4.「おかあさーん、3キロも増えて制服が入らないよー!」

「お母さん、いっしょに死んで。私、もうこれ以上生きていけない。食べるの止めることもできないし、うまく吐けないし。前の月から3キロもふえたのよ。制服のブラウスもぴちぴちでスカートははまらないし。もう最悪ー、生きてく希望もない。どうしたらいいの、どうしたら…」

過食嘔吐でじわじわと増えていく体重に真理はあせりを感じていた。とうとう3キロも増えて制服もきつくてきつくて、パニックを起こして母親に泣きついてしまった。母親もどうしていいかわからず途方にくれて、インターネットでみていたホームページを便りに淀屋橋心理療法センターに来所した。以下はそのときのようすである。(文中セラはセラピスト)

セラ:3キロ増えて、パニックになったんですか?

真理:学校行きたくない。制服も入らないし。みんな私のことからかうから。

セラ:からかうって?

真理:机の上にもたれてたら「顔のお肉はみでてるよ」って。一人が言ったら他の子たちが「ワッー」って笑って。それにノートに「子豚のピーちゃん」って書かれたし。

セラ:それはひどいですね。それでやせたいって思うのね。

真理:はい、学校には行きたいけど行きたくない。どうしたらいいかわからなくて。

母親:からかう人のことなんか気にしなくてもいいのに。

真理:お母さんはだまってて!なんもわからないくせに。

セラ:過食症は、食べ吐きが止まらない、自分でも止められないっていうのがつらいですよね。その症状の裏にはあなたの成長がかかわってるんです。

真理:え、成長が、それはどういうことですか?

セラ:子どものころからのあなたが変わる時がやってきたということなんです。子どもから大人へ脱皮しなくてはいけない時が。あなたの中に大きな変化が起き始めているとも言えます。

真理:大人へ脱皮?反抗期ってことですか?

セラ:そうそうそれと同じことですね。大人への変化のとき。真理さんが子どもの頃からやってきたやり方で通していきたいけれど、それは無理な時がきたんです。だから別のやり方を見つけていかないといけないの。「突っ走ると危険ですよ」と教えてくれているのが過食症だとも言えるんですよ。

真理:どうしたら過食症は治るんでしょうか?食べ吐きに疲れてしまいました。勉強も手に付かないし、友だちもだんだん離れていくし。

セラ:食べることを止められない太ってる自分がきらいで、自己嫌悪の塊みたいになっていませんか。新しい自分のやり方、考え方をどう見つけていくか。カウンセリングでじっくり話しあいながら、見つけるお手伝いをしましょう。最初はぎこちなくてもだんだんと「あれ、この新しいやり方もいいじゃないの。いままでのもよかったけど、この方がこれからの自分に合ってると思うわ」って感じられるようになるでしょう。そこに真理さんの成長があります。

真理:私の成長、大人への脱皮。そんな大事なことが食べ吐きに関わっているなんて、思いもよりませんでした。私、カウンセリング受けたい、お母さんいいでしょ?

母親:そりゃもちろんよ。
先生、よろしくお願いします。

「食べる食べない、太る太らない」にこだわる真理の気持ちは簡単には変わらないけれど、セラピストの話を聞いて真理はどこかにスーッと風穴があいたような気がした。こうして真理と母親の過食症カウンセリングはスタートした。

関連記事

2011.10.25

1.リストカットの子をもつ親が自ら気づく大切さ

■ 母親の質問 もうこれで娘のリストカットのカウンセリングも5回目です。おかげさまで最近夜明けごろに突然切ったとかでびっくりするようなことはなくなりました。外から帰ったら「お母さん、あのねこんなことがあったんよ」と、以前 […]

ストレス・シリーズ(3)あなたのストレスサインと解消法はありますか?

これがあなたのストレスサイン ストレスは人によって表れ方がさまざまである。大事なことは自分のストレスサインを知ること。比較的誰にでも出やすく自覚しやすいサインとしては次のようなものがある。 【肩こり、頭痛、めまい、寝つき […]

2011.07.08

好きなことに対する集中力を伸ばす

発達障害と言われる子に見られる特徴として好きなことにはとことんのめり込めるが、苦手なことや興味の無いことは全くやる気が起こらないというのがあります。 親御さんは苦手なことから逃げないように躾けるのではなく、好きなことを伸 […]

シリーズ記事

1.自然体で接してくれるお兄さんに感謝

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食をなんとか治してやりたいと必死だ。セラピストから「できるだけ清香さんが、自分の気持ちを素直に言葉で伝えら […]

2.成績の下がった私なんて、私じゃない

「お母さん、いっしょに死んで。もうこれ以上生きていけない。食べるのを止めることもできないし、吐くのもうまく吐けない。先月から3kgも増えたのよ。大好きなGAPのブラウスもピチピチで、ジーパンも入らないし。もう最悪。生きて […]

3.吐けない!太る!この恐怖をなんとかして!

「食べた後、吐くのに必死なの。苦しくて指をのどにつっこんで。やっと吐けた、やれやれ。でもね、体重計にのったらいつも1Kg増えてるの」。この瞬間から美佳のパニックがはじまる。「今でも太ってるのに。これ以上太りたくない。お母 […]

4.夢中になれるもの見つけようよ!

「どうしたら食べるのが止められるの」「もう食べ吐きにほとほと疲れはててしまって」「下剤つかってだしてるけど、体がだるい。でもやめると太るんじゃないかと不安だし」――こんな訴えを毎日のように耳にする。そこで次のようなアドバ […]

2011.08.29

5.1.「こんな本あるよ、読んでみて」(淀屋橋心理療法センターから刊行)

* 『過食・拒食の家族療法』福田俊一・増井昌美(ミネルヴァ書房) 「食べだしたら止まらない」「食べることとやせることで、頭がいっぱい」 あなたもこうではありませんか?本を読もうとしても、テレビを見ようとしても、人と話をし […]

2011.08.29

6.2.「お母さん、一度決めたメニューかってに変えないで!」

過食症の人は一度話し合って決めたり約束したりしたことを、勝手に変えたりするとパニックを起こすことがよくあります。 「うん、わかった。それでいいよ」といったん納得すると、ずーっとそれを信じているところがあります。夕飯のメニ […]

2011.08.29

7.3.過食症に苦しむあなたの叫びと脱出へのアドバイス

「吐けない、太ってしまう、太る恐怖をなんとかして!」 「食べた後、なかなか吐けなくて。時間がかかるから必死なの。苦しくて指をのどに突っ込んで、やっと吐けた。やれやれ」。でもね、体重計にのったらいつも100g増えてるの。あ […]

2011.08.29

8.4.「おかあさーん、3キロも増えて制服が入らないよー!」

「お母さん、いっしょに死んで。私、もうこれ以上生きていけない。食べるの止めることもできないし、うまく吐けないし。前の月から3キロもふえたのよ。制服のブラウスもぴちぴちでスカートははまらないし。もう最悪ー、生きてく希望もな […]

2011.09.17

9.1.「お父さんお母さん、そんなに気づかわれるとよけいしんどいわ」

子どもの一言一言に耳をそばだてる両親 「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食症をなんとか治してやりたいと必死だ。両親はセラピストから「できるだ […]

2011.09.17

10.2.「過食嘔吐の回数を減らすヒントが見つかったの」

過食が止まらなくて、一日3~4回食べ吐きを繰り返している人がいる。大学三年の美佳子さん。高校時代にダイエットしたのがきっかけで、過食症に陥ってかれこれ5年になる。「食べ吐きを止めたい、けど止められない」。そんな思いに追い […]

コラム一覧へ