【不登校】通信制・単位制高校を決める際の注意点

籍を置いていた高校の留年や退学が決まり、はや10月に。10月というのは前期・後期制をとっている高校の場合、後期のスタート時期にあたります。

一般の全日制高校を不登校でやめた子が次の進路として視野に入れやすいのは「通信制・単位制高校」でしょう。そんな通信制・単位制高校も年を追うごとに増加の一途をたどり、都市部では「いっぱいありすぎて迷う」というぐらいになっているようです。

また、7月から9月ぐらいにかけて、多くの通信制・単位制高校が「学校説明会」をひらいており、何校も見て回られた方もいらっしゃるかもしれません。

親も子も「来年の4月スタートの方がキリがいいかなー」「いや、今すぐ転入・編入したら同級生と同じ時期に卒業できるかもしれない!」。この時期はそんな「転入・編入」の時期の事で悩んでおられるご家族が多いようです。

この件は当センターカウンセリングに通っておられる親御さんからもよくご相談いただくのですが、やはり「不登校だった子がどれぐらいパワーアップしているか」「色んな通信制高校の中で自分に合った高校をきちんと選べているか」「そもそも不登校になった理由が明確で、通信制高校に編入・転入する事で問題は解決(又は回避)できるか」、など様々なポイントを踏まえた上でアドバイスしています。そうしないと「通信制に転校したは良いが、そこでも不登校に・・」。これだけは避けたいものです。

関連記事

2015.04.15

下宿での新生活

4月から東京の大学に通うため新生活を始めることになった息子さんの相談です。地元の兵庫県の高校を中退し通信制の高校に編入したのち第一希望の東京の大学に合格されました。高校時代はひきこもり気味で友人とも疎遠になっていました。 […]

ストレス・シリーズ(1)最近ストレスについてのお問い合わせが増えてきました

ストレスには善いストレスもあるって知ってる? アメリカのストレス学者ハンス・セリエはこう言っている。 「ストレスとは人生のスパイスである。    スパイスの効いていない料理は味気ないし、 & […]

2010.05.19

不登校:発達障害(アスペルガー症候群)

「発達障害者支援法」において、発達障害は、 「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援 […]

シリーズ記事

2014.10.22

1.【不登校】通信制・単位制高校を決める際の注意点

籍を置いていた高校の留年や退学が決まり、はや10月に。10月というのは前期・後期制をとっている高校の場合、後期のスタート時期にあたります。 一般の全日制高校を不登校でやめた子が次の進路として視野に入れやすいのは「通信制・ […]

コラム一覧へ