一人で治したいんです(銀行勤務、28才女)

一人で頑張るのは難しい。親の助けを求めてください

順調にいってると思えた玲奈の人生に陰りが見え始めたのは、28才をむかえてまもなくだった。職場ではベテランの部類にはいる。大学も優秀な成績で卒業し、銀行という当時としては難関といわれた職場にパス。仲間からもずいぶんうらやましがられた。それが「今ここで、なんで私がこんな思いをせなあかんの」。いままでつまづいたことがなかっただけに、落ち込み始めるとどんどん下っていった。

玲奈は三ヶ月の休職願いをだした。診てもらった医師の診断によるものだ。しかし自分のかかえている問題は、抗うつ剤や安定剤だけでは解決できないと感じていた。医師のすすめもあり当センターへ足を運ぶこととなったようだ。

玲奈は「親には内緒で一人でなんとかしたい」と言う。こういうけなげな心意気はたいへんいいことのように思えるが、意外に落とし穴がある。これを皆さんにわかっていただきたいと思い、玲奈と担当セラピストのやりとりをまとめてみた。

玲奈:人間関係がうまくいかなくて。

セラピスト:職場のですか?

玲奈:全てです。職場も家族も友人関係も。どうしたらいいか考えても答えがみつからなくて。近くの内科で診てもらってるんですけど、あんまり話しが聞いてもらえないし、薬がでるだけで。

セラピスト:休職中ということは今家におられるんですね。ご両親といっしょの生活ですか?

玲奈:はい、そうです。でもねーー。

セラピスト:ご両親はなんとおっしゃってますか?心配しておられるでしょうね。

玲奈:母なんか『あんたが休職してどうするの。あんたみたいな強い子はおらへんのに』って。中学生のころから親に相談したりしなかったから。私のことは安心しきってるんです。

セラピスト:今の問題を相談するとどうなります?

玲奈:相談したことありません。しようとも思いません。

セラピスト:そうですか。ではお父さんは?

玲奈:父は小さい頃から口を開くと「勉強さえちゃんとやっとたらえんや」で。私のことわかってくれようともしませんから。親が同席のカウンセリングなんて、考えられません。一人で治したいんですけど、何とかならないでしょうか?

セラピスト:一人でねー。一人でやっても治りは悪いですよ。なかなか続かないんですよ。あなたのような落ち込みの症状の方は特に。「こんなに私困ってます」ゆうて、親にゆうたら心配しない親はないと思いますが。

玲奈:親にゆうてもわかってもらえないゆう気もちが強いんです。それに困ってるってこと、私、親には言えません。

セラピスト:「親に言えない」という親子関係こそ見直しが必要なんやないですか。あなたは誰かに相談するということをしてきましたか?なんでも自分で解決できる、またしようとしてきたんではないですか?

玲奈:そうです。自分でやならあかん!自分でやらな誰も助けてくれへん!こんなことばっかり言い聞かせてやってきました。

セラピスト:自分の仕事の責任が深まったり広がったりしてくると、なかなか自分の力だけでは解決できないこともでてくるでしょう。そんなとき信頼して相談できる上司か誰かをつくっておかないと、よく行き詰まるんですよ。誰かいますか?

玲奈:そんな人いません。上司なんて誰も信用できません。

セラピスト:その考え方やったら、行き詰まるな。みていかないかん問題点はあちこちにあるようやね。 今こなして休職してる時がチャンスやと思って、スタートをきりませんか?一人で治療するなら、それなりの条件が必要なんです。それをはじめにお話しておきます。

1.一人で頑張れないとき、助けてくれる人を確保すること。

落ち込んでどうしようもないとき、やはり助けが必要です。親が一番いいんですけどね。

2.予約に遅れたり、休むときは必ず連絡を。

カウンセリングに遅れたとか約束をすっぽかしてしまったとかをやると、せっかくよくなるチャンスをつぶしてしまいます。あなんたも気が滅入るでしょうし、私もやる気が失せてきます。

