6.小さな良い変化がでてきたら、治るきっかけがつかめるかも・・(美香28才 摂食障害・過食症歴3年)

過食症にかかって三年がたつ。美香(28才)は、小さいころからとても良い子だった。友達も多かったし、勉強もよくできる頑張りやさん。「私の自慢の娘だったんです」と、母親は話した。思春期のころ、よくあるダイエットの失敗から拒食症になってしまった。その三ヶ月後には過食症に移行し、それいらいずーっと過食症が続いている。

目と目があうと火花がちる母と娘

来所時には、母娘関係にはひびがはいっており、かれこれ一年ちかくまともな会話はない状態だった。面接室でならんで座る二人の目と目が会うと、火花が散るという感じがこちらにつたわってきた。

これまでの経過を聞いたセラピストは、「ここでは生活に密着したアドバイスをさしあげます。おうちでご両親に実行していただくことはそう難しくはありません。しかしやり続けるには、根気と工夫と辛抱がいります。がんばってついてこれますか?」と、念押しした。母親は「今までいろんな医療機関や相談センターにいきましたが、だめでした。ここから出された本「克服できる過食症・拒食症」を、読ませていただきました。もうここしかありません。がんばって主人もいっしょに家族三人でついていきます」と、決心の言葉がきかれた。

こうして美香の治療セラピーがスタートした。親にむけてだすアドバイスを、母親はしっかりと守ってきた。めげそうになると父親に話をきいてもらい、交代したりしながら続けてきた。

治療開始後2カ月、小さい良い変化がでてきた

アドバイスをだして2カ月後、美香のようすに見落としてしまいそうな小さな良い変化がでてきた。母親の地道な努力が小さな結晶となってでてきたようだ。どんな変化がそうだといえるのか、じっさいの治療の現場から見えてきたものをとりあげてみた。母親と娘(美香)の会話のなかに、その小さな良い変化はみられる。

小さな良い変化1

ここ一年ほど「ただいま」と言ったことのない美香が・・・

母親:おかえり。おつかれさんやったね。

美香:・・・ただいま。

母親:お茶のむ?

美香:・・・・・(だまって自室へスーッと)

小さな良い変化2

今までは母親にたいしての怒りを「無言、無視」という態度でだしていた。それが言葉でだせるようになってきた。

母親:美香ちゃん、あんたの好きなさくらんぼあるよ。食べない?

美香:いらん。

母親:そうか。ほんなら、おいといてあげるね。

美香:いらんって言ってるやろ。食べ物をおかんといてって、何度いったらわかるん!

小さな良い変化3

母親が近づくと美香はいやがって、プイッと出てしまっていた。さいきんは出ていかないし、少し体を動かして母親がふきやすいようにしている。

母親:おはよう。美香ちゃん、ちょっと床をふかせてね。(洗面所の床に水がとんでいる)

美香:え、あーいいよ。(足をのける)

母親:はい、ありがとう。ごめんね、じゃまして。

小さな良い変化4

母のささやかなプレゼントにたいして、台所に「ありがとう」のメモがおいてあった。いままでの娘のようすからは、信じられないと母親はよろこんだ。

母親:このごろ暑くなってきたよね。新しいタオルとハンケチ買っといたよ。よかったらつかってね。

美香:・・・・(自室へ)

母親:(つかってくれなくてもしかたないな。でもアドバイスどおり続けていこう)

美香:(あくる朝、メモに「ありがとう」と書いておいていた)

小さな良い変化5

長いあいだ自分から母親に頼むということがなかった。すこし母親に甘えるきもちが戻ってきたのかもしれない。心の扉が少し開いてきたようだ。

母親:きょう出かけるけど、買ってきてほしいものあったらゆうてね。

美香:なんもない。

母親:そう、でもまたあとで気がついたら、メイルいれてくれていいよ。

美香:うーん、それじゃ、ローゲンマイヤーのパン買ってきて。

母親:ああ、いいよ。買ってくるよ。

小さな良い変化。

治療をスタートして、こんなに早く良い変化がでてくるとは思っていなかった。氷のように閉ざしていた美香の心だったが、この調子でいけば次の展開が期待される。母親がアドバイスにしたがって、地道に努力を続けていることがわかる。またその母親を側面からささえている父親のかかわりも大きいだろう。アドバイスをだすセラピストもやりがいを感じて、さらに熱をいれて治療プランに取り組んだ。

