【非行】不良の子が素直になるとき

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・深夜徘徊・たむろ・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が見つかりません。

親御さんがショックをうける極めつけは、学校で停学処分になったり、警察に補導・検挙された時でしょうか。「ちゃんと育ててきたはずなのに・・」。下げたくもない頭を下げまくり、教師や警察官の説教を聞かされる親御さんの憤り感は相当なものでしょう。

「せめて、これに懲りて少しでも反省してくれれば・・」と、わずかな期待をいだくものの、「うざい!」「だまれ!」と、まったく反省の色がうかがえません。

非行タイプ(不良)の子は、悪い行為や見た目の悪さなど「悪い面」だけを捉えて反省をうながすと、たいてい反抗的な態度を示します。だからといって、親として容認するわけにはいきません。一筋縄ではいかない非行・不良の子。こんな子には一体どう接すれば良いのでしょう。

実は、非行タイプの子は誰に対しても反発しているわけではありません。例外的に素直な面をみせる人がいるのです。たとえば「友だちのお母さん」や特定の「教師」です。自分の親には反発するものの、友だちの親には素直な態度で接したり、きっちりと挨拶できる子もいます。中には、玄関で靴を脱ぎそろえて置く子もいるのです。

いったい親とは何が違うというのでしょうか。もちろん、「肉親・他人」の違いはありますが、意外と「子どもへの接し方」が違うことがあげられます。ちなみに、学校の先生方の中で「なついている先生」と「なついていない先生」がいる場合、両者の子どもさんへの接し方の違いを比べてみて下さい。

関連記事

うつの治療は、淀屋橋心理療法センターにおまかせください

うつの治療は、淀屋橋心理療法センターの治療のなかでも得意中の得意です。軽いうつから自殺が危ぶまれる重大なうつ状態まで、幅広く対応することができます。やはり成功のキー・ポイントは「なんとかしたい」という本人の気持ちであり、 […]

2012.03.12

ニートの相談で アスペルガー(発達しょうがい)

25才の息子さんの相談に来られました。大学は卒業されましたが就職できず今はニートの状態だそうです。 「息子はとても真面目だし勉強も出来たし、特にPCは昔からのめり込んでいて専門的な知識も豊富なので就職には困らないだろうと […]

2014.10.02

過食嘔吐の裏にかくれている対人恐怖症(対人緊張)は、家族でもわかりにくいので要注意(過食嘔吐8年、29才咲子)

摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター(大阪)の「摂食障害専門外来」で行っております。 (大阪府豊中市寺内2丁目13-49 TGC8-201(06-6866-1510)) (TEL: 06-68 […]

シリーズ記事

2012.03.31

1.【非行】不良の子が素直になるとき

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・深夜徘徊・たむろ・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が […]

コラム一覧へ