O.H.ケース(小学一年・男子)

小学1年生の不登校(O.H.ケース)

初診

2000年9月。終了:2001年4月。

登校開始

2000年12月(母親同伴)。

安定登校

2001年4月(新学期)より。その後も母親と担任の先生が毎日のように情報交換+本人が母親に学校での出来事を細かく話せているかチェック。登校が安定し、母親も自信を回復してきたと判断して終了。

家族構成

父親、母親、兄(小学3年)の4人家族。

来所者

母親または両親で来所。本人は一度も来所せず。

初診時の様子

9月より不登校。兄が順調だっただけに、本人が登校をしぶりだした時、母親がパニックに。その日は強引に連れていったものの、二日目からはフトンから出ようとせず、無理に起こそうとすると母親の手を噛んだり、泣きわめいたりして手がつけられなくなる。すぐにあちこちの相談機関に電話するものの「本人が来ないとダメ」と断られ、公的機関の電話相談では「まずお母さんが落ち着いて。子どもの事も無理じいせず、落ち着くのを待ちましょう」とのアドバイス。母親は落ち着くどころか、不安と焦りでいっぱいに。同時に今までの子育てに自信を失いかけていた。

<本人>

これまでとても活発で、友だちともよく遊び、かけっこも一番だし、勉強面もまったく問題がなかった。ただ、不慣れなことには強く抵抗したり、親に叱られたり気に入らないことがあるとよく泣きわめいていた。

事前相談

父親がインターネットで当センターを探し当てる。学校を休み初めてからちょうど一週間で来所。母親は、小学一年生から不登校になる子が意外に多いと聞き、少し安心する。当面は両親そろって来所することに。

面接経過

アドバイスを出すまでの間、母親には登校を促すかわりに、本人の何気ない発言をしっかり聴いておくことを指示。父親には兄のケアを担当していただく。また、母親が自信をなくしかけた時はフォロー役を依頼。

第三回面接

本人像の分析+アドバイス。母親との会話から「今度の運動会のかけっこで一番になれないかもしれない」「先生の話(授業)がわからなくなってきた」「友だちを誘っても断られることがふえてきた」など、意外と気にしていることが多いことがわかる。また、担任の先生が早口で話すようで、理解に時間のかかる本人にとって負担になっていることや、時おり「こわい」と感じている事もわかる。母親にはさらに本人の口数をのばすこと、それに、担任の先生への家庭訪問を依頼してもらう。同時に、担任の先生にはカウンセラーから手紙を送り、本人の性格を説明した上で、本人との間で気軽な関係を築いていただくよう依頼。

小学一年生の不登校

  • 10月。運動会が終わっても登校できず。一方では、本人の口数がドンドン増えてきた。話し方にも勢いがつき、家の中ではずいぶんと「口の悪い子」になってきた。しかし、ひとしきり喋ったあとはケロッとし、以前よりも穏やかな顔を見せるようになった(=予定通り)。担任の先生も週に一、二回の割合で訪問して下さり、本人も母親と一緒ならば話が聞けるようになる。
  • 11月中旬。担任の先生ともずいぶん打ち解け、「お母さんと一緒なら学校に行ってみようかなー」という話に。同伴登校は当初のねらいでもあり、母親と本人が同じ場面を共有できるため、家に帰ってからも学校の話題で話がはずむことが期待できる。さっそく登校練習を開始するが、最初の一週間は家から出られなかったり途中で引き返したりで、学校までたどり着けず。しかし、登校練習が進むうち、「みんな何ていうだろう」「僕の席ほんとうにあるかな」「本当にお母さん一緒にいてくれるの?」と、不安な胸中を話しだすように。母親はそんな不安をなだめたりなぐさめることなく、とことん本人の不安に同調してやることに。次第に「かけっこに負けてもいいや」「友だちに断られたらまた誘ったらいいんや」など、ひらきなおり発言も飛び出すようになった。ついに、三週目にして教室に入ることができる(12月)。
  • 12月から翌年2月まで。登校時間を二時間、三時間と増やし、時には給食プラス三時間、三時間目から終わりの会までといったように、本人と相談しながら時間を増やしていく。
  • 3月。母親が別室で待機するプランを提案。本人もお母さんが学校のどこかに絶対いるならと納得。母親が別室で数回すごす練習ができて終業式を迎える。
  • 4月。始業式。母親は一緒に登校する覚悟でいたものの、誘いにきた友だちと一緒にすんなりと出ていく。クラス替えがあり担任の先生も変わったものの、前担任の先生からしっかりと引き継ぎがあり、母親との情報交換を継続することに。四月は休むことなく登校。帰ってからもその日の出来事をこと細かく母親に報告(感情いっぱいに)。
  • 5月。ゴールデン・ウイークが終わってからも休む様子がない。母親も「不登校になったのは母親の子育てが原因ではない」ということがわかり、さらに安心感を強める。終了→その後、学期ごとにFAXやメールで状況をお知らせいただく。病欠以外での欠席はないとのこと。

関連記事

不登校から大学に合格。楽しいキャンパスライフのお便りが

A子さん、お便りありがとう。とても楽しくよませてもらいました。 いい大学に入れてよかったなーという印象です。A子さんの持ち味が生かせる大学といった感じがします。表面の飾りとか、まわりにあわせるだけの自分とか、流行だからす […]

部屋にひきこもっていた息子が、一緒にテレビをみるようになりました(20才 男性の母より)(第5回面接の後)

次のカウンセリングの前にお知らせした方が良いと思いお手紙を書かせていただきました。実は2月5日から息子が自分の部屋から出てきて、いっしょにテレビをみるようになりました。食事の時と用のある時だけ部屋からでてくるだけだったの […]

過食症を克服して、大学に合格:母親からうれしい便りが

過食症で通っていた美香さん(現在24才)のお母様から「娘が大学に合格しました。4月から通うのを楽しみにしています」といううれしいお便りが届きました。 美香さんは高校一年のときに過食症になり、一日3~4回も過食をくり返して […]

シリーズ記事

1.O.H.ケース(小学一年・男子)

小学1年生の不登校(O.H.ケース) 初診 2000年9月。終了:2001年4月。 登校開始 2000年12月(母親同伴)。 安定登校 2001年4月(新学期)より。その後も母親と担任の先生が毎日のように情報交換+本人が […]

2.S.S.ケース(中学一年・男子)

中学1年生の不登校(S.S.ケース) 初診 2001年12月。終了:2002年9月。登校開始:2002年1月下旬(放課後登校)。安定登校:2002年4月(新学期)より。以降、ご家族の要望により一ヶ月に一回のフォローアップ […]

コラム一覧へ