「父はむち、母はあめ」の役割分担が効果あり(涼子20才 摂食障害・過食症)

厳しくてもダメ、甘やかしも心配。さじ加減がわからない

過食になった子は「よく外出をする」タイプと「家にこもる」タイプとにわかれるようだ。両方ともそれなりに子どもの言い分を聞くとなるほどと納得がいく。今日は「よく外出をするタイプ」の涼子(20才大学生)のケースを取り上げてみる。

過食のひどい娘に対して親は、どうしても腫れ物にさわるようにハラハラ、ドキドキの対応をしがちになる。これが逆効果になる場合もある。しかし親がきつく言えばいいかというと、概してこれもマイナスにでて「過食が増える」原因になりがち。このあたりのさじ加減がわからないと、嘆かれる親御さんが多い。こんなとき二人の役割分担が非常に効果的である。涼子の外出にまつわる親子の会話場面を例にあげて「過食がひどくなった親子の会話」を、はじめに紹介する。その後セラピストのアドバイスを受けて「役割分担がうまくいき、過食がおちついた対応」を書いてみた。二つを対比して、いろんな場面に応用できるので試みていただきたい。

過食がひどくなった親子の会話。

過食がひどくなった親子の会話

涼子:ただいま(門限の11時を30分も過ぎている)

母親:おかえり、今何時やと思ってるの?連絡くらいしてきたらどうなの。心配したやないの。

父親:涼子、おまえはいったい何時に帰ってくるんや。誰といっしょやったんや。ここへ座って話ししてみ。

涼子:そんなことゆうたって。

母親:ほんまや、お父さんも心配してはったんやで。高校時代の千加ちゃんといっしょやったんやろ。

涼子:うん、そうや。

父親:千加ちゃん、ゆうたらこないだ家へ泊まりにきた子か?「あの子はすかん」ゆうたやないか。あんな茶髪にはでななりの子は家にあわん。そんな子とこんな遅うまでどこいっとったんや。

母親:お父さんな、あんなタイプのお嬢さんはお好きやないんやで。お母さんも同じです。

涼子:私の友だちのことまでとやかくいわんといて。

父親:今何時や思とんや。門限11時ゆうのわかってて遅くなってんのんか。その子にひっぱられてしもとんやな。

母親:門限だけは守ってね。

涼子:----(プイと自室へ。その夜猛烈な過食に。今までは一日一回だった過食が、その日から崩れて3ー4回に増える)

セラピストのアドバイス。

セラピストのアドバイス

「楽しい思いで帰ってきた涼子さんにしてみたら、突然二人からきびしく追求され最悪の気分でしょうね。過食が増えてしまったのも無理ありません。ここでアドバイスを二つに分けてお話します。

アドバイス1門限を過ぎたときの親の対応

門限が11時というのは、親子で決めたルールですか。これを破ったことについて厳しくとがめるというのは、親の毅然とした態度を通すという意味で大切です。あいまいにすることのほうがいけないと思います。しかし問題はですね、言い方です。これでは中学生の女の子に対する言い方のようです。涼子さんは20才の大人ですから、もう少し自主性を尊重した話しあいの方がいいでしょう。「どうして遅くなったの」とやんわり聞いてあげましょう。きっと理由があるはずです。結果として「お父さんもお母さんもきらい。わからずや。もう口きかないから」と過食に走ることのない対応を。理由を聞いて「そう、楽しいかってうっかりしたんやね。親は心配するから、今度からきをつけてや。11時すぎそうやったらできるだけ早く連絡いれてね。安心するから」と。こんなふうに言ってみられたらどうでしょうか。「そうか、親は心配してるんやな」と、納得すれば「今度から気をつけよう」という気もちになると思います。

アドバイス2父はむち、母はあめで役割分担を

この場面では二人で涼子を追いつめていますね。ほとんど理由も聞かず、ただ11時という門限のみを主張して。子どもを追いつめるときは、必ず逃げ道を用意してからでないと、逆効果となることが多いようです。ここで「あめとむち」の役割分担を二人にやってもらいました。厳しく叱る父親と、娘をかばう母親。前述の会話とどう違ったかを読みとってください。

