ネットゲーム依存症が病気認定 オンラインゲームにはまる

「世界保健機関(WHO)は今年2018年6月に公表した疾病分類の改定案で、ゲーム依存症を【ゲーム障害】として疾患名に入れる」という発表がありました。ネット依存症のうち最も多いのはオンラインゲームへの依存だそうです。私はオンラインゲームは「操作が難しそう」「ルールが複雑そう」と敬遠してきました。何よりも「見ず知らずの人達といきなり繋がるなんて、こわい」という漠然とした不安が一番強くありました。

実際操作は難しい。まずゲームを繋げるのも支払いをするのも「どうやってやんねん???」「わかるかい!」という感じで、ゲームを始めるまでが一苦労。賢くないとゲームもできないんだと悲しくなりました。

オンラインゲームでわかった事は、バーチャルの世界でもファンタジーの世界でも、現実の世界と同じように悪意もあれば善意もあるという事でした。厳しい言葉も優しい言葉も甘い誘いもあります。結局気をつけなければならない事は、リアルな世界とあまり変わらないなと感じました。

素晴らしいゲームは、超一流のクリエイター達が情熱と知恵と想像力を駆使して創り上げた、とても魅力的な世界です。はまるのも無理ないと思います。ネットやゲームに夢中になって良さも悪さも経験した上で、それに救われた人達もきっと沢山いるはずです。そういう人達がこれから、ネットやゲームをもっと安全で便利で楽しいものにしてくれるかもしれないなと感じます。

シリーズ記事

2021.04.20

1.Instagram始めました

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 実は淀屋橋心理療法センター、Instagramもやっています。当センタースタッフが撮影した季節のすてきな写真を掲載するアカウントは以前からあったのですが、この度ス […]

2021.03.23

2.「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!

桜が咲き始め、少しずつ春らしくなってきましたが、コロナの不安も拭えないこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 当センターでは去る3月2日(火)に、「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。 勉強会は、 […]

2021.03.01

3.焦らずスモールステップ

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」など昔から言われているように、この時期はあっという間に過ぎていく気がします。長い冬が終わり、もうすぐ春が訪れる。ワクワクする気持ちの人と、そうでない気持ちの人がいると思います。春に […]

2021.02.05

4.「過食」という強者

当センターには、過食の治療のために通われ、やがて卒業してゆく方々が多くいらっしゃいます。中には「とにかく今すぐに過食を治したい、過食を治して早く普通の生活を送りたい」と焦るかたも少なくありません。過食に限らず、自分の病気 […]

2021.01.23

5.軽い気持ちでダイエットが拒食症に

コロナの影響で、学生のお子さんは、1学期の大半という長い間、自宅待機を余儀なくさせられました。 ずっと自宅にいる中、(これといってやることもないなぁ・・・そうだ、今度みんなに会ったとき「やせたね~!」って言われるようにダ […]

2021.01.15

6.令和3年みっつの明かり

当センターでは、治療を進めていく中で親子の相性が良くなることは大切な要素のひとつです。 親子関係がうまくいき始めると、その過程で子供には色々な良い変化が起こってきます。 新年はじめは、3組の親子の明るい笑いをお届けしたい […]

2020.12.15

7.不登校を乗り越えるための 親御さん向け勉強会」を開催しました!

2020年も残すところあと数週間となりました。今年は、日々の生活スタイルが急速に変わった1年でした。きっと多くの方が戸惑い、これから先、当たり前の暮らしが戻ってくるのか、不安に思われているのではないでしょうか。そんな中、 […]

2020.11.30

8.淀屋橋のお茶会

お茶会といえば、「なんでもない日おめでとう!」と大騒ぎする、不思議の国のアリスに出てくるお茶会や、「いちご水」で有名な赤毛のアンのお茶会が思い浮かびます。どちらのお茶会も、豪華なケーキやクッキーや紅茶が用意されていて美味 […]

2020.11.11

9.親だって1年生

朝晩の冷え込みが増し、秋も深まってまいりました。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 近頃、本屋さんに出かけると、子育てノウハウ本や、親子問題について記された書籍が、たくさん平積みされているところを目にします。子育てに悩 […]

2020.10.30

10.なにげない日常の中にある小さな幸せ

ある雨の日。駅の入り口では、傘をさした母親が、「ここ!ここよ!」と迎えに来た車に向かって笑顔で手を振っていました。運転しているのは息子。助手席を見ると父親が座っています。多くの人にとっては、なにげない日常の一場面でしょう […]

関連記事

2014.05.14

ネット依存(ゲーム依存)で相談に来られたお母さんのお話です。

息子のJ君(高校一年)は思春期になり次第に口数も少なくなり学校から帰ると部屋にひきこもりスマホでオンラインゲームに夢中だそうです。食事時間も惜しいようでかき込むように流し入れ食事が終わるとまた部屋にひきこもりゲームの続き […]

2018.06.05

ゲーム依存?(お母さんがゲームの世界に飛び込んだら、子どもさんとのコミュニケーションに役立った)

我が家の息子が、急に自分の使っているプレイステーションを私にくれると言った事がありました。あとで気付いたのですが、息子は、『ファイナルファンタジー光のお父さん』というドラマを見たきっかけで、私とのコミュニケーションのツー […]

2018.05.31

ゲーム依存外来を開設します

ゲーム依存がWHOで疾病として認定される事になりました。そうなる事のプラス面とマイナス面を考えてみたいと思います。 【プラス面】 疾病と認定される事で、ゲーム依存脱出の為のプログラムが作られ、それに上手く乗れた人は生活の […]

記事一覧へ