ネット依存から不登校のカウンセリング(発達しょうがい・アスペルガー)

全国の中高生のネット依存が50万人を越えたというニュースがありました。日々進化しているネットの世界は子ども達にとっては、それは魅力的だろうし又仲間とのコミニュケーションツールとしても非常に重要な役割になっているのでしょう。

高校生の男の子の親御さんからの相談です。「ずっとやり続けているので強制的にネット回線を遮断しました。そうしたらそこら中の物を投げて暴言を吐いて暴れて。今までおとなしい優しい子だったのに・・・あの豹変ぶりがショックで怖くて、それで今では本人のやりたいようにさせています。そうしたらとうとう学校にも行かなくなりました。生活リズムも無茶苦茶で。あの子の人生はどうなってしまうのでしょうか」と親御さんが対応の相談に来られました。

ネット依存に不登校とどんどん事態が悪化してくることが親御さんの不安を募らせます。淀屋橋心理療法センターではまず子どもさんの事を詳しく分析し、その子に合った対応をアドバイスしていきます。

シリーズ記事

2013.08.06

1.ネット依存から不登校のカウンセリング(発達しょうがい・アスペルガー)

全国の中高生のネット依存が50万人を越えたというニュースがありました。日々進化しているネットの世界は子ども達にとっては、それは魅力的だろうし又仲間とのコミニュケーションツールとしても非常に重要な役割になっているのでしょう […]

関連記事

2013.09.25

ネット依存 ゲーム依存からの脱出(発達しょうがい アスペルガー)

中学生の頃から相談に来られていた現在22歳の会社員B介さんのお母さんの話です。「B介が言うんです『この前に買ったゲーム、一週間でまだ8時間しかしてないことに自分でもびっくりや』って」 どう言う事かというと、彼は小さい時か […]

2013.10.28

ネット依存から家庭内暴力に

高校1年のM菜さんのネット依存状態がひどく成績も下がり気味になってきた為、親御さんが午後10時以降のネット使用禁止と厳しい制限をかけました。そうしたらM菜さんは突然変貌し荒れて物を投げたり暴れて大声で叫んだり・・・。その […]

2018.09.10

インベーダーゲーム40周年 ネットの普及とゲーム依存

インベーダーゲームが今年40周年だそうです。お父さんお母さん世代の中にも夢中になった人がいるかもしれません。インターネットが普及した今のオンラインゲームと比べると、素朴なゲームに感じますが、その時は最先端でした。当時、ゲ […]

記事一覧へ