【不登校】本人より先に兄弟姉妹に効果が

淀屋橋心理療法センターの不登校のカウンセリングでは、その子その子に応じた対応のコツをアドバイスしていますが、そのアドバイスで他の兄弟姉妹に接してみると、すぐさま効果が上がったという例が少なくありません。

不登校の子は警戒心が強かったり慎重な子も多く、対応を変えても効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。

一方、その子の兄弟姉妹は不登校になっていない分、柔軟性や融通性があるのかもしれません。たとえば、「本人の口数を増やす」という目標で頑張っていただいた場合、「小6の弟も思春期にはいってきたので口数が少なくなっていましたが、学校であった事をよくしゃべってくれるようになりました」「高校生の姉もひっつき虫のように『きいてー、きいてー』と言ってきます」。また、中には職場の人間関係に役だったという方や、(奥様が)ご主人の対応にも応用できたという方もおられます。

関連記事

2015.01.18

【小学生の不登校】二学期の終わりに再登校できた子への親の期待

なかなか再登校ができなかった子でも、小学生の場合、二学期の後半、特に12月になると随分と授業内容が緩やかになるようです。 面談・懇談のある一週間は午前中だけの授業。それに、担任の先生の配慮によっては、「お楽しみ会」や「ク […]

2013.04.10

5.食べ物への「こだわり」が強くて。カロリーやグラムにも「こだわり」が。みそ汁の具で母親と大げんかになった恵子さん。

過食症の人のほとんどが食べ物のもつカロリーや重さ(グラム)にこだわります。お腹が減って食べ物を前にしても「食べたい、いや太るからだめ」と、こんなせめぎ合いがぐるぐると頭の中を駆けめぐっています。「太る=醜い、やせる=美し […]

摂食障害の病院での治療と淀屋橋心理療法センターの治療の違い:クライアントの言葉から

病院から淀屋橋心理療法センターへと来られるクライアントが多い。話をきくと、すいぶん治療の仕方に違いがあることがわかる。同じ症状なのにこれだけ治療方法が違うのも、類をみないのではないかと思うときがある。 食べ吐きはいいが、 […]

シリーズ記事

2012.03.30

1.【不登校】本人より先に兄弟姉妹に効果が

淀屋橋心理療法センターの不登校のカウンセリングでは、その子その子に応じた対応のコツをアドバイスしていますが、そのアドバイスで他の兄弟姉妹に接してみると、すぐさま効果が上がったという例が少なくありません。 不登校の子は警戒 […]

コラム一覧へ