5.就職でのつまづきを、親に問いつめられて自室にこもってしまった勇樹(27才)

大学をやっと卒業。しかしその後部屋の戸を閉めたまま

勇樹(27才)が「大学でたんやから、ちょっと好きにさして」と、言ってきたのが5年前。「え、大学でたらどっかへ就職して働くんがあたりまえやで」と、母親は言った。父親も「なにゆうとんや。学費だしてしんどい思いしたんはこっちやないか。働いて食費くらい入れて当然や。それが人の道ゆうもんや」と怒りをあらわに。勇樹は言い返しもせずだまって聞いていた。

その後勇樹が学生課の就職さがしの部屋に出入りしているらしいことがわかって両親は一応ホッとしていた。商社やメーカーなど3つほど受けたようだ。一次の筆記試験は合格するが、二次三次の面接でひっかかった。「もうすこし元気よく返事ができませんか」「遅刻や欠勤せずにこれますか」といった、きわめて初歩段階の質問にすらテキパキと答えられなかったようだ。帰ってきてから両親にぽつぽつ話す様子から察せられたことだが。「そんなことくらいきちっと答えられんでどないすんの。あんたなんぼになってると思ってんの」と母親。続いて「ほんまになさけない話しやないか」と父親。

面接室で母親は担当セラピストにいままでのあらましを話した。就職をめぐって落ち込んだ勇樹とイライラした両親のやりとりがあって、勇樹は自分の部屋の戸を閉めたままになった。食事もいままでは下で家族といっしょに食べていたのが、いつのまにか自室に持っていって一人で食べるようになってしまった。それでも母親には「お母さん、クッキー買ってきて」とか「あしたの夕ご飯は天麩羅にしてくれる?」と、甘えてもきていた。「なんでかわからへんのですけど、それも私に言わんようになって。今はできたもんを食べるし、いるもんは自分でコンビニに買いにでるようにしてますわ」と、母親は話した。

「それでは今親子の会話は、どんなふうに?」とセラピストは聞いた。「まったくありませんねん。必要なことは紙に書いておいてありますわ。それ買うてきて、またおいとくんです。いつの間にかなくなってますさかい、部屋へもっていったんやな。そいで終わりです」

関連記事

1.根性論でたたき出そうとしたが、裏目にでて

来所してから三年がたって 洋次は現在27才。来所したときは24才だった。治療を開始して三年が経過したわけだが、来所した当時をふり返ると、立ち直りへの歩みは決して早いほうではない。しかし洋次から受ける印象はころっと変わった […]

4.問題家族はこんなところに気もちが届いていない(ひきこもり4年 26才女)

来所するお母さん方に一枚のアンケート用紙を書き込んでもらった。多い順番に並べるとだいたい次のようになる。 質問1:「あなたは小、中、高校と、子どものどこに関心をもってきましたか」 学校や塾の成績 交友関係 規則(約束)を […]

男性の摂食障害淀屋橋心理療法センターのホームページで、摂食障害(過食症・拒食症)の治療の仕方がよくわかります

摂食障害はこれまで97%が女性の症状だったが、この傾向が崩れつつある。以前からも男のクライエントはみられたがきわめて少なかった。それが最近立て続けに問い合わせが増えている。統計をとってその原因を追求したり、傾向を分析する […]

シリーズ記事

1.淀屋橋心理療法センターにおける「ひきこもり」の解決率は98%

親の熱意とねばりが解決にこぎつけるひきこもりの治療にかんしては、親が熱心に淀屋橋に通うことができ、こちらのアドバイス(そんなに難しいものではありません)にしたがうことができ、ねばり強く通っていただければ、たとえ本人が来れ […]

2.1.母親との会話にリズムがでてきたら変化のきざし(24才 ひきこもり4年・男)

お母さんとの掛け合いがリズミカルに健司(24才)は、ほとんど自室にこもったままで一日を過ごす。こんなひきこもり生活がもう四年になる。食事も家族とは食べない。すきなときにラーメンを作ったりしている。テレビを見たりマンガを読 […]

3.2.子どもの要求を否定せず、会話のチャンスに

「あれ欲しい、これ買ってくれ」この時親子で話し合いを息子(雄一、20才)が、ひきこもりはじめて二年になる両親が来所した。高校はなんとか卒業したけれど、そこでつまづいた。大学には進学せず、さりとて職を探す意志もない。「その […]

4.3.親の主張よりも、もっと子どもの声に耳を傾けて(ひきこもり4年、23才男)

健治がひきこもりだしたのは、大学二年生のころからだ。あれから4年がたってしまった。母親はいろんな病院や相談機関へ出向いたが、状態は変わらなかった。友人の紹介で当センターへ来所。カウンセリングを通して母親の話しをきくうちに […]

5.4.問題家族はこんなところに気もちが届いていない(ひきこもり4年 26才女)

来所するお母さん方に一枚のアンケート用紙を書き込んでもらった。多い順番に並べるとだいたい次のようになる。 質問1:「あなたは小、中、高校と、子どものどこに関心をもってきましたか」 学校や塾の成績 交友関係 規則(約束)を […]

6.5.就職でのつまづきを、親に問いつめられて自室にこもってしまった勇樹(27才)

大学をやっと卒業。しかしその後部屋の戸を閉めたまま勇樹(27才)が「大学でたんやから、ちょっと好きにさして」と、言ってきたのが5年前。「え、大学でたらどっかへ就職して働くんがあたりまえやで」と、母親は言った。父親も「なに […]

コラム一覧へ