過食症(摂食障害)の状態がどこまで良くなったか、チェックシートで確認する(摂食障害診断)

過食症は良くなってきたか?治療が第二段階に入れるかどうか。

(1)本人について

一人で外へ出かけられる。買い物、映画、絵画展など、母親や姉妹とならいっしょに楽しめる。

きわめて親しい友人となら、レストランなどで食事ができる。

一人分の定食スタイルなら、気にしないで食べられる。

「多いから、ちょっと残すけどごめんね」と、気軽に言える。

大盛り皿から取り分けて食べるスタイルは、少々しんどいが、がんばって食べられる。

「外の活動(バイト、教室など)をやってみようかな」といった気持ちがわいてくる。また実際に少しの間なら実行できる。

いろんなことに興味が持てだし「やってみようかな」と、実行に移せる。

定期的に通うものは、まだまだしんどくなり続けられないこともある。

将来の夢を語れるが、実現への一歩はまだはっきりつかめない。

自分は「何が好きで、何が嫌いか」、ゆっくりなら言える。

自分のマイナス感情(イライラ、怒り、悲しみ、落ち込みなど)を母親に対して出すことができる。

(2)過食の状態について

過食は続いているが、生活のリズムに組み込むことができた。

体重の極端な減少、加重などは、自分でコントロールできだした。

「やせ願望」は、あいかわらず強く残っている。が、「やせていないと、なにもできない」という状態ではない。

過食をしたあと、うまく吐くこつがつかめだした。

自分の過食スタイルが定着しだした。(夜一回、○時から○時までなど)

過食の状態が良いときは、かなり外の活動もできるし、人との関係もスムーズ。

過食の状態が崩れるときもまだある。が、崩れたときの自分流の切り抜け方がわかりだしている。(引きこもる、母親にぐちるなど)

