【不登校】夏休みの「オープンスクール」「高校説明会」は親御さんだけでもご参加を!

毎年、7月8月あたりから各高校ごとの「オープンスクール」や、大手進学塾・新聞社・教育関連業者などが主催・協賛する「合同進路説明会」が各地で開催されるようになります。

また、いずれの場合も、多くは「個別相談」の時間・特設ブースが設けられているようです。「うちの子は不登校だけど、個別相談まで受けていいのかしら・・」「子どもの名前を言った上で不登校だと知れたら余計に不利になるのでは・・」と、二の足を踏まれる親御さんもたくさんおられます。しかし、実際に個別相談を受け、子どもが不登校であることを打ち明けたところ、「うちは出席日数よりも当日のテストの結果を重視しますから大丈夫ですよ」とか、「毎年、不登校の子は○人ぐらい合格していますよ」「もし入学後も登校しにくいようなら、色々サポートさせていただきます」など、丁寧に説明していただけたという話をよくお聞きます。また、個人の名前は伏せて受けることが可能な場合もあるようです。

今は多くの学校(特に私立)で趣向や工夫を凝らしたホームベージを作っておられます。しかしながら、表立って「不登校の子の受け入れ」について説明されているサイトはあまり見かけません。そういった意味では、このような説明会・相談会は不登校の子や親御さんの不安を解消したり、進路を左右するきっかけになりやすいと言えるでしょう。

また、「子どもと一緒に行きたいけど、本人は嫌がるので・・」という場合は親御さんだけでも参加される価値は十分にあります。不登校の最中で、「(説明会は)行きたいけど知ってる子に会ったらどうしよう・・」と、人の目が気になる子は行きにくくて当たり前。うまくいけば、親御さんが説明会から帰って来たら「どうやった?、何て言われた?」と気にしたり、もらってきたパンフレットを渡すとすぐに読み出す子もいます。不登校のカウンセリングでも、このようなきっかけ(説明会に行った・パンフレットを目にした)を機に、進路(高校受験)に向けての話し合いができるようになったというケースがたくさんあります。

関連記事

2012.04.27

2.職場にいやな人がいる。私のミス、大きな声であげつらうの。もうやめたい(敦子 22才 過食症歴4年)

敦子さんが当センターにやってきたのは4年前、18才のときでした。当時の過食症の状態は、一度に3人前くらいを食べて吐くという過食症行動を毎日3回続けていました。嘔吐だけでは「太るんじゃないか」という不安がつきまとい下剤も使 […]

ひきこもりタイプの不登校

「ひきこもり」の「五段階」 「ひきこもり」の深刻度・解決の難易度のチェックリストです。((C)淀屋橋心理療法センター2002) 第1段階(登校はしている、または、時々休む) 身体がだるそうで、朝なかなか起きてこない。父親 […]

2014.03.11

ひきこもりの相談で 3

ここのところ「長い間ひきこもっていたご本人」が来所されるケースが続きました。 親御さんがずっと相談に来られていて親御さんを通しカウンセラーがご本人にメッセージは投げかけていましたが、思ったより早くご本人が来所されたのには […]

シリーズ記事

2015.07.28

1.【不登校】夏休みの「オープンスクール」「高校説明会」は親御さんだけでもご参加を!

毎年、7月8月あたりから各高校ごとの「オープンスクール」や、大手進学塾・新聞社・教育関連業者などが主催・協賛する「合同進路説明会」が各地で開催されるようになります。 また、いずれの場合も、多くは「個別相談」の時間・特設ブ […]

コラム一覧へ