【不登校】不登校のご相談のピーク

今年も不登校のご相談のピークの時期を迎えました。例年5月中旬から6月にかけてがその時期です。理由は「G.W.(ゴールデンウイーク)明けから行けなくなった」が圧倒的に多く、かつ、子どもさんが中学一年生、高校一年生という「入学してまもなく」という傾向も多いようです。一気にご相談の電話が増えるため、ご予約まで少しお待ちいただくことも多いようですが、どうかご容赦下さい。

また、ゴールデンウイーク後に不登校になる子は、4月中は自分のしんどい気持ちをしゃべっていなかった子が多いようです。「勉強のペースがはやすぎてついていけない」「一ヶ月かかっても友だちができてない。どうしよー」「部活動の先生・先輩が厳しすぎる」など、頭では思っていながらもずっと胸の内にしまいこんでいるのです。そして、弱音も吐かずに頑張って頑張っていたところに長い連休で気持ちがゆるんでしまい、連休明けには「もう4月みたいには頑張れなーい」という気持ちになるというパターンの子が多いようです。親御さんにお尋ねしても、「日頃から口数の少ない子です」「4月から見違えるように頑張っていましたが、弱音は吐いてませんでした」と答えられます。一方、よくしゃべっている口の軽い子でも、よーく聴いていると、日常会話(雑談・テレビの話題など)しかしゃべっていないことがわかります。当センター不登校のカウンセリングでは「自分の中で気になっていること・しんどいこと・グチ・不満」などを最優先でしゃべれる子になるよう、対応のアドバイスをお出ししています。

不登校の子どもさんへの対応の主役は親御さん(特にお母さん)にお願いしています。そのため、ご本人が来所しなくても良い仕組みになっています。当センターの対応のアドバイスは皆さんが普段とっておられる対応とは違うことがしばしばです。不登校の子にはそれなりの対応のコツがあるのです。いわゆる一般常識的な対応をとればとるほど子どもの反応が悪くなったり、いっそう口数が減ってしまうということもあるのです。それが私どもがたくさん経験を積んできた中(臨床データ)から見えてきたのです。

関連記事

【非行】子どもを「変えない」対応

子どもの非行を解決するためにカウンセリングにきているのに「子どもを変えようとしない」・・・。何のことだかピンとこないかもしれません。実は、これはあるお母さんの名言なのです。 カウンセリングが終了してまもなく、一通のFAX […]

2015.04.07

ひきこもりの相談で 新生活の時期に・・・

4月から新生活が始まった人も沢山いらっしゃると思います。新入学、新入社員・・・街には初々しい新品の制服姿が眩しくキラキラ輝いています。ひきこもりで悩んでいる人はこの季節が一番辛い様です。周りのみんなが輝いて見え、希望に溢 […]

2011.11.17

Helping teens who cut .Michael Hollander 著(リストカットの本の紹介)

"Helping teens who cut ".Michael Hollander 著(リストカットの本の紹介) 本書の著者でありハーバード大学医学部精神科心理学の講師である Dr.Michael […]

シリーズ記事

2015.06.10

1.【不登校】不登校のご相談のピーク

今年も不登校のご相談のピークの時期を迎えました。例年5月中旬から6月にかけてがその時期です。理由は「G.W.(ゴールデンウイーク)明けから行けなくなった」が圧倒的に多く、かつ、子どもさんが中学一年生、高校一年生という「入 […]

コラム一覧へ