嫁・姑関連編:性格の衝突

「もうガマンできません。なんでお義母さんは、あそこまで反対ばっかり言われるんか」。

幼稚園に通う男の子を連れたお母さんの第一声です。聞くと、孫に関することは、なにからなにまで口をはさんでこられるようです。「おもちゃの片づけなんかに、目くじらたてることないやないの」「食べ残したら、あんたが食べてやったらえんや」「家の中で遊びたいゆうてるのに、むりに外へいかさんでも」・・・。

「小さい頃にこそ、きちんとしたしつけをしなくては」と、お母さんはあせります。でもお母さんがちょっと声をあらげると、子どもは「やーだよ」といって、おばあちゃんのとこへ逃げていくようになりました。「お義母さんのせいで、この子のしつけは台無しやないの。どうしてくれるの」と、お母さんのイライラは止まりません。

『性格の衝突』(別冊PHPより)

家事、育児、時間の配分、近所づきあいなど、いろいろな場面や状況で「性格の衝突」は、表面化します。

「同じような性格の人同士」、「しきりたい人同士」、「しきりたい人と自分を抑える人」、「大ざっぱな人と几帳面な人」というような「性格の衝突」がよく起こります。しきりたい人と自分を抑える人との組み合わせでは、自分を抑える人が心と体を崩しがちです。大ざっぱな人と几帳面な人では、几帳面な人にしわ寄せが行きますから、几帳面な人はイライラします。これらは、お互いに話し合える関係さえあれば、話し合いのなかで解決していけるのですが、互いの「性格」を多大なエネルギーをかけて何とかしなければ、というほどのことでもないので、つい中途半端なままで放置されがちになります。ですから、イライラが解消されないまま残るのです。

「性格」の違う者同士がうまくいくためのコツは、「相手が察してくれるということは、まずない」ということを知っておくことです。自分と同じように考えるはずだと思うと、「違い」感が強調されてイライラするからです。「わかりあえる仲だ」とか、「もう十年も一緒なんだから」という安易な気持ちは捨てたほうがいいでしょう。一歩下がって客観的に見ることも、頭を冷やすのに役立ちます。「自分」をはっきり表現することも大事です。

そして「自分」のことをよく知っておくこと。何を望んでいるのか、不満のなかで何が一番大きな問題なのか、どうなればハッピーを感じられるのか、などを知った上で相手にしっかり伝える方法を考えるのです。

関連記事

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・2)

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋心理療法センターで治療したケースをもとに執筆、星和書店より出版したものです。本文のなかから症例や治療のポイント […]

子育て関連編:早く寝ない

育児ノイローゼのお母さんが、相談にこられました。一番下の男の子が、夜いつまでも寝ないのでまいっているというお話でした。 きちんとした性格のお母さんで、決めたとおりにしないと気になって仕方がないようです。「さあ、9時になり […]

2013.01.21

不登校のカウンセリング治療。不登校専門カウンセラーのタイプ別治療法

淀屋橋心理療法センターでは、毎年たくさんの不登校の相談をおうけしています。 タイプ別にみてみると「心身症タイプの不登校」「非行タイプの不登校」「ひきこもりタイプの不登校」「摂食障害タイプの不登校」「発達障害タイプの不登校 […]

シリーズ記事

1.嫁・姑関連編:性格の衝突

「もうガマンできません。なんでお義母さんは、あそこまで反対ばっかり言われるんか」。 幼稚園に通う男の子を連れたお母さんの第一声です。聞くと、孫に関することは、なにからなにまで口をはさんでこられるようです。「おもちゃの片づ […]

2.嫁・姑関連編:同居・生活干渉

「あ、怒ったらあかん。がまんせな、母親といえへんよ」って、お義母さんは言うんです。子どもが私がみてるTVドラマのチャンネルをガチャガチャ回してしまうのに。どうやら姑さんの子育て干渉に、耐えかねている母親の相談でした。なか […]

コラム一覧へ