嫁・姑関連編:同居・生活干渉

「あ、怒ったらあかん。がまんせな、母親といえへんよ」って、お義母さんは言うんです。子どもが私がみてるTVドラマのチャンネルをガチャガチャ回してしまうのに。どうやら姑さんの子育て干渉に、耐えかねている母親の相談でした。なかでも頭にきたせりふは「そんなんかめへんやないの。やらせとき。この子の姿はあんたそっくりやで」と。

『同居・生活干渉』(別冊PHPより)

「核家族化」と言われて久しいですが、姑と「同居」する若夫婦は、ますます少なくなってきました。ただ最近は、住宅事情や経済事情で、親と「同居」する夫婦もで始めています。不況で失業した若夫婦の家族が、ふるさと回帰で同居するというケースもありました。

「同居」に踏み切るとき、心がけておきたいことがあります。まず夫とのチームワークがとれているかどうかを確かめてください。「嫁と姑」という関係が一つ屋根の下で始まるわけですから、波風が立たないという保証はありません。そういうとき、助けてくれるのは夫しかいないのです。夫が味方をしてくれるかどうかを確認しておきましょう。

また、できるなら前もって、お互いにある程度ズケズケ言って、それでもお互いに傷つかない関係を築いておきたいものです。もしそういう関係が作れないと、お互いに気づかいでくたびれはて、陰で不満をもらすしかない、惨めな生活になるおそれがあります。

「同居」を始めて問題になるものの一つが、「生活干渉」です。基本的には、誰でも干渉されるのはイヤなものですが、人によっては干渉されてもあまり気にしない人もいます。逆に干渉されることに対する嫌悪感がとても強い人もいます。そういう人は、姑さんに抗議するときは、「干渉をやめて」という言い方はしないで、「私はそういうことは、とてもイヤな性格なんです」と告げるほうがいいでしょう。なぜなら「干渉をする側」は、自分のしていることが「干渉」であることを知らないことが多いからです。

「受け止める側」が、なにを「干渉」と感じるかを、しっかりと正攻法で相手に伝えておくことがたいせつです。

関連記事

2009.11.05

過敏性腸症候群を、カウンセリングで完治したケースの紹介(瑛子40才)

過敏性腸症候群でカウンセリングに来所していた瑛子さん(40才,銀行員)の話をしましょう。瑛子さんはかなり厳しい症状が続いており、毎朝の通勤にたいへん困っていました。カウンセリング治療を何回か重ねて、約半年で完治していった […]

2012.09.07

【不登校・非行】子どもが反抗的なのは思春期だから?

小学校四~五年生ぐらいなってくると、いわゆる思春期や反抗期といった時期に入ってきます。それまでは、子どもらしく、素直に親の言うことに従ってきた子が、急に口数が減ったり親への態度も反抗的になってきたりと、大き […]

「猛烈な食べ吐きで・・一人ではダメですか?」(香奈28才 摂食障害・過食症歴半年)

過食症の子は気持ちが不安定 香奈は大阪の本町で証券レディとして働いていた。大学の英文科を卒業、すぐに入社したから今まで6年間働いたことになる。勤務態度はまじめ、気くばりはいい。上司にも「よく働くいいコだ」と、評判はよかっ […]

シリーズ記事

1.嫁・姑関連編:性格の衝突

「もうガマンできません。なんでお義母さんは、あそこまで反対ばっかり言われるんか」。 幼稚園に通う男の子を連れたお母さんの第一声です。聞くと、孫に関することは、なにからなにまで口をはさんでこられるようです。「おもちゃの片づ […]

2.嫁・姑関連編:同居・生活干渉

「あ、怒ったらあかん。がまんせな、母親といえへんよ」って、お義母さんは言うんです。子どもが私がみてるTVドラマのチャンネルをガチャガチャ回してしまうのに。どうやら姑さんの子育て干渉に、耐えかねている母親の相談でした。なか […]

コラム一覧へ