過食をしたあとの罪悪感や自己否定感が、うすらいできた。

「太っている自分がきらい。太っていると外へでたくない。誰にも会いたくない」気持ちはまだまだ強いが、それを自覚できている。

一日の過食に費やす費用も、上限が守れる。

過食をする時間が一定しだした。また明くる日の予定によって差し障りのないよう変えることもできる。

過食の買い物はできるだけ自分でするが、出来ないときは母親に頼める。

過食の買い物や後始末の手伝いを頼むときは、ていねいに母親が動きやすいように頼める。(メモに書いたり、品目を伝えたり)。

過食の料理を作ってもらうときは、具体的に食べたい料理名を言える。「なんでもいい」ではなく「焼きそばつくって」とか。

手伝って(作って)もらった後は「ありがとう」が言える。

(3)母親との関係

母親とは雑談がさりげなくできる。

本人は母親に外であったいろんな出来事を聞いてもらえる。

本人は母親に、外で受けたストレスをぶつけることができ、母親はしっかりと聞き役に徹することができる。

本人は母親に聞いてもらえることで「ホッ」とし、とりあえずは安心感を得ることができる。

本人も母親に話した後「あーあ、話してよかった」と、思える。

本人の心のなかにいつも「なにかあったら、お母さんに聞いてもらおう」という安心感がある。

本人はイライラした時、原因が母親でなくても遠慮なく怒りを母親にぶつけることができる。

母親は、本人が悲しみ、怒りなどマイナスの感情を出してきたとき、何をおいても本人を優先して聞き役にまわれる。

母親は、本人の親批判を静かに聞いて受け止めることができる。言い訳や自分の意見を言わないでおれる。

母親は、本人は何がきらいで何が好きかわかっている。

母親は、本人との会話を会話体で記録することができる。

母親は、本人を扱うこつがわかりかけているが、ときには失敗することもある。

母親は、本人と買い物や旅行など、気軽にできる。

母親は、自分の話し方のくせ(先回り、言い訳、正論、結論)(早口、声が大きい、一方的など)に気がついている。

母親は、自分の行動のくせ(本人のことは後回し、言い訳をするなど)に気がついている。

母親は、本人にたいして「仕切る、親の考えを押しつける」などの行為を知らず知らずのうちにしていると、気づいている。

母親は、本人の性格と自分のは正反対であることを理解している。

母親は、本人が調子がよくなり外へ出るようになると安心してすぐに自分のペースや生活スタイルに戻っていはしないか。

母親は、本人の状態が元気になると、知らず知らずのうちに対応がワンランク上の対応になっていはしないか。

母親は、自分が働いていることを、できないことの言い訳につかっていないか。

関連記事

「え、親だけでの来所で、息子の暴力が治るんですか!」と、驚きの声

息子(高校3年)さんの家庭内暴力で悩むお母さんが来所されました。以前、電話で問い合わせをいただいたときは、「親ごさんの来所でお願いします。ご本人はぬきでおいでください」とお話ししたところ、「え、親だけの来所で息子の暴力が […]

2015.03.25

【不登校】親を責める発言も実は良い傾向なんです

不登校のカウンセリングが順調に進んでいくと、次第に子どもさんの口が軽くなってきて、それまで避けていた(タブーだった)学校の話題も話せるようになってきます。口が軽くなりはじめた頃は「○○っていうゲームが流行ってるんだ」「隣 […]

2014.10.30

摂食障害拒食症のカウンセリング 良くなった姿 治療のコツは「たたみかける」 

摂食障害拒食症の治療をしていてしばしば経験する事です。本人さんの体重が下げ止まり、少しずつ持ち直して、少なくとも命の危険は無くなってきました。そうなると、親御さんも不安でどうしようもなかった気持ちが少し落ち着いてきます。 […]

シリーズ記事

1.摂食障害(過食症・拒食症)の治療のポイントと「一人で治したい」の落とし穴(由美 摂食障害・過食症)

「親に迷惑かけたくないんです」だから一人で治したい。 なぜ過食症や拒食症になると思いますか? 由美:短気やったり、素直でなかったりするから。だからいらいらして過食してしまうんかなって。弟に『ぶたまん』って言われたことか、 […]

2.過食の費用を自分で管理できだすと、過食のコントロールもできだす(恵子19才 摂食障害・過食症)

小づかい帳をつけて、過食の費用を管理 過食と闘って4年目の恵子さん(19才)。当センターのカウンセリングを受けて一年がたつ。来所し初めのころは、自暴自棄に陥っていた。「もうどうにでもなれ。太るだけ太れ!」こんな心境ですと […]

3.過食症(摂食障害)の状態がどこまで良くなったか、チェックシートで確認する(摂食障害診断)

過食症は良くなってきたか?治療が第二段階に入れるかどうか。 (1)本人について 一人で外へ出かけられる。買い物、映画、絵画展など、母親や姉妹とならいっしょに楽しめる。きわめて親しい友人となら、レストランなどで食事ができる […]

4.「父はむち、母はあめ」の役割分担が効果あり(涼子20才 摂食障害・過食症)

厳しくてもダメ、甘やかしも心配。さじ加減がわからない 過食になった子は「よく外出をする」タイプと「家にこもる」タイプとにわかれるようだ。両方ともそれなりに子どもの言い分を聞くとなるほどと納得がいく。今日は「よく外出をする […]

5.『良くなるきざし』をお知らせします(由美高校三年生 摂食障害・過食症歴3年)

もう3年めの過食。でもこのごろなんか違ってきたの 「長く苦しい過食といつおさらばできるのか。もう永遠にとりつかれたままではないかしら」 こんな気もちを訴える人は本当に多いのです。面接治療も何度も暗礁にのりあげながらも、航 […]

6.お母さんとの会話がはずみだしたらOK(祥子22才 摂食障害・過食症歴2年)

じょうすな相づちとへたな受け答えのちがいが決め手 祥子(22才)が過食になってもう二年になる。勤めていた銀行も過食のために昨年やめた。毎日食べたり吐いたりに、ほとほといやになってしまった。「なんとかこの苦しさから逃れたい […]

コラム一覧へ