【不登校】本人より先に兄弟姉妹に効果が

淀屋橋心理療法センターの不登校のカウンセリングでは、その子その子に応じた対応のコツをアドバイスしていますが、そのアドバイスで他の兄弟姉妹に接してみると、すぐさま効果が上がったという例が少なくありません。

不登校の子は警戒心が強かったり慎重な子も多く、対応を変えても効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。

一方、その子の兄弟姉妹は不登校になっていない分、柔軟性や融通性があるのかもしれません。たとえば、「本人の口数を増やす」という目標で頑張っていただいた場合、「小6の弟も思春期にはいってきたので口数が少なくなっていましたが、学校であった事をよくしゃべってくれるようになりました」「高校生の姉もひっつき虫のように『きいてー、きいてー』と言ってきます」。また、中には職場の人間関係に役だったという方や、(奥様が)ご主人の対応にも応用できたという方もおられます。

シリーズ記事

2012.03.30

1.【不登校】本人より先に兄弟姉妹に効果が

淀屋橋心理療法センターの不登校のカウンセリングでは、その子その子に応じた対応のコツをアドバイスしていますが、そのアドバイスで他の兄弟姉妹に接してみると、すぐさま効果が上がったという例が少なくありません。 不登校の子は警戒 […]

関連記事

2015.06.10

【不登校】不登校のご相談のピーク

今年も不登校のご相談のピークの時期を迎えました。例年5月中旬から6月にかけてがその時期です。理由は「G.W.(ゴールデンウイーク)明けから行けなくなった」が圧倒的に多く、かつ、子どもさんが中学一年生、高校一年生という「入 […]

不登校の個別相談について

2002年の8月は勉強会を開催しない代わりに「個別相談」を開催いたします。毎日一組限定ですので、ご希望の方は早めにご予約下さい。夏休みだからこそできること、二学期に向けてやっておくべきこと等についてアドバイスいたします。 […]

最近の不登校の傾向(2003年6月)

最近の不登校の傾向 5月中旬ぐらいから不登校のご相談が一気に増えてきました。最近の不登校の傾向は、「不登校のみで困っている」というよりは、他の身体症状が出ていたり、非行などを合併しているのが特徴です。症状の主なものは、「 […]

コラム一覧へ