【不登校】「ネットゲーム」の意外な「メリット」

ネットゲーム・オンラインゲームは「ネット依存」や「ゲーム中毒」という言葉に代表されるように、否定的な意味合いで扱われることが多いようです。淀屋橋心理療法センターでも、「不登校」+「ネット依存」、中には「ネット依存」だけのご相談も増えてきています。不登校で家に引きこもっている子は、小学生・中学生・高校生を問わず殆どの子が「ネット」や「ゲーム」にはまっているといっても過言ではありません。一方の親御さんは「再登校させるため・寝不足を防ぐためにネットやゲームを取り上げなければ!」とお考えの方も多いようです。

そんな悪者扱いを受けやすいネットゲーム・オンラインゲームですが、意外にも「メリット」もあるのです。一つ目は、話しべたの子の「話題づくり」になることです。3DSやPSP・タブレット・iPod touchなど一人で複数のゲーム機をもっている子もめずらしくありません。さらに、今や小学生でさえも高学年になるとネットゲーム・オンラインゲームにも手を伸ばす子も。クラスで流行っているゲーム情報をゲットし、少しでも知識をもっていた方が、再登校をスタートしたり放課後に友だちが遊びに来てくれた時に役立ちます。

そして、もう一つ大きなメリットがあります。「いじめ不登校」や「対人恐怖症タイプの不登校」の子に多いのですが、クラスメートにからかわれるとすぐムキになってしまったり、相手とうまく・気軽にしゃべれなかったりと、「クラスメートとの関わり方」で苦労している子にとっての「相手との会話・対話の練習の場」になることも。特に「チャット機能」を利用したゲームです。キーボードを打つだけで対話する「文字チャット」、マイクを使って直接相手と対話する「音声チャット=ボイスチャット」。どちらも相手は本当の人間です。しかも、直接相手の顔を見ないで対話できる分、緊張感が和らいだり、冷静に対処しやすいのです。

不登校のカウンセリングでも、不登校のきっかけや対人関係の有無等によっては、ネットゲームを全面禁止というよりは、「ネットゲームを対人関係の練習に活用する」という方向に導けるよう親御さんに対応のアドバイスをお出しすることもあります。

関連記事

2012.12.10

子育て中のお母さんへ:『子どもの「わがまま」で困ったときの言葉かけ』

『子どもの「わがまま」で困ったときの言葉がけ』という特集で、PHPのびのび子育て誌(PHP研究所)からスペシャル版がだされました。そこに当センターから出した記事が掲載されています(50p)。それをまとめてご紹介しましょう […]

子ども不在の予約の取り方が、あたりまえの雰囲気

男の子(20才)がアトピー性皮膚炎に悩まされて、もう十年になる両親の面接をもった。息子は今は大学生になり下宿して一人暮らしである。先日母親のもとに手紙が届いた。それには「僕がこんなにアトピーに苦しんでいるすべての根源は、 […]

2011.12.22

(発達しょうがい)怒りっぽい

18歳のG君は新しいスマートフォンが発売されるのを心待ちにして発売日直後にショップに購入に行きました。案の定長蛇の列です。やっと順番が来て契約手続きです。アスペルガーと言われている彼は事前にしっかり調べ上げているので手続 […]

シリーズ記事

2014.10.02

1.【不登校】「ネットゲーム」の意外な「メリット」

ネットゲーム・オンラインゲームは「ネット依存」や「ゲーム中毒」という言葉に代表されるように、否定的な意味合いで扱われることが多いようです。淀屋橋心理療法センターでも、「不登校」+「ネット依存」、中には「ネット依存」だけの […]

コラム一覧へ