関連記事

アドバイスに沿って、小さな地味な努力を積み重ねること

良い変化は、アドバイスを忠実に守った母親の成果 母親はカウンセラーからもらったアドバイスをまとめてみた。うっかりと忘れないよう、紙に書いて冷蔵庫の扉にはっておいた。 徳子は、こだわり性で納得しないと動けないタイプ。 ゆっ […]

2011.11.17

Helping teens who cut .Michael Hollander 著(リストカットの本の紹介)

"Helping teens who cut ".Michael Hollander 著(リストカットの本の紹介) 本書の著者でありハーバード大学医学部精神科心理学の講師である Dr.Michael […]

友だち・社会性関連:友だちができない

『友だちができない』(別冊PHPより) まわりに同世代の遊び友だちはいるでしょうか。小さい頃から子ども同士で遊ぶ機会が少ないと、ゆずったり我慢したりができず、わがまま、かってものと言われて、友だちができにくくなります。お […]

シリーズ記事

2015.02.28

1.摂食障害を克服して

摂食障害を乗り越え夢だった美容師として活躍されている人の話です。 『美容学校時代に知り合った旦那さんと一生懸命開店資金を貯めて小さいけれど駅前にお店を持ちました。居心地もよく腕もいいと評判で確実にお客さんも増えてきました […]

2008.05.29

2.「貧乏くじばっかりひかされてきたんや、わたしは」と、泣いて叫んで(多美 高3)

過食症がもとで、不登校からひきこもりに 多美は高校3年生。過食症になって3年目になります。この春3年生に進級したとき、一週間登校しただけで、とうとう学校に行けなくなってしまいました。「いったいなに考えてるんや。学校にいか […]

2008.07.01

3.「できあいのお総菜」で楽をして、過食から1年でリカバリー(真美 18)

真美は東京から淀屋橋心理療法センターへ、過食症のセラピー(カウンセリング)を受けに通っていた。実家が大阪なので母親といっしょに来所し、1年後にはほぼ過食症を克服できたケースである。1年というとかなり早い期間での立ち直りだ […]

2013.10.03

4.1.摂食障害(過食嘔吐)が長引いて、不登校からひきこもりに(過食症歴3年 高3)

摂食障害(過食嘔吐)がもとで、不登校からひきこもりになった多美さん 多美さんは高校3年生。高1のときに過食嘔吐を発症して3年目になります。もともと不登校ぎみだったのですが、この春3年生に進級したとき、一週間登校しただけで […]

2013.10.08

5.2.過食症を克服し就職できた!摂食障害専門外来の力は大きい(過食症歴6年 29才)

過食症を発症して6年がたつ。淀屋橋心理療法センターにある摂食障害専門外来でカウンセリング治療をスタートして、 2年後には過食症も嘔吐も止まり就職することができた。症状が重かったわりには、比較的早く過食症克服への道を歩めた […]

6.「過食症だった私が、会計事務所で働けてる。うれしいな」(瑠美29)

重症の過食症。発症後6年たって来所したケースだが、治療をスタートして2年後には過食も止まり働くことができだした。症状が重かったわりには、比較的早く克服への道を歩めたケースである。 過食症になって6年目に来所 過食症になっ […]

7.3.「摂食障害・過食症が、ほんとうに良くなりました」と母親がうれし涙

夏美(18才 高三、過食症になって三年たってから淀屋橋心理療法センターへ来所) 「夏美さんの過食症は、一年後にびっくりするくらい良くなりますよ」 カウンセリング治療がスタートして一月たったころのことです。「えー、そんな。 […]

8.4.「雨ふって地固まる」みたいに良くなってきた過食症(美佐 22才 OL)

摂食障害:美佐 22才 本屋勤務 過食歴6年 必死で両親の仲をとりもつ美佐 「なんだ、この部屋は。いつもきれいにしてくれって言ってるだろう」と、居間に入ってくるなり父親が大きな声をあげました。「はい、はい。わかってますよ […]

9.5.母親への対応アドバイスで、改善の道へ(礼子20才 摂食障害・過食症歴3年)

過食症になって三年がたつ。礼子(20才)は、いままで母親といっしょにいろんな医療機関をおとづれ、投薬をうけてきたが、症状は改善しなかった。「過食症で苦しんでるから、管理栄養士になりたい」と、大学の食物科に入った。ところが […]

10.6.小さな良い変化がでてきたら、治るきっかけがつかめるかも・・(美香28才 摂食障害・過食症歴3年)

過食症にかかって三年がたつ。美香(28才)は、小さいころからとても良い子だった。友達も多かったし、勉強もよくできる頑張りやさん。「私の自慢の娘だったんです」と、母親は話した。思春期のころ、よくあるダイエットの失敗から拒食 […]

コラム一覧へ