3.私は道案内をする人。歩いて山を登るのはあなたです。

どうしたら治る糸口がみつかるか。親子関係や職場の人間関係などの問題をこれから解決していかないかん。道は複雑や。「私はこっちの道が近道です。安全ですよ」といって、道案内をする役目で、その道を歩くのはあなたです。だからあなたもしっかりと歩ける工夫をしないとあきません。

4.カウンセリング治療は戦いです。

ここは癒される所とちがいます。最終的には癒されるんですけど、そこへ行く道のりは戦いと思ってください。覚悟が必要なんです。どうしたら楽になれるやろ。どうしたら解決の糸口がみつかるやろという道をさがすのは、中途半端な気もちでは見つかりません。

セラピスト:おわかりいただけましたか。一度帰って考えてみてください。よし、やってみようと決心がおできになったら、また連絡ください。そのときはお引き受けします。

関連記事

2009.08.03

過敏性腸症候群で悩む会社員(男性34才)からのご質問です

質問:こんにちわ。34才(男性)の会社員です。毎朝の通勤で困っています。 私は神戸から大阪まで毎朝通勤電車で通っています。最近とても困ったことになりました。それは車内で必ずと言っていいほど突然の腹痛と便意に悩まされること […]

入院さきから、毎日の様子を知らせる便りが届いて

由希子(23才)は今過食症で入院している。 当センターで面接を開始して半年がたった。来所当時は、過食の買い物以外はまったく外にも出られなかった。それに着る服がないといって、どんな友だちの集まりやさそいも断っていた。以前は […]

「したいこと、言いたいこと、言えてますか?交渉力をつけようね」

アメリカへ行きたい。けど、お父さんに許してもらえるやろか?勇気をだして交渉を 「行きたい、行きたい。でも言い出せない」 「今度の夏休み、アメリカへ行きたい。映画でしかみたことないニュー・ヨークのビル。それに自由の女神。ナ […]

シリーズ記事

1.性格は変わる?変えようとするよりも生かす工夫を(商事会社勤務、45才男)

劣等感から抜けきれない自分を、なんとか変えたい 面接室には男性が一人座っている。手帳を前に広げて、しきりにスケジュールを確認しているようだ。なでつけたヘアースタイルから、几帳面さが感じられる。 「電話受け付け表はどこかな […]

2.病院とかけもちしながらカウンセリングはうけられますか?(よくある質問)

別の病院で薬を処方、淀屋橋でカウンセリングを希望 Aさん(銀行勤務30才、男性)が、心のゆううつを感じで近くの病院の精神科にかかったのは一年前。薬である程度おちついたが、いくつかの疑問や不安が残った。Aさんの質問に耳を傾 […]

3.立ち直りのきっかけは、すぐそばにある

ほんのちょとした良いことが積み重なって、大きな力に 失業率は5%を越えて、最悪の日本経済で・・・読むのも気が滅入る新聞記事の第一面である。こんな状況でもめげずにいろんな企業に応募している男性(森さん仮名、45才)がいる。 […]

4.一人で治したいんです(銀行勤務、28才女)

一人で頑張るのは難しい。親の助けを求めてください 順調にいってると思えた玲奈の人生に陰りが見え始めたのは、28才をむかえてまもなくだった。職場ではベテランの部類にはいる。大学も優秀な成績で卒業し、銀行という当時としては難 […]

5.「うつ」からの脱出に、適切な早期治療を

最近サラリーマンのうつで、とても残念に思うことがあります。それは薬をのんだり、カウンセリングを受けたり、休養したりしていても、なかなかはかばかしくなく、結局会社をやめてしまう人が多いことです。 もし早期からより適切な治療 […]

6.「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見

「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見 うつ病にみられやすい初期サイン 「何となくゆううつで、やる気がわいてこない」 「食欲がない」 「夜寝つきがわるく、早朝にめがさめる」 このような状態がこ […]

7.「宴会係」という心ない上司の言葉に傷ついて

明るく活発な社員と思われていたはずなのに 入社して三年目を迎えた佐藤さん(24才仮名)は、面接室で腕組みをしながらうつむいていた。「自分がよもやカウンセリングを受けるようになるとは」という思いでいっぱいだった。担当セラピ […]

コラム一覧へ