1.「お父さんお母さん、そんなに気づかわれるとよけいしんどいわ」

子どもの一言一言に耳をそばだてる両親

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食症をなんとか治してやりたいと必死だ。両親はセラピストから「できるだけ娘さんが、自分の気持ちを素直に話せるように工夫してあげましょう」というアドバイスを受けた。そこで二人は「そうか、よしっ」というわけで、それ以後清香の一言一言に耳をそばだてるようなしぐさが見える。

清香:お母さん、今日マーケットへ行く?私も連れてってね。

母親:ああ、そうか、そうか。一緒に行くのか。自分で過食の食べ物買いに行くんやな。えらいなー。

清香:べつに、えらくなんかないよ。そんな言い方せんといて。自分の好きなお菓子買いに行くだけだから。

母親:そしたら4時くらいでええか。

父親:どうした、マーケットに行くのか?

母親:そうなの。清香も一緒に行くって。

父親:え、清香も行くんか?お父さんが車で送って行ってやろうか?まだ暑いからな。日射病でもなるといかんからな。いっぱい買ったらええよ。

清香:えー、お父さんもいっしょー。(イヤそうな声で)

父親:なにもじゃましようとしてるんじゃないぞ。車の方が好きな物いっぱい買えるからいいんじゃないか、と思っただけやないか。

母親:もう、お父さん、首つっこまんといてよ。

父親:なんや、おまえがそんな言い方することないやろ。

清香:二人とも私のことで言い合いするのやめて。つらくなるじゃないの。
私の過食がいけないんやね。過食が…
(バタンとドアをしめて自分の部屋へ入ってしまった)

父親・母親:ごめん、ごめん。(あわてて娘の後を追って)

こんな光景が毎日のようにくり返されている。清香にしてみると、自分が何か一言いうと、待っていたかのように両親が反応する。それもやさしい声で、気づかい100%の調子で。清香は息苦しくてしかたがない。でも「やめてよ」とは言えない。言うと気遣ってくれている両親を傷つけるかもしれないから。そんな両親の気持ちはうれしいけど、反面つらい。

「自然体で接しましょう」というアドバイスをもらって

次の面接で母親はセラピストに相談した。「親の方は少しでも娘が話しやすい雰囲気づくりを心がけているつもりなんですが、どうもうまく歯車が噛み合わないみたいなんです」と。様子をくわしく聞いてセラピストは「そうですね、ちょっと気を使いすぎて、清香さんが息苦しくなんておられるようですね。工夫のポイントを少しかえましょう」といって次のアドバイスを出した。「親のほうから気を使って先にあれこれ言うのではなく、清香さんがなにか言ってきたときにしっかりと聞いてあげてください。できるだけ清香さんが話したい内容で盛り上がるように、自然体で接しましょう」。

母親は今度はこのアドバイスを守って清香に接してみた。すると一月たった頃、「お母さん、このごろ私の話よく聞いてくれるようになったな。なんか息苦しさがなくなってきたわ」と清香が言ったので、母親はこれでいいんだと自信がわいてきた

関連記事

2014.10.22

【不登校】通信制・単位制高校を決める際の注意点

籍を置いていた高校の留年や退学が決まり、はや10月に。10月というのは前期・後期制をとっている高校の場合、後期のスタート時期にあたります。 一般の全日制高校を不登校でやめた子が次の進路として視野に入れやすいのは「通信制・ […]

5.野菜づくりで、父と洋次の会話がもどる

父親が買ってきた「野菜づくり」の本 面接室のテーブルの上に一冊の本がおかれている。きうり、茄子、トマトのあざやかな写真の表紙だ。「いよいよ野菜づくりを始めることになりましたか。それじゃ、一度ここで手順について、お父さんと […]

質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつお母さんからよく聞かれる悩みです。家計にも直撃する問題だけに、お母さんも真剣です。 母親の不安: 「過食症の娘が『食べ物を買うお金、これだけじゃとても足りない。なんとかして』ってし […]

シリーズ記事

1.自然体で接してくれるお兄さんに感謝

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食をなんとか治してやりたいと必死だ。セラピストから「できるだけ清香さんが、自分の気持ちを素直に言葉で伝えら […]

2.成績の下がった私なんて、私じゃない

「お母さん、いっしょに死んで。もうこれ以上生きていけない。食べるのを止めることもできないし、吐くのもうまく吐けない。先月から3kgも増えたのよ。大好きなGAPのブラウスもピチピチで、ジーパンも入らないし。もう最悪。生きて […]

3.吐けない!太る!この恐怖をなんとかして!

「食べた後、吐くのに必死なの。苦しくて指をのどにつっこんで。やっと吐けた、やれやれ。でもね、体重計にのったらいつも1Kg増えてるの」。この瞬間から美佳のパニックがはじまる。「今でも太ってるのに。これ以上太りたくない。お母 […]

4.夢中になれるもの見つけようよ!

「どうしたら食べるのが止められるの」「もう食べ吐きにほとほと疲れはててしまって」「下剤つかってだしてるけど、体がだるい。でもやめると太るんじゃないかと不安だし」――こんな訴えを毎日のように耳にする。そこで次のようなアドバ […]

2011.08.29

5.1.「こんな本あるよ、読んでみて」(淀屋橋心理療法センターから刊行)

* 『過食・拒食の家族療法』福田俊一・増井昌美(ミネルヴァ書房) 「食べだしたら止まらない」「食べることとやせることで、頭がいっぱい」 あなたもこうではありませんか?本を読もうとしても、テレビを見ようとしても、人と話をし […]

2011.08.29

6.2.「お母さん、一度決めたメニューかってに変えないで!」

過食症の人は一度話し合って決めたり約束したりしたことを、勝手に変えたりするとパニックを起こすことがよくあります。 「うん、わかった。それでいいよ」といったん納得すると、ずーっとそれを信じているところがあります。夕飯のメニ […]

2011.08.29

7.3.過食症に苦しむあなたの叫びと脱出へのアドバイス

「吐けない、太ってしまう、太る恐怖をなんとかして!」 「食べた後、なかなか吐けなくて。時間がかかるから必死なの。苦しくて指をのどに突っ込んで、やっと吐けた。やれやれ」。でもね、体重計にのったらいつも100g増えてるの。あ […]

2011.08.29

8.4.「おかあさーん、3キロも増えて制服が入らないよー!」

「お母さん、いっしょに死んで。私、もうこれ以上生きていけない。食べるの止めることもできないし、うまく吐けないし。前の月から3キロもふえたのよ。制服のブラウスもぴちぴちでスカートははまらないし。もう最悪ー、生きてく希望もな […]

2011.09.17

9.1.「お父さんお母さん、そんなに気づかわれるとよけいしんどいわ」

子どもの一言一言に耳をそばだてる両親 「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食症をなんとか治してやりたいと必死だ。両親はセラピストから「できるだ […]

2011.09.17

10.2.「過食嘔吐の回数を減らすヒントが見つかったの」

過食が止まらなくて、一日3~4回食べ吐きを繰り返している人がいる。大学三年の美佳子さん。高校時代にダイエットしたのがきっかけで、過食症に陥ってかれこれ5年になる。「食べ吐きを止めたい、けど止められない」。そんな思いに追い […]

コラム一覧へ