【非行】不良の子が素直になるとき

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・深夜徘徊・たむろ・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が見つかりません。

親御さんがショックをうける極めつけは、学校で停学処分になったり、警察に補導・検挙された時でしょうか。「ちゃんと育ててきたはずなのに・・」。下げたくもない頭を下げまくり、教師や警察官の説教を聞かされる親御さんの憤り感は相当なものでしょう。

「せめて、これに懲りて少しでも反省してくれれば・・」と、わずかな期待をいだくものの、「うざい!」「だまれ!」と、まったく反省の色がうかがえません。

非行タイプ(不良)の子は、悪い行為や見た目の悪さなど「悪い面」だけを捉えて反省をうながすと、たいてい反抗的な態度を示します。だからといって、親として容認するわけにはいきません。一筋縄ではいかない非行・不良の子。こんな子には一体どう接すれば良いのでしょう。

実は、非行タイプの子は誰に対しても反発しているわけではありません。例外的に素直な面をみせる人がいるのです。たとえば「友だちのお母さん」や特定の「教師」です。自分の親には反発するものの、友だちの親には素直な態度で接したり、きっちりと挨拶できる子もいます。中には、玄関で靴を脱ぎそろえて置く子もいるのです。

いったい親とは何が違うというのでしょうか。もちろん、「肉親・他人」の違いはありますが、意外と「子どもへの接し方」が違うことがあげられます。ちなみに、学校の先生方の中で「なついている先生」と「なついていない先生」がいる場合、両者の子どもさんへの接し方の違いを比べてみて下さい。

関連記事

2013.08.20

不登校の子どもさんをお持ちの親御さんへ 新学期に向けて

夏休みも残り少なくなり親御さんも不安や焦りが大きくなってこられているのではないでしょうか。 相変わらず全く学校のことを考えていないように見えたり、目に見えて気持ちが沈んでいたり、親御さんの心配も尽きないことだと思います。 […]

摂食障害・過食の費用がだんだん増えてきた。どうしたらいいの?(百合大学二年生 摂食障害・過食症)

過食症の食材を買うお金って、みんなどうしてるのかしら 過食症の食べ吐きについやす金額は「一日1000円」と決めていても、毎日のことだけにばかにならない。やりくりの仕方は人それぞれだが、おおまかに分けると次の三つのパターン […]

2011.07.08

好きなことに対する集中力を伸ばす

発達障害と言われる子に見られる特徴として好きなことにはとことんのめり込めるが、苦手なことや興味の無いことは全くやる気が起こらないというのがあります。 親御さんは苦手なことから逃げないように躾けるのではなく、好きなことを伸 […]

シリーズ記事

2012.03.31

1.【非行】不良の子が素直になるとき

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・深夜徘徊・たむろ・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が […]

コラム一覧へ