夏休みと小学生中学生高校生の家庭内暴力

小学生や中学生、高校生の子どもさんが家で暴力を振るう。という相談が、夏休みになって急増してきました。なぜかは分かりませんが顕著な傾向です。最初は、家の中の物を壊す。暴力を振るうのは家の中に限る。相手は母親に対してのみ。といったケースが多く見受けられます。多くは学校での行き詰まりが原因で、家で荒れるというパターンです。

シリーズ記事

2020.10.30

1.なにげない日常の中にある小さな幸せ

ある雨の日。駅の入り口では、傘をさした母親が、「ここ!ここよ!」と迎えに来た車に向かって笑顔で手を振っていました。運転しているのは息子。助手席を見ると父親が座っています。多くの人にとっては、なにげない日常の一場面でしょう […]

2020.10.13

2.「不登校を乗り越えるための 親御さん向け勉強会」を開催しました!

長い自粛期間が明けて4か月ほど経ちました。街には徐々に人が増え、少しずつ以前の様子が戻り始めています。 電車の中でも、通学途中の生徒さんたちをたくさん見かけます。 友達と談笑している子や、参考書を開き勉強している子、一人 […]

2020.02.04

3.「ま いいか」

小学生で癇癪持ちの子。お出かけする時に「赤色のシャツがない!あのシャツじゃないと絶対にいやだ!」と怒り出し、外出するのにとても時間がかかっていました。しかし最近になり、お母さんが「あのシャツは洗濯中だよ」と言うと、「ま  […]

2020.01.20

4.久しぶりの良いお正月

2020年が始まりました。 例年この時期は「久しぶりに良いお正月を過ごせました」と親御さんからお聞きできるのが私の楽しみです。 家庭内暴力をする人が、今年のお正月は叫んだり暴れることもなく、ご家族と一緒にテレビを見て笑っ […]

2019.03.21

5.就職1年目の山場

去年は就活に追われ、やっと見つかった就職先で、1年間頑張り続けてきたけれど、要領よくやっている同僚に比べて、何故かミスをしてしまう。これではいけないと、沢山メモを取り、チェックリストも作って、(次は失敗しないぞ!)と仕事 […]

2019.03.12

6.出会いと別れの季節3月

新しい季節が始まろうとしています。出会いと別れの季節です。進学や就職、移動等々、変化の多い季節です。3月は、出会いというよりは、別れの季節でしょうか。 慣れ親しんだ生活に別れをつげて、新しい環境に飛び込むのは、期待半分不 […]

2019.03.08

7.不登校の子達が高校受験に見事合格!

今年も、不登校の中学生の子達が高校受験に合格したというお知らせが当センターに届き始めました。電話やメールで報告して下さった親御さん達、ありがとうございました。 普段はとても緊張する子が受験当日の朝に「割と良く眠れたわ」と […]

2008.11.10

8.大そうじ

淀屋橋心理療法センターの月一度の全体会議で、11月は少し早めに大そうじを行いました。所長からはおおまかな指示はあるものの、各々のスタッフが自主的に動けました。普段の全体の仕事の流れが頭に入っているので、「どう動けば効率的 […]

2008.12.26

9.新年に向けて スタッフより

もうすぐ今年が終わろうとしています。今年も早かった。毎年速度を増していきます。(←年を取った証拠なんだって。) 今年も沢山の方が相談に来られました。元気になっておられる方。まだ困難の真っ最中におられる方と様々です。みんな […]

2009.01.30

10.治療の見通し

「治療の見通しは教えてもらえますか?」 治療の途中で親御さんは、あとどのくらいかかるのだろうかと不安になる時があると思います。カウンセラーが治療の見通しを告げるのは、けがの全治何ヶ月などとは違って、本人さんの様子や家族の […]

関連記事

夏休みの「非行」対策<不登校防止>

友人関係や進路の問題等でいきづまった場合、大きくペースを乱すのが「夏休み」です。「さびしがり屋」の子にとって、毎日の学校生活から解放され時間があいてきた時が要注意なのです。学校に行く必要もない、かといって今の生活に満足し […]

高校生の不登校は早期対応が重要・・・解決率も大幅にアップ

高校生の不登校は早期対応が重要・・・解決率も大幅にアップ 高校生の不登校は小学校や中学校とちがってタイムリミットがあるのが特徴です。また長引くと親との対立に頭を悩ませることになります。せかされても子どもの考えはまとまらな […]

2013.07.23

【非行の子の夏休み対策】LINE漬けの子への親の対応

急速に普及してきた「LINE」ですが、今は高校生はスマホをもっていて当たり前、中学生でもスマホをもっている子も多く、中には親のスマホを使ってラインにはまっている子も多いようです。 いったんLINEにはまってしまうと、LI […]

記事一覧へ