簡単なケースから難しいケースへと

精神科医になって二六年、家族療法をスタートしてからも早や二十年近くがたちます。多忙な面接のあいまにふと振りかえって思いをめぐらせてみました。

精神科医、心療内科医、心理療法家には、大きく分けて二つのタイプがあります。一つは難しいケースから取り組むタイプです。とても困難な状態に飛び込んで、なんとか事態を解決しようとする専門家たちです。もう一つは簡単な自分で解決できるケースから取りかかろうとするタイプです。一番目のタイプは情熱的な人が多く、最初は勢いもあるのですがやがて燃えつきていくことが多いようです。そんななかクールや達観した人がしばしば生き残っています。二つ目のタイプは現実的で元気な人が多いように思います。

私はどちらのタイプに属するかというと、明らかに後者でしょう。幸い自分のできる範囲に治療の対象を限定し、また治療への意欲の強いクライエントやその家族を診てきながら成長してきた精神科医です。自分のオフィスを持つようになったからこそできたことですが、なるべく「自分が解決できる」と、はっきり言えるケースばかりを対応するように心がけてきました。そうすることで今でも燃えつきることなく、ますますやる気に満ちています。気がついたらいつのまにかなかなか他の専門家たちは治しにくいケースまで解決できるようになってきました。自分は専門家として心理療法の達人になりたかったのです。つくづく簡単なケースから取り組みはじめてよかったと思います。自分の戦略がまちがっていなかったと、ホッとしているこの頃です。

2019.04.17  著者:福田俊一

関連記事

「家族」をあつかう難しさ2

そのころ私は、いろんな人が勇気をもって語り合えば、ずいぶん人生が開けてくるという考えをもっておりましたので、お父さんがこられたとき次のように言いました。「よく来て下さいました。息子さんはお父さんに対して複雑な気持ちをもっ […]

2018.03.20

大学生のうつ相談

うつの相談で、淀屋橋心理療法センターのカウンセリング治療を受けていた、大学生のD子さん。今までの彼女は、学校に行きたくないから、妹が風邪をひいたら「うつして、うつして」と言っていた。それがなんと、妹が風邪をひいた時「うつ […]

家族ぐるみの治療をめざして2

まずは、子どもに向かって「君ね、このあいだ言ってたけど、あれはすごく大事なことのようやな。お父さんに言いたい気もちあったな。あれ、ここでちょっと話してみないか」と水を向けます。私の希望としては、ここで勇気をだして普段言え […]

シリーズ記事

2001.12.26

1.多忙なスケジュールをいかにこなすか(年の瀬をむかえ、ほっと一息した時)

今年もあと五日。世の中にはいろんなことがありましたが、そんなことに思いを寄せる暇もないくらい忙しい一年でした。 自分で言うのもなんですが、私のスケジュール表をごらんになったら、きっとびっくりされると思います。患者さんの面 […]

2004.01.13

2.新年の抱負

明けましておめでとうございます。2003年は20周年を迎えこの20年の方向が大筋では間違ってなかったことを確認でき、我々の自信に繋がる良い年になりました。 多くの専門家のドクターからクライアントをご紹介いただいたり、また […]

2005.12.07

3.心いやされるひとときでした。

私どもの仕事は、問題解決のアドバイスです。一生懸命考える必要がありますし、頭が疲れます。 先日気分転換に、喫茶店で本を読んでいたら「福田先生」と、お母さんふうの方から声をかけられました。見覚えのある顔なのですが、名前を思 […]

2006.02.17

4.当たった予測

子供さんの家庭での雑談の様子を聞くと、近々何か良い変化が起こりそうだなとわかることがよくあります。 ある不登校のケースです。両親だけが来られたときに『何か今週あたり良いことが起こる予感がします』と、そう伝えて帰っていただ […]

2006.03.14

5.不登校のカウンセリング解決率100%を達成(ある提携校での実績)

当センターはいくつかの高校と連携して不登校解決への取り組みをしていますが、そのなかでとくに解決率の高い学校があります。 今年は三年生ばかり7人の相談がありました。なかには不登校だけでなくリストカットなどを含むケースもまじ […]

2009.08.12

6.対人緊張の人で『人に慣れなければいけない』と思っている方へ

様々な症状を抱えた人のお手伝いをしていると、つくづく色々な思い込みの激しさに驚かされます。良い思い込みもあるのですが、あきらかにまずいなと思う思いこみもあります。 例えば対人緊張の人が人混みの中に入って、人に慣れなければ […]

2010.04.28

7.心身症の心理療法

淀屋橋心理療法センターは27年前からカウンセリングの技術が十分でなかった多くの分野で新しい心理療法を開発してきました。不登校や摂食障害、対人恐怖症(対人緊張)、ひきこもり、うつ、リストカット等です。今までの当センターの活 […]

2014.05.15

8.大きな変化・小さな変化

A子さんは、高校時代の半分は寝込んでいてリストカットもありましたが、カウンセリングで見事に蘇り、現役で国公立の大学に合格しました。大変良く笑う子になり、家も明るくなりました。 このような変化は我々にとってもうれしいことで […]

2014.05.22

9.大きな変化・小さな変化

前回「大きな変化の前には小さな変化が起こる」と書きましたが、そのごく一部をあげてみたいと思います。 以前はセカセカしていたが「のんびり寝ているのが好き」に変わった 仲の良いお母さんと、何かあるとプイッと怒って話が途切れて […]

2014.07.23

10.母親が摂食障害うつで子育ての悩み

「母親自身が摂食障害 うつで、落ち込みが長く続くので家事が十分にできない。さらに、小さな子どもさんのしつけに手を焼いている。どうしてよいか分からない」というように複数の問題を抱えているケースが増えてきました。子 […]

コラム一覧へ