【非行】不良の子が素直になるとき

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・深夜徘徊・たむろ・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が見つかりません。

親御さんがショックをうける極めつけは、学校で停学処分になったり、警察に補導・検挙された時でしょうか。「ちゃんと育ててきたはずなのに・・」。下げたくもない頭を下げまくり、教師や警察官の説教を聞かされる親御さんの憤り感は相当なものでしょう。

「せめて、これに懲りて少しでも反省してくれれば・・」と、わずかな期待をいだくものの、「うざい!」「だまれ!」と、まったく反省の色がうかがえません。

非行タイプ(不良)の子は、悪い行為や見た目の悪さなど「悪い面」だけを捉えて反省をうながすと、たいてい反抗的な態度を示します。だからといって、親として容認するわけにはいきません。一筋縄ではいかない非行・不良の子。こんな子には一体どう接すれば良いのでしょう。

実は、非行タイプの子は誰に対しても反発しているわけではありません。例外的に素直な面をみせる人がいるのです。たとえば「友だちのお母さん」や特定の「教師」です。自分の親には反発するものの、友だちの親には素直な態度で接したり、きっちりと挨拶できる子もいます。中には、玄関で靴を脱ぎそろえて置く子もいるのです。

いったい親とは何が違うというのでしょうか。もちろん、「肉親・他人」の違いはありますが、意外と「子どもへの接し方」が違うことがあげられます。ちなみに、学校の先生方の中で「なついている先生」と「なついていない先生」がいる場合、両者の子どもさんへの接し方の違いを比べてみて下さい。

関連記事

3.父親とうまく話せない洋次の姿がうきぼりに

好みがはっきりしてきた 「好きな物さがし」をつづけていくなかで、だんだん洋次の好みがはっきりしてきた。食べ物ではあっさりした物よりは、天ぷらのようなこってりした物のほうが好き。お茶は紅茶よりはコーヒー。洋服はブルーのTシ […]

「遅くてもいい、僕は亀なんや」と開き直りが出てくると、アスペルガーは改善

一家団らん、夢にみた時がやってきた 母親が会話をひきだすこつを覚えてからは、伸治のしゃべりも著しく伸びた。しゃべることが多くなると、居間や台所にいる時間も長くなる。いっしょに食事をしたり、テレビをみたり、そんな一家団らん […]

5.母親への対応アドバイスで、改善の道へ(礼子20才 摂食障害・過食症歴3年)

過食症になって三年がたつ。礼子(20才)は、いままで母親といっしょにいろんな医療機関をおとづれ、投薬をうけてきたが、症状は改善しなかった。「過食症で苦しんでるから、管理栄養士になりたい」と、大学の食物科に入った。ところが […]

シリーズ記事

2012.03.31

1.【非行】不良の子が素直になるとき

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・深夜徘徊・たむろ・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が […]

コラム一覧へ