【非行の子の夏休み対策】LINE漬けの子への親の対応

急速に普及してきた「LINE」ですが、今は高校生はスマホをもっていて当たり前、中学生でもスマホをもっている子も多く、中には親のスマホを使ってラインにはまっている子も多いようです。

いったんLINEにはまってしまうと、LINE中心の生活になると言っても過言ではありません。朝起きたらまずLINE。多い子で何百件のコメントに返信することから一日が始まります。食事中も常にLINEに目をやりながら食べ、テレビを観ていても視線はほとんどスマホ=LINE、部屋で何をしているかと様子をうかがうと、これまたLINE。まさにLINEに始まりLINEで終わる毎日なのです。

特に、非行の子は翌日の学校よりも、目先の友達とのLINEの方が大事。深夜までのLINEは当たり前、朝方までやっている子も少なくありません。おまけに、夏休みは非行の子にとってLINE三昧の毎日です。これまで「非行の子」といえば、家に寄り付かず、不良の子と遊んだり、ゲームセンターに入り浸ったり、深夜徘徊で警察に注意をされたりと、一日の大半を外で過ごすというのが当たり前だったのですが、このところは、家庭で過ごす時間が増えてきた子もいます。

もちろん、家にいてもやっているのはLINEやネットゲームなど、常に誰か(非行仲間)とつながっているわけです。「結局はたいして変わらない、むしろ、目の前で平気でLINEをやられるとイライラする」と、嘆いておられるご両親も多いはず。

しかし、考えようによっては、家にいる時間が長くなった分、親子の関係改善や会話を弾ませるチャンスが増えたとも言えます。特に非行タイプの子ほど、常に誰かとつながっていないと不安なのです。そのため、淀屋橋心理療法センターでは、「LINEを頭から否定せず、何とか子どもとつながるきっかけに使えないか」など、LINEをチャンスとして活用する方法などを考えたりするわけです。

関連記事

2015.05.13

【不登校】ゴールデンウイーク明けから不登校に

中学生や高校生など、もともと不登校、または、不登校気味だった子が四月の始業式・入学式を機に急に毎日登校するようになる子がいます。そんな子の中には、性格が完璧主義(完全主義)な場合が意外と多く、「登校するからには毎日フルタ […]

2.生活の記録から見えてきた改善のてがかり

家族療法による治療がスタートした 「先生、読んでください。できるだけ息子にわからんように書いてきました」と、母親はつけてきた生活の記録をさしだした。どんな内容なのか、少しここに抜粋してみよう。 (*抜粋ですが、特定できな […]

4.「息子と野菜づくりを」と、父親が提案

息子の話を聞くがわにまわるしんどさ 「しっかりと洋次君の話す言葉に耳をかたむけてあげてください。聞くだけでいいですよ」というカウンセラーのアドバイスは、正直のところ父親にとってはしんどいことだった。今まで自分の意見が家族 […]

シリーズ記事

2013.07.23

1.【非行の子の夏休み対策】LINE漬けの子への親の対応

急速に普及してきた「LINE」ですが、今は高校生はスマホをもっていて当たり前、中学生でもスマホをもっている子も多く、中には親のスマホを使ってラインにはまっている子も多いようです。 いったんLINEにはまってしまうと、LI […]

コラム一覧へ