害(過食症)からリストカット…職場と父親のダブルストレス
         有子(24才 OL)職場ストレスと父親への不満からリストカットを
  • ケース3:激しいリストカットから克服への道
         篤子(20才 大学3)ボーイフレンドにふりまわされ、パニック状態でリストカットを
  • ケース4:留学先でリストカットが見つかって
         由佳(16才 高2)春の体育祭で活躍した後留学し、現地でリストカットを発症

第3章 リストカット…母親の不安や疑問に答えて

Q1:血のついたタオルやティッシュが娘の部屋に…
Q2:リストカットの傷を見つけたとき、どうすれば…
Q3:リストカットの傷の手当はどうしたらいいかしら…
Q4:子どもが持っているカミソリやナイフは、取りあげていい…
Q5:リストカットをしそうな時、親としては外出を控えたほうが…
Q6:子どもをカウンセリングに参加させたほうがいいですか…
Q7:「リストカットしてやる。死んだら親のせいだ!」…
Q8:子どもが「不安で不安でしょうがない」と…
Q9:「私は生きてる値打ちがない」「人生の目的なにもない」…

                     他

(2)出版を終えて…著者の言葉

■福田俊一 所長・精神科医

私は病院で医師としてリストカットに携わっていたころと、その後のカウンセリングでの治療を含めて約30年がたちました。リストカットはその症状のありようが激しいだけに、現場に携わる人たち――外科医、心療内科医、精神科医、看護師、家族、本人、学校の先生、養護教諭などに、強く『何とかしなければ』というメッセージを投げかけ続きます。誰もが無関心でおれない症状です。私もその一人です。

いろんな解決法がだされてきましたが、リストカットの原因についてはまわりの人たちや本人も納得できるような希望のある説明解釈というのは与えられていませんでした。

本書をお読みいただければリストカットという一見驚かされる現象をみても、建設的に解決できる症状であると理解していただけるのではと期待しています。

■増井昌美 家族問題研究室長・ファミリーセラピスト

年を追って増えていくリストカットのクライアントさんたちを気にしながら、執筆をすすめてきました。そしてやっと本書を手にして、正直ホッとしてます。

本書を読んでいただければ「リストカットは謎めいた行為でもなく、自暴自棄からくる衝動的な行為でもない。もっと本人の現実に根ざした行動であり、解決十分な症状である」ということが理解してもらえるものと思います。その手がかりとしての本書ができあがったという安堵感を感じています。一人でも多くの方たちに読んでいただき、リストカットの真相をわかってもらえたらと思います。

関連記事

良い子の胸中:平成11年10月18日 読売新聞

良い子の胸中:平成11年10月18日 読売新聞

新世紀の精神科治療 第10巻-慢性化防止治療的働きかけ

中山書店 24000円(税抜) 2004年6月7日 「新世紀の精神科治療 第10巻-慢性化防止治療的働きかけ」 内容紹介 執筆箇所 2.精神疾患発症のリスクを軽減する家族とは 現代の家族に欠けるコミュニケーション能力 摂 […]

「諸悪の根源」問題パパのために:平成05年02月13日 京都新聞

「諸悪の根源」問題パパのために:平成05年02月13日 京都新聞

シリーズ記事

2009.12.06

1.別冊PHP「子どもの心」がわかる親、つかめない親

別冊PHP「子どもの心」がわかる親、つかめない親 福田俊一 精神科医・所長 増井昌美 家族問題研究室長 PHP研究所 380円 2009年12月号 購入のお問い合わせは03-3239-6233075-681-3344 P […]

2010.03.18

2.児童心理2010年4月号

児童心理 金子出版 720円 2010年4月号 淀屋橋心理療法センターの『過保護・過干渉な親と連携をうまくとるには』についての記事が掲載されました。 『児童心理』(金子出版 2010年4月号) 特集:甘える子・甘えない子 […]

2011.02.03

3.母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放

本の題名:母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放 著者:福田俊一 増井昌美 出版社:ミネルヴァ書房 2,400円(税別) 2011年1月20日 母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放 目次 は […]

2014.09.09

4.笑顔 2014年9月号

わが家のげんきをそだてる「笑顔」 福田俊一 所長・精神科医・心療内科医 保健同人社 180円+税 2014年9月号 「わが家のげんきをそだてる『笑顔』」誌の2014年9月号25ページの「こころとからだの笑顔相談室」のコー […]

2014.09.16

5.美ST 2014年11月号

美ST 2014年11月号 福田俊一 所長・精神科医・心療内科医 光文社 820円(税込) 2014年11月号 「美ST」誌の2014年11月号237~239ページの「ようこそ、ココロの美容室へ。」のコーナ […]

2015.10.07

6.笑顔 2015年9月号

わが家のげんきをそだてる「笑顔」 福田俊一 所長・精神科医・心療内科医 保健同人社 180円+税 2015年9月号 「わが家のげんきをそだてる『笑顔』」誌の2015年9月号25ページの「こころとからだの笑顔相談室」のコー […]

7.職場のストレス・マネジメント

職場のストレスマネジメント 福田俊一 精神科医・所長 増井昌美 家族問題研究室長 メディカ出版 1700円 1989年8月(初版) 「職場のストレス・マネジメント」 内容紹介 序章ビジネス社会と心の病 第一章 心の病とは […]

8.新世紀の精神科治療 第10巻-慢性化防止治療的働きかけ

中山書店 24000円(税抜) 2004年6月7日 「新世紀の精神科治療 第10巻-慢性化防止治療的働きかけ」 内容紹介 執筆箇所 2.精神疾患発症のリスクを軽減する家族とは 現代の家族に欠けるコミュニケーション能力 摂 […]

9.日経Kids+[キッズプラス]7月号

日経Kids+[キッズプラス]7月号 日経BP社 630円(税込) 2009年5月18日 日経Kids+[キッズプラス]7月号 子どもの「SOS」大百科 つぶやき、しぐさ、体調の陰に隠れたホンネに気付いてますか? 子ども […]

10.別冊PHP 子どもとお母さんのこころの健康百科

別冊PHP 子どもとお母さんのこころの健康百科 福田俊一 精神科医・所長 増井昌美 家族問題研究室長 PHP研究所 460円 2000年1月増刊号 「別冊PHP 子どもとお母さんのこころの健康百科」 内容紹介 「子ども元 […]

コラム一覧へ