【家庭内暴力】学校は休まないが、家庭では暴言・暴力の毎日の子

子どもさんが小さな頃から反抗的だった場合でも、親の方が力が強かったり口で言い負かせているうちは、暴力といってもせいぜい物やペットに八つ当たりする程度で済む場合が多いのではないでしょうか。

ところが、子どもさんが思春期に入る小学校四年・五年生ぐらいになってくると反発心・反抗心はもとより、体格も大きく力も強くなってきます。今まではなんとか抑えられていた子も、反発や反抗がいっそう強くなり、それでも気が済まない時は母親に手をあげるようになることもあります。

身近な人に相談しても「そのうち治まるわよー」「子どもに負けてちゃダメよ!」「あなたの育て方が悪かったんじゃない?」など、意見はバラバラ・・。

当センターでは「不登校+家庭内暴力」のカウンセリングのご相談は多いのですが、「登校はちゃんとしているものの家庭の中で暴言を吐いたり、親に暴力をふるう子」のご相談も決して珍しくはありません。そんな場合、親御さんの中には「登校はちゃんとできてるんだから、担任の先生のことは信頼しているのでは」と考え、本人に内緒で学校に相談されることもあるようです。しかし、それが本人の耳に入ってしまったら大変です。「ちくったなー!!」と、いっそう家庭内暴力がひどくなるケースもしばしばです。

身近な人に相談しても意見はバラバラ、学校に相談することもできない・・、もちろんそんな時のためにカウンセリングはあるのです。とはいっても、家庭内暴力の子をカウンセリングに連れて行くのは至難の業でしょう。実は、当センター親御さんだけに来所していただき、子どもさんへの対応のアドバイスをお出しするのが中心なのです。親御さんに来所していただいた中で、家庭内暴力だけに目をやるのではなく、「どんな時に暴力に発展するのか」「こんな時は落ち着いているという『例外』はないか」、そして何より「親子の会話の流れ」を拝見することで、大抵の場合は家庭内暴力に発展してしまう「パターン」がわかってきます。

関連記事

2012.04.06

しつこさにうんざり アスペルガー(発達しょうがい)

小学3年のJ君の相談です。 テレビで見たテレビゲームが欲しくなりました。すぐに親におねだりが始まります。親御さんは「わかった 誕生日に買ってあげるね」と、3ヶ月後の誕生日に買ってあげる約束をしました。「やった!」と大喜び […]

お父さんの言いなりのお母さん。むかつくの!

「お母さんは召使いでお父さんが社長」うちの両親はこんな感じがする。なんで、って思ってるけど口にだして言えなくて。こないだもお父さんがお風呂から「おーい、オレの下着どこだ」って大声で呼んでるの。ばかみたい。「下着くらい自分 […]

2012.03.31

【非行】不良の子が素直になるとき

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・深夜徘徊・たむろ・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が […]

シリーズ記事

2016.01.27

1.【家庭内暴力】学校は休まないが、家庭では暴言・暴力の毎日の子

子どもさんが小さな頃から反抗的だった場合でも、親の方が力が強かったり口で言い負かせているうちは、暴力といってもせいぜい物やペットに八つ当たりする程度で済む場合が多いのではないでしょうか。 ところが、子どもさんが思春期に入 […]

コラム一覧へ