3.「お母さんは『あんたは気にしすぎよ』だって。なによそれ!」

お父さん王様お母さん召使い、見てるとイライラして過食したくなる

「うちのお母さんは召使いで、お父さんは王様」。両親をみているとこんな感じがすると過食症の美知は言う。「なんでー、夫婦なのにそんな関係になるの!?」ってずーっと前から思っていた。「だけどね、口にだして言えなくて」と、美知の心のなかはモヤモヤがずーっと続いていた。

「こないだもね、お父さんがお風呂あがりかけて叫ぶの。『おーい、母さーん、オレの下着もってきてくれ』って。大きな声で。バカみたい。『下着くらい自分で用意しろよ』って言いたい。それにお母さんは『はいはい、ここにおいときますよ』だって。幼稚園の子どもじゃあるまいし」。

美知の心のなかにはいつも「こんなふうに思うって、私がおかしい?」といった疑問が渦巻いている。「召使いと王様みたいな二人の関係をみてると、イライラして食べたくなる。どうなってるの、あの二人。あれが私の親なんだ。私はいや、あんな夫婦になりたくない。結婚なんか絶対したくない」と嘆いている。

「えーい、食べちゃえ!食べて吐いて、あとは下剤で出して」

こんなことの繰り返しが私の毎日。まっくらだわ。どうしたらこのトンネルから抜け出せるのかしら?」

主と従の関係のような両親に疑問をもって、イライラを重ね、過食に走る若い女性は多い。親たちは「私たちはこれで長年やってきたんだから、なんとも思ってないの。あんたは気にしすぎよ」と、逆に子どもをたしなめようとする。

こうした訴えをしてくる過食症の人の治療は、家族(父親、母親)の協力があったほうがいい。問題意識のうすい親たちと過食嘔吐でストレスを解消している子どもを、どう同じカウンセリングの土俵にのせていくか。難しいテーマであるが、両者がお互いの違いを出し合って症状の解決に向かっていくなかで、だんだん話せるようになってくる。子どもが言いにくかったことを両親にむかって言えるようになるのは大きな前進である。

カウンセリングを重ねて親にしっかりと主張できるようになり症状が改善

はじめのうちはグチをぶつぶつ言うくらいにしか言えなかった娘も、カウンセリングの回数を重ねるごとにしっかりと物が言えるようになる。「お父さん、お茶くらい自分でいれれば。忙しくしてるお母さんの手を煩わせることないじゃない」。するとお父さんも「そうだな、お茶くらい自分でいれるとするか」。いままでそんなことすらしなかったお父さんだが、父母娘三人の対話を重ねていくうちに、変えられるところは変えていこうという気持ちになっていく。お母さんのほうも「それは助かるわ。お茶碗あらいも当番みたいにしてもらえると」と、だんだん本音がでてくる。もちろんこうした三人の合意をみるまでに、カウンセリングを何度も重ねていく必要があるのだが。

親と子の間には世代間の違いがあることも考慮に入れて

それと同時に子ども自身の意識にもゆさぶりをかけていく。親のことと自分のことは違う。育った時代が違うから考えかたも習慣も自ずと違う。だから親が子の望む姿とは違ってあたりまえであろう。自分の考えを意見としてしっかり主張はする力は大切だが、時代や習慣の違いも考慮に入れる柔軟性も望ましい。

親に対してしっかりと言いたいことが言えるようになった美知は、だんだんと過食症が良くなっていった。同時に自分と親のあいだに世代間の違いを認めて境界線を引けるようになり、文句も言うけど親の言い分もきちんと聞ける子供に成長した。

関連記事

「今度荒れたらそのときにまたよろしく」と父親

危機意識がうすい親は、治るチャンスを見のがす とにかくなにか困った事が起きたら、その時に相談にくれば事は解決すると思っているらしい。高校3年生の娘が家庭内暴力で相談のご両親。 「もうテーブルの上にあるものみんなひっくり返 […]

摂食障害(過食症・拒食症)の治療のポイントと「一人で治したい」の落とし穴(由美 摂食障害・過食症)

