ひきこもりの相談で 1

以前は親御さんが淀屋橋心理療法センターのHPを見て相談の電話をかけてこられる場合がほとんどでした。しかし最近は「ひきこもり」の本人がHPを見て親御さんに『ここに相談に行ってみて』とお願いされる場合が増えてきました。

そして親御さんもHPを読み『ここならこの子を救えるのではないか』と思いカウンセリングの予約を取られる事が目立つようになりました。

関連記事

2011.08.29

1.「こんな本あるよ、読んでみて」(淀屋橋心理療法センターから刊行)

* 『過食・拒食の家族療法』福田俊一・増井昌美(ミネルヴァ書房) 「食べだしたら止まらない」「食べることとやせることで、頭がいっぱい」 あなたもこうではありませんか?本を読もうとしても、テレビを見ようとしても、人と話をし […]

友人が拒食症にかかっています

友人が拒食症にかかっています こんにちは。HPを拝見させていただきました。そこでぜひ相談にのっていただきたいとメイルを大送りしています。 私の友人S子のことですが、最近とくにやせがひどく拒食症ではないかと思います。「どう […]

2015.04.08

【不登校】始業式・入学式からのロケットスタートにご用心!

4月は新学期・新入学など、大きな変化を迎える時期です。それまで不登校で不本意な生活をしていた子の中には「リスタート・リセットの絶好のチャンス」と考える子が少なくありません。 また、これまでの不登校を払拭したいという願望も […]

シリーズ記事

2014.09.04

1.就活でひきこもり 大学4年生の息子の相談で

就活がうまくいかずひきこもってしまっている大学4年生の息子さんの相談でご両親が来所されました。 まわりはどんどん内定をもらっているのに息子さんはなかなか内定がもらえません。エントリーシートは100社出し、すでに30社面接 […]

2012.09.13

2.ひきこもりの相談で 1

以前は親御さんが淀屋橋心理療法センターのHPを見て相談の電話をかけてこられる場合がほとんどでした。しかし最近は「ひきこもり」の本人がHPを見て親御さんに『ここに相談に行ってみて』とお願いされる場合が増えてきました。 そし […]

2012.09.20

3.ひきこもりの相談で 2

今の世の中、「ひきこもり」でHPを検索すると大量の情報がヒットします。その中からどこに相談してみようかと悩み考えられると思います。我々は「よし、ここにしよう!」と判断の決め手になるような記事を書こうと日々努力しています。 […]

2014.03.11

4.ひきこもりの相談で 3

ここのところ「長い間ひきこもっていたご本人」が来所されるケースが続きました。 親御さんがずっと相談に来られていて親御さんを通しカウンセラーがご本人にメッセージは投げかけていましたが、思ったより早くご本人が来所されたのには […]

2014.04.08

5.ひきこもりの相談で ネット依存から脱出したいあなたへ

2年間部屋にひきこもっているという17歳男性の方から相談のメールを受けました。 『毎日PCやスマホでゲームやブログ、ツイッター、LINEで過ごしています。このままではいけない、何とかこの生活から抜け出せないかと困っている […]

2014.05.27

6.ひきこもりの相談で ニートの子どもを見守るだけでは・・・

Yさん(27歳 男性)は司法書士の資格を取るため勉強中です。大学卒業後企業に勤めましたが心機一転司法書士を目指そうと仕事を辞めて勉強を始められたそうです。 一年目二年目は失敗、今三回目の受験を目指しているところだそうです […]

2014.11.14

7.ひきこもりの相談で 母親の罪悪感

息子さん(35歳)がニートであるという親御さんからの相談です。学生時代から対人恐怖症に悩まされ、就職しても仕事が続かず転職を何度か繰り返し、今はひきこもりの状態です。 カウンセリングが進む中でお母さんが言われていました。 […]

2015.02.07

8.ひきこもりの相談で しっかり者の息子さん

15歳から5年間ひきこもっているという息子さんのご相談です。近所の心療内科で対人恐怖症の傾向があると言われています。 4人兄弟の一番上で小さい頃からしっかり者で手のかからない子だったそうです。末っ子の妹さんとはひとまわり […]

2015.04.07

9.ひきこもりの相談で 新生活の時期に・・・

4月から新生活が始まった人も沢山いらっしゃると思います。新入学、新入社員・・・街には初々しい新品の制服姿が眩しくキラキラ輝いています。ひきこもりで悩んでいる人はこの季節が一番辛い様です。周りのみんなが輝いて見え、希望に溢 […]

2015.05.03

10.ひきこもりの相談で 父と子の関係

息子さんとお父さんは今会話も無く息子さんが極力お父さんを避けて生活をしているそうです。そうなったきっかけはひきこもって悩んでいる息子さんに対しお父さんが『何でもやってみることだ やってだめならまた考えたらいい』と言われた […]

コラム一覧へ