1話:うれし涙―「お母さん、私の話しよく聞いてくれるようになった」と、うれし涙を

過食症のカウンセリング治療を受けに来所されている前田さん。長女の美咲さん(14才)が食べ吐きをくり返すうち、学校に行けなくなってしまいました。他県からお母さまが熱心に通われています。

中学生の美咲さん(過食症)が初めて来所

「先生、こんにちわ。イチョウの葉っぱがこんなに黄色くなって」と、お母さまが手いっぱいの葉っぱをみせてくださいました。高速バスを下りて緑地公園を通り抜けてくるとき、あまりにもきれいな秋色の葉っぱをひろってこられたようです。受け取りながらふとお母さまの後ろをみると、女の子が立っています。「美咲です。初めてきました。『今日は私も行きたい』言いまして」と、お母さまが紹介されました。

「ヘヘヘーッ」と、照れ笑いしながら美咲さんは「よろしくお願いします」と、ちょこんと頭をさげました。

「カウンセリングに通うお金あるんなら、私にちょうだい」

美咲さんは、お母さまがカウンセリングに通うことに反対だったと聞いていました。「そんなお金あるんだったら、私にちょうだいよ。食べたくてお金ほしいんだから」と、いつもお母さまを困らせていました。それがカウンセリングの回数が重なるごとに、だんだん変わってきました。「お母さん、今度いつカウンセリングに行くの?」とか「気をつけて行ってらっしゃい」とか、声をかけてくれるようになりました。

「お母さん、私の話よく聞いてくれるようになった」

「美咲さん、はじめまして。いやー、びっくりしましたね。きょうはどうして来ようっていう気になったの」と聞くと、美咲さんは次のように話してくれました。「あのね、はじめはいやだったの。お母さんがカウンセリングに行くの。私のことあれこれしゃべられるのいやって思って。でもお母さん、だんだん変わってきた。私の話しよく聞いてくれるようになってきて、うれしかった」と、小さいけれどはずむ声で言いました。

「お母さんに『そんなに食べるの、やめなさい』とか『吐くの、もったいないじゃない』とか言われて。自分でも過食・嘔吐はいけないことだとわかっていても、止められなかった。だからそう言われるのがとてもいやだったの」と、美咲さんは話をつづけた。

うれし涙が頬をつたって

「それがカウンセリングを受けだしてから変わってきた。あれっ!て思ったの」。「お母さんが『過食は、つらいよね。ほんとうにつらいんだよね』って、私を見て言ってくれた。はじめは信じられなかった。でも『止めたくても止められないんだよね、美咲ちゃん』って。あー、私の気持ちわかってくれてるんだ」って思ったらすごいうれしかった」。

「それで私もカウンセリングに行ってみたいなって思うようになりました」と、話す美咲さんの頬にはうれし涙がつたっていました。

関連記事

2011.04.20

1.食べることに関しては、母親は口をはさまないほうがいいんでしょうか?

【質問5】娘は今17才ですが、三年間拒食症が続いています。発症当時50キロあった体重は35キロまで減りました。お料理を作るのは好きで、家族のためにいっぱい作ってくれるのですが、自分では食べようとしません。「Kちゃんも食べ […]

2015.02.28

摂食障害を克服して

摂食障害を乗り越え夢だった美容師として活躍されている人の話です。 『美容学校時代に知り合った旦那さんと一生懸命開店資金を貯めて小さいけれど駅前にお店を持ちました。居心地もよく腕もいいと評判で確実にお客さんも増えてきました […]

2013.10.08

2.過食症を克服し就職できた!摂食障害専門外来の力は大きい(過食症歴6年 29才)

過食症を発症して6年がたつ。淀屋橋心理療法センターにある摂食障害専門外来でカウンセリング治療をスタートして、 2年後には過食症も嘔吐も止まり就職することができた。症状が重かったわりには、比較的早く過食症克服への道を歩めた […]

シリーズ記事

2008.01.07

1.2話:夢かなう―「こんなに元気になりました。やりたかった夢がかない、幸せです」

うれしい一通の年賀状 お正月があけて「さあ、今日から新しい年の仕事がスタートだ」と、勢いよく職場のドアをあけました。たくさんの年賀状のなかで、なつかしい名前の一通に目がとまりました。 『明けまして おめでとうございます。 […]

2008.01.15

2.3話:柚子の香り―「しんどくて私、なにもできない。だって過食症やもん」が消えて

柚子の季節がやってきました。あのあまーいそれでいてすっきりするような香りに、思わず顔を近づけたくなります。このころになると、いつも笑顔でやってくる過食症の恵子さん(17才、高2)がいます。 「過食症やから・・できない,○ […]

2008.01.23

3.4話:えらいな―「どんなとき過食したくなるのかわかるって、えらいなー」

過食症になって3年目の百合は高校三年生。受験の年に突入した緊張感からか、それともなかなか治らない過食症のせいか、最近イライラしているときが多く過食もふえがちです。心配顔のお母さんと、ぶすっとすねたような百合さんが二人なら […]

2008.01.30

4.5話:わかってもらえた―「やせることは命よりも大事」だと、わかってもらえてうれしい

「ここや、私の行きたかった所はここや!」 孝子(23才)は過食症になって5年。病院、診療内科、カウンセリングセンターなど、いろんなところに通いましたが治りませんでした。5年もたつと治らない自分の過食症に愛想がつき、多くの […]

2008.02.06

5.6話:少しずつ―うす皮をはぐように、少しづつ少しづつ良くなっていく過食症

冬休みが終わりました。お正月やスキー旅行など、楽しいスケジュールがいっぱいの冬休みです。しかし過食症の人にとっては、親戚の人がやってきたり下宿をしていた兄姉が帰ってきたりと、いつもの過食パターンが崩れがちでてしんどいこと […]

2008.02.14

6.7話:学んだこと―「過食症になって、人に合わせすぎてはいけないってことを学びました

今朝はまたとくべつ寒い朝でした。歩いてくる公園の道沿いには霜もおりていました。オフィスの窓からみえるイチョウの木もすっかり裸になって、寒そうに立っています。「おはようございます」と、カウンセリング室のドアを勢いよく開けま […]

7.10話:コアラの人形―関心の対象が、安心できる方面にどんどんひろがってきた(美樹18才)

美樹(18才 高3)は過食症になって二年になります。発症して一年たってから母親といっしょに淀屋橋心理療法センターでカウンセリング(セラピー)を受けることになりました。来所して一年がたっています。来所した当時は、食べること […]

8.1話:うれし涙―「お母さん、私の話しよく聞いてくれるようになった」と、うれし涙を

過食症のカウンセリング治療を受けに来所されている前田さん。長女の美咲さん(14才)が食べ吐きをくり返すうち、学校に行けなくなってしまいました。他県からお母さまが熱心に通われています。 中学生の美咲さん(過食症)が初めて来 […]

9.8話:文句言い―しっかりとお母さんに文句が言えてますか?(千加 高三、過食歴一年)

「私もあんなスマートな体になりたーい」 千加は高校に入るとすぐに、新体操のクラブに入部しました。「見て、あの動き、まるでシャム猫みたいやんか」と、しなやかな動きの先輩選手に見とれていました。「私もあんなスマートでかっこい […]

10.9話:ほめてほめて―「じょうずやね」と母親がほめて、子が母を指導(瑛子23才、教師)

「やせたい、やせたい、でも食べたい」 瑛子(23才)は小学校の先生です。過食症になって一年がたちます。いつも給食ののこりを「もったいないなー」と、食べていたのが太るきっかけに。配達の箱に残るパンには、どうしても手がのびて […]

コラム一覧へ