「親に迷惑かけたくないんです」だから一人で治したい。 なぜ過食症や拒食症になると思いますか? 由美:短気やったり、素直でなかったりするから。だからいらいらして過食してしまうんかなって。弟に『ぶたまん』って言われたことか、 […]

2013.07.24

【非行・ひきこもり不登校】父親と全く口をきかない・父親を極端に避ける子への対応

非行タイプの子は家庭に居つかないことが多く、遅くにやっと帰ってきたと思っても部屋にこもって非行仲間の子とLINEをしたり、彼氏・彼女と電話したりと、毎日が友達中心の生活になりがちです。見方によっては親との会話を避けている […]

シリーズ記事

1.自然体で接してくれるお兄さんに感謝

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食をなんとか治してやりたいと必死だ。セラピストから「できるだけ清香さんが、自分の気持ちを素直に言葉で伝えら […]

2.成績の下がった私なんて、私じゃない

「お母さん、いっしょに死んで。もうこれ以上生きていけない。食べるのを止めることもできないし、吐くのもうまく吐けない。先月から3kgも増えたのよ。大好きなGAPのブラウスもピチピチで、ジーパンも入らないし。もう最悪。生きて […]

3.吐けない!太る!この恐怖をなんとかして!

「食べた後、吐くのに必死なの。苦しくて指をのどにつっこんで。やっと吐けた、やれやれ。でもね、体重計にのったらいつも1Kg増えてるの」。この瞬間から美佳のパニックがはじまる。「今でも太ってるのに。これ以上太りたくない。お母 […]

4.夢中になれるもの見つけようよ!

「どうしたら食べるのが止められるの」「もう食べ吐きにほとほと疲れはててしまって」「下剤つかってだしてるけど、体がだるい。でもやめると太るんじゃないかと不安だし」――こんな訴えを毎日のように耳にする。そこで次のようなアドバ […]

2011.08.29

5.1.「こんな本あるよ、読んでみて」(淀屋橋心理療法センターから刊行)

* 『過食・拒食の家族療法』福田俊一・増井昌美(ミネルヴァ書房) 「食べだしたら止まらない」「食べることとやせることで、頭がいっぱい」 あなたもこうではありませんか?本を読もうとしても、テレビを見ようとしても、人と話をし […]

2011.08.29

6.2.「お母さん、一度決めたメニューかってに変えないで!」

過食症の人は一度話し合って決めたり約束したりしたことを、勝手に変えたりするとパニックを起こすことがよくあります。 「うん、わかった。それでいいよ」といったん納得すると、ずーっとそれを信じているところがあります。夕飯のメニ […]

2011.08.29

7.3.過食症に苦しむあなたの叫びと脱出へのアドバイス

「吐けない、太ってしまう、太る恐怖をなんとかして!」 「食べた後、なかなか吐けなくて。時間がかかるから必死なの。苦しくて指をのどに突っ込んで、やっと吐けた。やれやれ」。でもね、体重計にのったらいつも100g増えてるの。あ […]

2011.08.29

8.4.「おかあさーん、3キロも増えて制服が入らないよー!」

「お母さん、いっしょに死んで。私、もうこれ以上生きていけない。食べるの止めることもできないし、うまく吐けないし。前の月から3キロもふえたのよ。制服のブラウスもぴちぴちでスカートははまらないし。もう最悪ー、生きてく希望もな […]

2011.09.17

9.1.「お父さんお母さん、そんなに気づかわれるとよけいしんどいわ」

子どもの一言一言に耳をそばだてる両親 「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食症をなんとか治してやりたいと必死だ。両親はセラピストから「できるだ […]

2011.09.17

10.2.「過食嘔吐の回数を減らすヒントが見つかったの」

過食が止まらなくて、一日3~4回食べ吐きを繰り返している人がいる。大学三年の美佳子さん。高校時代にダイエットしたのがきっかけで、過食症に陥ってかれこれ5年になる。「食べ吐きを止めたい、けど止められない」。そんな思いに追い […]

コラム一覧へ