2.性格の「良いとこさがし」が効果をあげて

美子は主張できだしたが、母親との衝突も増えて

美子のカウンセリング面接は、順調にすすんだ。「家にいてもいいから、『好きなこと、やりたいこと』を増やしていきましょう」という、カウンセラーのアドバイスが美子は気に入った。母親といっしょにつくる夕飯の支度もだんだん熱がはいり、自分の意見も言い出せるようになった。はじめは喜んで聞いていた母親だが、だんだんしんどくなってきた。というのは、美子のこだわりとしつこさに、我慢ができなくなってきたのだ。

主張すれば、母親との衝突も増える。どんなところで母親は美子のこだわりに困っているのか話してもらった。

母親:ニンジンとじゃがいも切れたで。

美子:いやお母さん、そのニンジンの切り方なに。もっと細かく切って、ゆうたやろ。

母親:わかったよ。そやけど煮込んだら同じやんか。

美子:なんもわかってへんのやな。ニンジンはな、煮込んでも形がくずれへんから、舌触りがわるいねんで。なんもわかってへんのやな。

母親:はいはい、わかりました。(うんざりしている感じ)

そのほか『なんでこのお鍋ぬれてるん?もっときちんとふいといて』とか、『布巾が汚れてるやんか』とか、あげればきりがない。母親は初めのうちは今までの自分流を通そうとしていた。以前なら美子のほうが「・・・」と、黙り込んで母親の言うとおりにしていたのだが、今は違う。美子は「あかん、ゆうたらあかんねん」と、一歩も引かない。「こんな細かい子とは、思いませんでした」と、母親は根をあげている。

性格をラベルに書き出してみると

「いやー、なかなかいい感じですよ、美子さん。そこまで主張できるようになりましたか」。カウンセラーは美子とお母さんのバトルを書き留めた記録を読んで、こう言った。しかしこのままではせっかく出てきた美子の芽も、母親との衝突が重なれば引っ込んでしまうかもしれない。そこで美子の「良いとこさがし」を、ゲームふうにラベルに書いてやってもらおうと決めた。

「きょうはね、美子さんの性格をしっかりと見ていきましょう。良い点、弱い点、あいまいな点、いろいろあるでしょう。持ち味はどんなところにあるのか。それをお母さんは理解できているかどうかなどですね。ラベル一枚につき、一つの性格を書き込んでください」。

カウンセラーは美子と母親に数枚のラベルをわたした。どんなことが書き込まれたか、ちょっと見てみよう。

美子のラベル

  • 自分の意見を聞いてほしい
  • 物事を考えすぎて要領が悪い
  • せかされるとパニックになる
  • 自分の思うようにしたい
  • 迷いやすい

母親のラベル

  • 気にしだしたら、いつまでも気にする
  • 用心深い
  • 言い出したらきかない
  • しつこい
  • いやになるほど細かい

「お母さんのラベルと美子さんのラベルはちょっとちがいますね。それでは一つ一つのラベルについて、話し合っていきましょう。これは美子さんの性格つまり持ち味ですから、どういうふうに解釈すれば、良いところとしてとらえられるか、これがポイントです。ではやっていきましょうか」。はじめはとまどっていたが、やり方がわかりだすと、二人の話はポンポンとはずんでいった。

「短所」に見えるところは、実は美子の持ち味「長所」

美子ラベル自分の思うようにしたい — お母さんはこの点を「しつこい」とか「自分のやりかたばっかり主張して、自分中心な子」と、思っていた。それが三人で話し合ううちに、「自分の考えをしっかりもっている子」「ねばり強くだしていける子」「個性的なものを秘めている子」といった良い方向にとらえられるようになった。

「なかなかいい線いってますよ。その調子で」と、カウンセラーは横から交通整理をしていく。ラベル一つ一つについて短所と思えた性格ラベルが、視点を変えれば長所ともとれる。母親からも「そういえば少し余裕を持ってみてやれば、こんなに良いところがたくさんあるんですね。目先のことばかりに気を取られて、しつこいなとか、頑固者やなとか、短所のように見てました。母親の私がこの子の持ち味をプラスに受けとめて、伸ばしてやらなくてはいけないんだと気づきました」と、うれしい発言が出てきた。

こうした日常における母親との関係をスムーズにしていくことは、お城にたとえると石垣の部分に相当する。美子かこれから立ち上がっていくためのしっかりとした基盤になるのである。

関連記事

無断キャンセルはしないでね

事前予約の方が、おみえにならない 今日、一時からの予約クライエントAさんをお待ちしています。 *ほんとうは一時から昼食休みに入るのですが、一時間早めてとることにしました。 *先週、別のクライエントで不安神経症に悩む方から […]

摂食障害(過食症・拒食症)の家族療法

ここ十年間で十倍に増えた摂食障害(過食症・拒食症) 淀屋橋心理療法センターで二番目に相談の多い摂食障害(過食症・拒食症)が、ようやく一冊の本にまとまりました。店頭に本が並んだとたんにテレビ局から取材依頼が舞いこんでくるな […]

いじめ不登校

「長いものには巻かれろ」 ひと昔前ならクラスに一人二人は「正義の味方」がいたものです。それが今では「長いものには巻かれろ」主義が横行し、いじめられた子をかばうとその子までがいじめられてしまう世の中になってしまいました。「 […]

シリーズ記事

1.1.家の中でできる好きなこと、やれることで自信をつけよう

ひきこもり二年の美子が話し始めた美子は高校時代から不登校ぎみで、卒業をまたずにひきこもってしまった。先生の配慮で「卒業証書」はもらえたが、卒業式には参加できなかった。あれからずーとひきこもりの生活が。今二十歳だからもう二 […]

2.2.性格の「良いとこさがし」が効果をあげて

美子は主張できだしたが、母親との衝突も増えて美子のカウンセリング面接は、順調にすすんだ。「家にいてもいいから、『好きなこと、やりたいこと』を増やしていきましょう」という、カウンセラーのアドバイスが美子は気に入った。母親と […]

3.3.「料理教室へ行きたい」が、外出のきっかけに

得意料理「ポテトサラダ」にこだわってカウンセリングをスターとして半年が経過したころの面接室での会話である。 「美子さんの得意なお料理はありますか?」という質問に、待ってましたとばかり美子は答えた。「はい、あります。ポテト […]

コラム一覧へ