好きなことに対する集中力を伸ばす

発達障害と言われる子に見られる特徴として好きなことにはとことんのめり込めるが、苦手なことや興味の無いことは全くやる気が起こらないというのがあります。

親御さんは苦手なことから逃げないように躾けるのではなく、好きなことを伸ばす事に力を入れる方が得策です。

苦手なことをそのままにしていていいのかという不安を親御さんは持たれますが、得意なことを伸ばす事で自信が付き苦手なことを要領良くやりすごしたり、苦手なことにも挑戦してみようという意欲が出てきたりと力がついてくるでしょう。

関連記事

1.二年間のひきこもりから、高校受験にむかって頑張る舞子(17才)

できないことを親のせいにして 「もうあかん。できひんのや。あんたらの育て方が悪いからや」と、真美は母親にくってかかりました。中学三年生になったころ、たびたび真美は荒れていました。テストがあるたびに、おいてあったコップが飛 […]

2.「頑張りすぎ、むりをしすぎ」に気がついて、リストカット(自傷行為)が止まった

智子(高校二年生)、一月に三回ほどリストカット(自傷行為)をする 「リストカットが止まらないんです」と、緊急電話が 淀屋橋心理療法センターの電話がなりだしました。会議がおわり、外来受付の時間になったとたんのことです。「た […]

2014.05.09

お母さんの罪悪感・・・2

不登校で相談に来られているK子さんのお母さんの話です。お母さんはスポーツジムもPTAのママさんバレーも止められたそうです。同級生のお母さんに会うのが辛いという理由です。その気持ちは充分わかります。止めて楽になったと言われ […]

シリーズ記事

2011.07.08

1.好きなことに対する集中力を伸ばす

発達障害と言われる子に見られる特徴として好きなことにはとことんのめり込めるが、苦手なことや興味の無いことは全くやる気が起こらないというのがあります。 親御さんは苦手なことから逃げないように躾けるのではなく、好きなことを伸 […]

コラム一覧へ