PCで『ひきこもり』(発達しょうがい アスペルガー)

発達しょうがいで友達とのコミニュケーションがうまくいかず不登校になり、今は家でPCばかりの生活だという相談が最近大変多いのです。現在はPCやスマートフォンを持っているのは当たり前の時代で、そういうツールさえあればオンラインゲームから様々なアプリ、ネットショッピングにSNSと無限大に世界が広がっていきます。

そんな世界に浸ってしまうとなかなか抜けられないのではないか。このままほっておいては駄目だ、かと言って厳しく出ても反発されるばかり。

そんなご家族の方が途方に暮れて対応の相談にこられます。我々は時代の流れと共にそういう形の『ひきこもり』の対応ノウハウを沢山もっています。お困りのご家族の方は是非ご相談にお越し下さい。

関連記事

荒れる言葉にはキーワードがある本「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)

しぐさでわかる早期発見のサイン 「学校、試験」など、気にしている言葉を聞くと目がきつくなる。 朝おこすと「うるさい、ほっとけ」といった暴言をはき、足でけるまねをする。 わけもなく突然怒り出すことがふえてきた。 家人の出す […]

4.「息子と野菜づくりを」と、父親が提案

息子の話を聞くがわにまわるしんどさ 「しっかりと洋次君の話す言葉に耳をかたむけてあげてください。聞くだけでいいですよ」というカウンセラーのアドバイスは、正直のところ父親にとってはしんどいことだった。今まで自分の意見が家族 […]

2011.10.21

1.発症の年齢層:摂食障害は若い女性がかかる病気ではないんですか!?

◎質問1:摂食障害の過食症・拒食症は、若い女性がかかる病気だと聞いていましたが、最近発症の低年齢化ということを新聞で読みました。最年少はどのくらいですか?(10才の娘をもつ母親より) ◆淀屋橋心理療法センターでは二年前に […]

シリーズ記事

2013.02.15

1.PCで『ひきこもり』(発達しょうがい アスペルガー)

発達しょうがいで友達とのコミニュケーションがうまくいかず不登校になり、今は家でPCばかりの生活だという相談が最近大変多いのです。現在はPCやスマートフォンを持っているのは当たり前の時代で、そういうツールさえあればオンライ […]

コラム一覧へ