【不登校】ネット中毒(パソコン中毒)

夕方だけならまだしも、寝る時間をすぎてもネットに夢中になっている子が増えています。特に、リビングに据えつけのパソコンなら親の目が行き届くものの、最近では携帯ゲーム機やスマートフォンが普及してきたこともあり、自室でも手軽にネットが楽しめるようになってきました。

動画サイト・チャット・オンラインゲームにコミュニティサイト・・・、今やネットの環境があればどんなに時間があっても足りないぐらいコンテンツが充実しています。

ただ、寝不足ながらも登校できている子と不登校の子を比べてみると、ネットをする目的に少し違いがあることがわかってきます。登校できる子は、楽しいままにずるずると時間がのびていくのですが、不登校の子は、それに加えて「気もちを紛らわせる」というメリットもあるようです。就寝時間が近づいてくると、学校のことが頭に浮かんできて、次第に重たーい気分になってきます。そんな気もちを紛らわせるためや嫌なことを考えないようにするためにネットを利用している子もいるのです。

もちろん、どちらの方法も「現実逃避」に違いありません。淀屋橋心理療法センターでは、ネットそのものを否定していません。親子の会話が少ない場合はネットの話題で話しやすい関係をつくっていただいたり、重たい気もちの時こそネットではなく親を必要とする方向に導いていきます。

関連記事

「父はむち、母はあめ」の役割分担が効果あり(涼子20才 摂食障害・過食症)

厳しくてもダメ、甘やかしも心配。さじ加減がわからない 過食になった子は「よく外出をする」タイプと「家にこもる」タイプとにわかれるようだ。両方ともそれなりに子どもの言い分を聞くとなるほどと納得がいく。今日は「よく外出をする […]

うつの治療は、淀屋橋心理療法センターにおまかせください

うつの治療は、淀屋橋心理療法センターの治療のなかでも得意中の得意です。軽いうつから自殺が危ぶまれる重大なうつ状態まで、幅広く対応することができます。やはり成功のキー・ポイントは「なんとかしたい」という本人の気持ちであり、 […]

不登校・「テンポのはやい母」VS「ギリギリに動く娘」【前編】 (Y子 高校一年生 不登校)

高校一年のY子は、不登校に加えて腹痛と多汗症に悩んでいた。腹痛が強いと学校を休んだり、痛みが治まってから登校するという日々を過ごしていた。そんなY子を起こすのは母親の役目だった。 仕事を持っている母は、Y子を何とか休ませ […]

シリーズ記事

2012.03.15

1.【不登校】ネット中毒(パソコン中毒)

夕方だけならまだしも、寝る時間をすぎてもネットに夢中になっている子が増えています。特に、リビングに据えつけのパソコンなら親の目が行き届くものの、最近では携帯ゲーム機やスマートフォンが普及してきたこともあり、自室でも手軽に […]

コラム一覧へ