【不登校・非行】カウンセリングが親御さんの「薬=安定剤」に

淀屋橋心理療法センター不登校・非行のカウンセリングでは、子どもさんへの対応のアドバイスを親御さんにお出しし、次回こられた際に、その間の子どもさんの反応=対応の良し悪し(向き・不向き)を検証します。

カウンセリングで前回のカウンセリングから本日までの対応の様子を時間を追ってお聞きしていると、ある日まではアドバイス通りに対応していただけ、それに応じて子どもさんも良い反応を示されるのですが、途中から親御さんの対応が変わってしまう(元の対応に戻ってしまう)場合がよくあります。

その点をカウンセラーが指摘すると「そうなんです。前回来てから一週間は頑張れたんですが、それぐらいから薬が切れたんです・・」。そうおっしゃる親御さんが意外と多いのです。

もちろん、不登校や非行のカウンセリングでは医師の所長でない限り、本当のお薬は処方していません。親御さんはカウンセリングでの対応のアドバイスに納得され、「よし、頑張ろう!」とモチベーションが高まるのですが、しばらくすると対応に疲れてしまうことがあり、それを指して「薬が切れた」と表現されているようなのです。

特にこのような状況はカウンセリング治療をスタートされて初期のうちによくあることです。そういった理由もあり、当センターでは、カウンセリングの一回目から三、四回目ぐらいまでは一週間から十日間隔ぐらいでの来所をお勧めしています。そして、親御さんの対応が急激にぶれなくなったり、対応のコツを少しずつつかんでこられるに従って、来所間隔を空けていくというスタイルをお勧めしているのです。

関連記事

2012.04.06

しつこさにうんざり アスペルガー(発達しょうがい)

小学3年のJ君の相談です。 テレビで見たテレビゲームが欲しくなりました。すぐに親におねだりが始まります。親御さんは「わかった 誕生日に買ってあげるね」と、3ヶ月後の誕生日に買ってあげる約束をしました。「やった!」と大喜び […]

職場の基本姿勢を母親とトレーニング、ピンチを切り抜けた(麻子22才)

就職が決まったが、遅刻や欠勤がふえ 麻子が母親につきそわれて淀屋橋心理療法センターの扉をくぐったのは、夏が終わり秋風が吹くころであった。春には大学の法学部を卒業、大阪にある法律事務所に就職が決まった。麻子はもとより両親も […]

2014.04.08

(2)「完ぺき症」:拒食症の人は何事も完ぺきをめざす(佳奈 16才 高一 拒食症歴2年)

摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センターにある「摂食障害専門外来」で行っております。 (大阪府豊中市寺内2丁目13-49 TGC8-201(06-6866-1510) (TEL:06-6866-1 […]

シリーズ記事

2015.08.31

1.【不登校・非行】カウンセリングが親御さんの「薬=安定剤」に

淀屋橋心理療法センターの不登校・非行のカウンセリングでは、子どもさんへの対応のアドバイスを親御さんにお出しし、次回こられた際に、その間の子どもさんの反応=対応の良し悪し(向き・不向き)を検証します。 カウンセリングで前回 […]

コラム一覧へ