2.「お母さん、一度決めたメニューかってに変えないで!」

過食症の人は一度話し合って決めたり約束したりしたことを、勝手に変えたりするとパニックを起こすことがよくあります。

「うん、わかった。それでいいよ」といったん納得すると、ずーっとそれを信じているところがあります。夕飯のメニューといった小さなことでも相談なく変えられると、一瞬頭のなかが真っ白になるようです。次にあげる事例の由里もその一人です。

母親:由里ちゃん、晩ごはん何がいい?

由里:そうね、なんでもいいけど…スパゲッティかな。

母親:そうね、それにしようか。熱々のスパゲティはおいしいよね。

夕食時になって「ご飯できましたよ」ってお母さんの呼ぶ声。飛んでいくとテーブルの上にはハンバーグと野菜サラダがのっている。由里は「あれ、これなに?たしかお母さん、今晩はスパゲティつくるっていってたはずなのに」とつぶやきました。

由里:お母さん、今晩スパゲッティって言ってなかった?

母親:うん、そう思ってたんだけどね、今日挽き肉がセールだったのよ。それでハンバーグにしたの。明日スパゲティにするからいいでしょ。

由里:(サッと顔色が変わりました)いや、こんなのいらない!私、食べないから。お母さんのうそつき。お母さんはいつでも私が言ったことと違うことかってに決めて。そんなんなら、初めっから聞かなければいいのに。

由里は糸が切れたようにパニック起こしてしまいました。泣いたり喚いたり、お母さんをけ飛ばしたり。後になって由里は「なんにもそこまでしなくてもいいじゃないって思うけれど、止まらなくて。やっぱりお母さんは私の言うことなんかちゃんと聞いてないんだ」と話していました。

由里はその後母親の「ゴメンね、由里ちゃん。かってにメニューを変えたりして。明日は必ずスパゲティにするからね」という謝りの言葉で、やっと落ち着いてきました。

過食症の人のなかには「勝手に変えられると、受け入れられない」「急に言われてもついていけない」といった特徴を持つ人が多くいます。そうした点を周りの人はよく理解して、変えるときは早めに前もって知らせておくことがトラブルを避ける上で大切なことです。

関連記事

事例 商社勤務 女性28才(仕事への迷いからうつに)

向上心の強い、まじめなK子さんが落ち込んだ穴 事例紹介:課長のなにげない発言がグサッと胸に K子さんはもと商社のOL。入社して五年がたつ。未婚で現在は両親と三人で暮らしている。自分としてはまじめに一生懸命働いてきたつもり […]

友だち・社会性関連編:集団がこわい

『集団がこわい』(別冊PHPより) もともと性格的におくびょうな子は、集団の雰囲気に押しつぶされるような気がすると言います。それと気はしっかりしているが、親が子どもグループになれさせようと無理強いした結果、心にイヤな思い […]

2012.05.25

完璧主義(アスペルガー 発達しょうがい)

「あーあ 又だ」とお母さんは思わず溜息が出ました。小6のK君の国語のテストの答案です。それを見ると半分以上白紙の状態です。 「ねぇKくん、この問題なんてア、イ、ウの中から選べだよ。とにかくどれか書けば、1/3の確立で当た […]

シリーズ記事

1.自然体で接してくれるお兄さんに感謝

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食をなんとか治してやりたいと必死だ。セラピストから「できるだけ清香さんが、自分の気持ちを素直に言葉で伝えら […]

2.成績の下がった私なんて、私じゃない

「お母さん、いっしょに死んで。もうこれ以上生きていけない。食べるのを止めることもできないし、吐くのもうまく吐けない。先月から3kgも増えたのよ。大好きなGAPのブラウスもピチピチで、ジーパンも入らないし。もう最悪。生きて […]

3.吐けない!太る!この恐怖をなんとかして!

「食べた後、吐くのに必死なの。苦しくて指をのどにつっこんで。やっと吐けた、やれやれ。でもね、体重計にのったらいつも1Kg増えてるの」。この瞬間から美佳のパニックがはじまる。「今でも太ってるのに。これ以上太りたくない。お母 […]

4.夢中になれるもの見つけようよ!

「どうしたら食べるのが止められるの」「もう食べ吐きにほとほと疲れはててしまって」「下剤つかってだしてるけど、体がだるい。でもやめると太るんじゃないかと不安だし」――こんな訴えを毎日のように耳にする。そこで次のようなアドバ […]

2011.08.29

5.1.「こんな本あるよ、読んでみて」(淀屋橋心理療法センターから刊行)

* 『過食・拒食の家族療法』福田俊一・増井昌美(ミネルヴァ書房) 「食べだしたら止まらない」「食べることとやせることで、頭がいっぱい」 あなたもこうではありませんか?本を読もうとしても、テレビを見ようとしても、人と話をし […]

2011.08.29

6.2.「お母さん、一度決めたメニューかってに変えないで!」

過食症の人は一度話し合って決めたり約束したりしたことを、勝手に変えたりするとパニックを起こすことがよくあります。 「うん、わかった。それでいいよ」といったん納得すると、ずーっとそれを信じているところがあります。夕飯のメニ […]

2011.08.29

7.3.過食症に苦しむあなたの叫びと脱出へのアドバイス

「吐けない、太ってしまう、太る恐怖をなんとかして!」 「食べた後、なかなか吐けなくて。時間がかかるから必死なの。苦しくて指をのどに突っ込んで、やっと吐けた。やれやれ」。でもね、体重計にのったらいつも100g増えてるの。あ […]

2011.08.29

8.4.「おかあさーん、3キロも増えて制服が入らないよー!」

「お母さん、いっしょに死んで。私、もうこれ以上生きていけない。食べるの止めることもできないし、うまく吐けないし。前の月から3キロもふえたのよ。制服のブラウスもぴちぴちでスカートははまらないし。もう最悪ー、生きてく希望もな […]

2011.09.17

9.1.「お父さんお母さん、そんなに気づかわれるとよけいしんどいわ」

子どもの一言一言に耳をそばだてる両親 「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食症をなんとか治してやりたいと必死だ。両親はセラピストから「できるだ […]

2011.09.17

10.2.「過食嘔吐の回数を減らすヒントが見つかったの」

過食が止まらなくて、一日3~4回食べ吐きを繰り返している人がいる。大学三年の美佳子さん。高校時代にダイエットしたのがきっかけで、過食症に陥ってかれこれ5年になる。「食べ吐きを止めたい、けど止められない」。そんな思いに追い […]

コラム一覧へ