3.過食症の人は迷いやすいので、何事にも時間がかかってしまうことがよくあります。

■過食症の人のなかには迷いやすく、時間がかかる人が多い

「どの洋服をえらんだらいいかわからない。いつも時間ばっかりかかってしまうの」

舞子さんはお母さんと洋服を買いに出かけました。いっぱいお店をまわってもなかなか決められません。「うーん、どれがいいかわからない」と舞子さんが言うと、「あんたの好きな服にしたらいいのよ」とお母さん。「だって好きな服ってわからないもん」と、舞子さんは途方にくれた表情です。「あんた自分の気にいった洋服もわからないの?」と、お母さんはなかばあきれ顔。

お母さんにしてみると「娘はなんでこんなに時間がかかってしまうのかしら?」とふしぎでなりません。ましてや「自分で好きな服もわからないとは、いったいどうなってるの。これも過食症のせいかしら?」と嘆いています。

こだわってあれこれ考えすぎてしまう気質

摂食障害には、迷って時間がかかりやすい人が多くみられます。「この洋服の色、似合うかしら」とか「襟ぐりがあきすぎて、ちょっとねー」など、ああでもないこいうでもないとこだわってしまうようです。なかなか決められず時間がかかるので、そばにいるお母さんはどうしても「早く、まだ?」とせかしてしまうのですが、時間がゆるすかぎり思いっきり迷わせてあげるのも一つの方法です。ただお母さんにも時間の都合があるでしょうから、「○時までなら待っててあげるよ。でもそれ以後は予定があるので待てないからね」と、はじめに念押ししておくといいでしょう。

お部屋の模様替えに手間どって

「きょうこそはお部屋きれいにするよ」と、由香さんは朝から意気込んでいます。ガタゴトと家具を動かす音が二階の由香の部屋から聞こえます。しばらくしてお母さんは「昼ご飯よ」と声かけをしながら部屋をのぞきに行きました。

「まあ、由香ちゃん、まだこんな状態!なにしてるのよ」とびっくり。部屋は机や本箱、タンスなどが動かされて、そのまんま。足の踏み場もないくらい本や衣類が散乱しています。

「お母さん、私どうしたらいいかわからないの。どれをどこに置いたらいいか、わからない」と、由香は部屋のまんなかに座りこんでいます。

迷って自分で決められず時間ばかりかかって

「早く家具の配置をきめて落ち着きたい」という気持ちはあるんだけれど、なかなか決められません。「ここに置いたらどうなるかな。いやあっちのほうがいいかも。机は窓際にしようかそれとも壁にくっつけようか」などと、迷ってしまいます。

考えて慎重にとりくむので、とてもいい仕事をする人が多い

「考えすぎて要領が悪い」と言われるタイプです。摂食障害の人にみられることがあります。始めのうちは何をしても時間がかかって本人もまわりの人も苦労するのですが、悪いことばかりではありません。時間はかかりますが、だんだんと伸びてくることがよくあります。何事にもいろんな方面から慎重にとりくんだり、深く物事を考えたりできる人に成長していくことがよくあります。そうした結果、とてもいい仕事をする人が多くみられます。

関連記事

2013.02.08

音が気になる(発達しょうがい アスペルガー)

発達しょうがいの人で音が気になるという人が多くいます。雑音が嫌で常にイヤホーンをしている、外に出られない等日常生活に支障を来たす人もいます。 G君は時計の秒針の音が気になるのです。気になりだすとイライラがひどくなるのでア […]

症状を長引かせる気がつきにくい家族関係(1)親子の三角関係

両親が子どもを取り込んでいるし、子どももその役割に意義を感じている こうした家族関係は、当事者はなかなか気がつきにくい。そのやり方で毎日の生活がすすんできているから。 この親子の三角関係というのは、他の症状にもよくみられ […]

2011.03.24

2.体重が何キロを割ったら「拒食症」と考える必要があるのでしょうか?

【質問2】体重が何キロを割ったら「拒食症」と考える必要があるのでしょうか? 【答 え】拒食症と診断するのは体重だけでなく他の条件もありますが、体重に関しては次の数式があります。 標準体重の出し方(平田法)身長から体重を算 […]

シリーズ記事

2012.10.18

1.1.「話のさいちゅう、急に黙り込んでしまって」….過食症の人によくあること

急に黙り込んでしまったり、不機嫌になったり 過食症の娘さんをもつお母さんから、「いっしょに楽しく話をしてると思ったら、子どもが急に黙り込んでしまうことがあって。私が何か気に障ること言ったかと心配になって。どうしてこんなこ […]

2012.10.22

2.2.「親のお金をぬすむなんて、とても理解できないわ」と、お母さんのショック

過食症の子どもについては、「親のお金を盗む」という理解できない行動にでることがあります。しかしこれも食べたくてたまらない衝動がなせる技であることが多いのです。頭ごなしに叱らずに、理解の気持ちをもって、話し合えるといいです […]

2012.11.22

3.3.過食症の人は迷いやすいので、何事にも時間がかかってしまうことがよくあります。

■過食症の人のなかには迷いやすく、時間がかかる人が多い 「どの洋服をえらんだらいいかわからない。いつも時間ばっかりかかってしまうの」 舞子さんはお母さんと洋服を買いに出かけました。いっぱいお店をまわってもなかなか決められ […]

2012.12.03

4.4.「ガンコ者はきらわれるよ、なんど言っても変えようとしないガンコな子なんです。困ってしまいます」とお母さん

■「ガンコ」は摂食障害にかかった人によくみられる性格の一つです。「うちの子はガンコで困ります」という親御さんの声はよく聞かれます。はたしてこの「ガンコ」は、ほんとうに困った性格なのでしょうか?決してそうではないという事実 […]

2013.04.10

5.5.食べ物への「こだわり」が強くて。カロリーやグラムにも「こだわり」が。みそ汁の具で母親と大げんかになった恵子さん。

過食症の人のほとんどが食べ物のもつカロリーや重さ(グラム)にこだわります。お腹が減って食べ物を前にしても「食べたい、いや太るからだめ」と、こんなせめぎ合いがぐるぐると頭の中を駆けめぐっています。「太る=醜い、やせる=美し […]

コラム一覧へ