【不登校・非行】留年への親の焦り

子どもさんの非行の相談でも、不登校で、かつ留年のピンチが迫っている高校生の場合、最初に来所される時期によっては解決率が大きく違ってきます。

非行に走り始めたばかりや夜遊びがすぎて登校に支障をきたし始めた、いわゆる初期(または中期)段階ならば、非行のカウンセリングに専念できます。

ところが、あと数日で進級や卒業が決まるギリギリの状態でのかけこみ相談の場合、なかなかそうはいきません。親御さんは目先の進級(卒業)に意識がいきすぎて、「今日はどうすれば良いか」「登校するように強くうながして良いのか」「父親が厳しく言うべきか」など、「今すぐ、どんな手を打てば良いか」といった質問に集中してしまいがちです。

親御さんのあせりが強すぎる場合の対応は、どうしても「先走って言ってしまう」「子どもへの説得に終始する」となり、かえって親子の関係がこじれてしまう結果になることがあります。

関連記事

2003.01.21

ギリギリ再登校

新しい年が明け、年度末が近づいてきました。これまで子どもさんの不登校で悩みつづけてこられたご両親にとって、そろそろ「学年の変わり目の方が行きやすいだろう」「四月からは何とか」と、次の学年に目を向けはじめる方が増えてくる時 […]

夢中になれるもの見つけようよ!

「どうしたら食べるのが止められるの」「もう食べ吐きにほとほと疲れはててしまって」「下剤つかってだしてるけど、体がだるい。でもやめると太るんじゃないかと不安だし」――こんな訴えを毎日のように耳にする。そこで次のようなアドバ […]

2014.11.26

【不登校】小学生の不登校。自分から友だちを誘えない内気な子

小学生の不登校の子は、学校(授業)のある時間帯は家でひっそりしているものの、放課後になって友だちから遊びの誘いがかかると、すんなりと行ける子がいます。放課後や学校の休みの日ならば近所の公園で遊ぶこともできるし、自宅で数人 […]

シリーズ記事

2009.03.19

1.【不登校・非行】留年への親の焦り

子どもさんの非行の相談でも、不登校で、かつ留年のピンチが迫っている高校生の場合、最初に来所される時期によっては解決率が大きく違ってきます。 非行に走り始めたばかりや夜遊びがすぎて登校に支障をきたし始めた、いわゆる初期(ま […]

コラム一覧へ