うつの治療は、淀屋橋心理療法センターにおまかせください

うつの治療は、淀屋橋心理療法センターの治療のなかでも得意中の得意です。軽いうつから自殺が危ぶまれる重大なうつ状態まで、幅広く対応することができます。やはり成功のキー・ポイントは「なんとかしたい」という本人の気持ちであり、「なんとか助けたい」というまわりの人たちの熱意です。

最近はSSRIをはじめ、あたらしい世代の抗うつ剤が出ておりますが、淀屋橋心理療法センターの考えとしては、やはり薬は一時しのぎでしかありません。また最近のマスコミの論調では、よい薬がでたので「うつは心の風邪ひき」と考えてよいといった安易な解決法が目立ちます。

うつの人たちは、心のピンチのときにどうするかという自分にあった解決策が欠けているように思います。それを獲得できるように淀屋橋心理療法センターは真剣にお手伝いします。

そのメリットは

  • 再発におびえなくてすむ。
  • 自分がフルパワーを出すことを恐れなくてもよくなる。
  • 自分の疲れを恐れなくてすむ。
  • 自分が心のバクダンをもった人間だという恐怖をもたずに、人生を送ることができる。

淀屋橋心理療法センターではさまざまな状況に合わせて、さまざまな治療法もあり、カウンセリングを組み合わせて治療をすすめていきます。

関連記事

自然体で接してくれるお兄さんに感謝

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食をなんとか治してやりたいと必死だ。セラピストから「できるだけ清香さんが、自分の気持ちを素直に言葉で伝えら […]

非行の解決策 その1

このところ「非行」の相談が増えています。私どもでは「非行」は得意分野なのですが、一つ心配なことがあります。どの親御さんも真剣に悩み、とても困っておられる様子は伝わってくるのですが、一方で「疲れているなー」と感じるのです。 […]

2014.10.02

過食嘔吐の裏にかくれている対人恐怖症(対人緊張)は、家族でもわかりにくいので要注意(過食嘔吐8年、29才咲子)

摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター(大阪)の「摂食障害専門外来」で行っております。 (大阪府豊中市寺内2丁目13-49 TGC8-201(06-6866-1510)) (TEL: 06-68 […]

シリーズ記事

1.事例 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ」-その(1)

「うつ」というと、なにか心にグサッとくるような事があったとか、頑張ったのに結果が良くなかったとか、いやなことがあって「落ち込みから抜け出せない」という心の状態をさすように思いがちである。しかし反対にうれしいことでもうつに […]

2.事例 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ」-その(2)

「うつ」になやむ牧田氏と妻の会話を、カウンセラーはしばらくメモを取りながら聞いていた。要点を書きとめた用紙に目をとおしながら、どう説明しようか考えた。職場での人間関係や仕事への取り組みという視点からのアドバイスもある。し […]

3.事例 家業を継いで 男性38才、うつ病からの立ち直り(チェック・リストが役立った)

企業に三年勤務後、家業に。翌年うつ病に 事例紹介 商社の海外派遣社員として三年間勤務。仕事も順調にのりだしたころ実家の父親から「家業の印刷業を継げ」という命のもと、退社した。翌年の春ごろからうつっぽくなり、仕事ができなく […]

4.事例 結婚してまもなく不眠に悩むB氏(サラリーマン)33才

物忘れひどく、不眠に悩まされ心療内科へ 「課長、ちょっとおかしいですよ」と、部下の祐美から言われた。冗談はんぶんに笑いながらだから、そんなに気にすることはないのだが。たしかに置いたはずの机の鍵がまたみつからないのだ。「お […]

5.事例 商社勤務 女性28才(仕事への迷いからうつに)

向上心の強い、まじめなK子さんが落ち込んだ穴 事例紹介:課長のなにげない発言がグサッと胸に K子さんはもと商社のOL。入社して五年がたつ。未婚で現在は両親と三人で暮らしている。自分としてはまじめに一生懸命働いてきたつもり […]

6.うつの治療は、淀屋橋心理療法センターにおまかせください

うつの治療は、淀屋橋心理療法センターの治療のなかでも得意中の得意です。軽いうつから自殺が危ぶまれる重大なうつ状態まで、幅広く対応することができます。やはり成功のキー・ポイントは「なんとかしたい」という本人の気持ちであり、 […]

7.うつ状態の人への対応について(職場でも、家庭でもおなじ)

明るいはげましは逆効果 家族の対応のこつ--まわりの人の一言で急にわるくなったり、良くなったりするのもうつ病の特徴です。 1.はげましは本人にムチをうつに等しい 「このごろ元気ないね。頑張って」「あなたらしくないわよ。し […]

コラム一覧へ