【不登校】スマホ・ネットゲームの意外なメリット(対人恐怖症)

世間では、スマホやネットゲームのやりすぎは「スマホ中毒・スマホ依存」「ゲーム中毒・ゲーム依存」など、たいていはマイナスの意味合いで使われることが多いと思います。

実際、当センター不登校のカウンセリングでも、スマホやネットゲームのやりすぎは、向き合うべき問題(登校・進路)をしっかり考えず、「現実逃避」に走ってしまっている結果である場合が多く、「改善すべきこと」として扱う傾向があります。

しかし、よくよくスマホやネットゲームにはまっている子たちの様子を聞いていると、単に現実逃避だけでなく、「この子はもしかして対人関係の練習をしているのかな?」と思わせるような子もいます。ある日、担任やクラスメートから聞いた情報や予定を、親御さんから子どもに伝えたとき、「知ってる。LINEでみた」「うん、ツイッターに書いてあったし」と、すでに学校の情報をLINEやツイッターなどのSNS経由で知っていることがあるのです。

このような子たちは、ひきこもりで不登校ではあるものの「ネット」という手段でクラスの子や学校との接点を持っているのです。大声でネットゲームしながらしゃべってるなーと思っていたら、実は相手の子はクラスメートだったり。意外とクラスとの子や日々の学校の情報は親以上に知っている場合も。

登校できず家にひきこもっているものの、誰とも接点をもたない「ひきこもり」の子よりは、日頃から学校の情報が手に入っていたり、学校の友だちとの接点があった方が学校(登校)に対する意識は高まります。また、いざ登校する際にも、授業の進み具合、休み時間の様子、流行っている話題などがわかっているだけに、再登校の「不安」自体が少なくなる子が多いようです。

関連記事

対人恐怖症・対人緊張症・・家庭でできる予防法

対人恐怖症・対人緊張症というのは見た目ではわかりません。元気で食欲もあり学校にも心配なく通っているというなかでのできごとが多いからです。人に話してもわかってもらえないと思っているので、それだけ本人は毎日とてもつらい思いを […]

不登校・親として「何もするな」と言われて困っていませんか?

「子どもの不登校(登校拒否)を何とかしてやりたい」 我が子のピンチを何とかして解決してやりたいと考えるのは親として当たり前のことです。ところが、必死で探して相談機関や医療機関に行ったものの、カウンセラーや医者からは予想も […]

家族療法って、家族を悪く言うんじゃないですか

お母さんがかわいそう。一生懸命育ててくれたのに 初めて来所される人のなかには「自分だけで治したい」と希望される方が少なくない。一人で良くなる症状もなくはないが、心の病気は時間がかかるしまた再発もしやすい。家族療法だとその […]

シリーズ記事

2015.02.25

1.【不登校】スマホ・ネットゲームの意外なメリット(対人恐怖症)

世間では、スマホやネットゲームのやりすぎは「スマホ中毒・スマホ依存」「ゲーム中毒・ゲーム依存」など、たいていはマイナスの意味合いで使われることが多いと思います。 実際、当センターの不登校のカウンセリングでも、スマホやネッ […]

コラム一覧へ