過食が減った親子の会話。

過食が減った親子の会話

涼子:ただいま

母親:まあ、お帰り、心配してたんやで。

父親:ああ、おかえり。遅かったやないか。門限とっくに過ぎてるで。連絡もなく破ってはあかんやないか。

涼子:そんなことゆうたって。

母親:なんか理由があったんやなあ、涼子。それ聞いてやりませんと、お父さん。

父親:涼子、おまえはいったい何時に帰ってくるんや。誰といっしょやったんや。ここへ座って話ししてみ。

母親:ほんまや、お父さんも心配してはったんやで。高校時代の千加ちゃんといっしょやったんやろ。

涼子:そうや。千加ちゃんや。

父親:千加ちゃんゆうたら、こないだ家へ泊まりにきた子か?「あの子はすかん」ゆうたやないか。あんな茶髪にはでななりの子は家にあわん。そんな子とこんな遅うまでどこにいっとったんや。

母親:まあまあお父さん、そないに矢継ぎ早にゆうたら、涼子物も言えんようになりますがな。それに千加ちゃんは、なりははでやけど、明るいええ子ですよ。なあ、涼子。

涼子:うん、そうや。

母親:門限だけは守ろうね。お父さんもお母さんも心配やから。一本電話してくれたらえんやから。

涼子:うん、わかった。きょうはすみませんでした。これから気をつけます。

ふしぎと過食をする暇がなかったと、後で話していた。

このあと涼子は両親といっしょにテレビを見て、お茶をのんでふつうに寝入ることができた。ふしぎと過食をする暇がなかったと、後で話していた。

関連記事

心身症タイプの不登校

「心」のストレスが「身体」にでる「心身症」 古くから「病は気から」と言われるように心と身体は密接に結びついていて、互いに影響を与えあっています。では、心のストレスが身体の症状となって現れる心身症はどうして起こるのでしょう […]

親子関連編:子どもの「ひっつき虫」と、お母さんのヒステリー

幼い子ども(一才半)を連れた母親のケースです。面接中にこんな場面が出てきました。母親がなにか話そうとすると、ひざの上にあがってきて、母親の口をふさごうとします。「もう、この子は。あっちへ行ってって言ってるでしょう」と、切 […]

2011.06.21

一匹狼の毎日で

大学一年のT君は友達とつるむこともなく一人で気ままに学校生活を送っています。別に仲間外れにされている訳でもなく一人が気楽だし自由に動けるからと一匹狼の毎日だそうです。ある機会に専門機関で相談したところ「発達障害かもしれま […]

シリーズ記事

1.摂食障害(過食症・拒食症)の治療のポイントと「一人で治したい」の落とし穴(由美 摂食障害・過食症)

「親に迷惑かけたくないんです」だから一人で治したい。 なぜ過食症や拒食症になると思いますか? 由美:短気やったり、素直でなかったりするから。だからいらいらして過食してしまうんかなって。弟に『ぶたまん』って言われたことか、 […]

2.過食の費用を自分で管理できだすと、過食のコントロールもできだす(恵子19才 摂食障害・過食症)

小づかい帳をつけて、過食の費用を管理 過食と闘って4年目の恵子さん(19才)。当センターのカウンセリングを受けて一年がたつ。来所し初めのころは、自暴自棄に陥っていた。「もうどうにでもなれ。太るだけ太れ!」こんな心境ですと […]

3.過食症(摂食障害)の状態がどこまで良くなったか、チェックシートで確認する(摂食障害診断)

過食症は良くなってきたか?治療が第二段階に入れるかどうか。 (1)本人について 一人で外へ出かけられる。買い物、映画、絵画展など、母親や姉妹とならいっしょに楽しめる。きわめて親しい友人となら、レストランなどで食事ができる […]

4.「父はむち、母はあめ」の役割分担が効果あり(涼子20才 摂食障害・過食症)

厳しくてもダメ、甘やかしも心配。さじ加減がわからない 過食になった子は「よく外出をする」タイプと「家にこもる」タイプとにわかれるようだ。両方ともそれなりに子どもの言い分を聞くとなるほどと納得がいく。今日は「よく外出をする […]

5.『良くなるきざし』をお知らせします(由美高校三年生 摂食障害・過食症歴3年)

もう3年めの過食。でもこのごろなんか違ってきたの 「長く苦しい過食といつおさらばできるのか。もう永遠にとりつかれたままではないかしら」 こんな気もちを訴える人は本当に多いのです。面接治療も何度も暗礁にのりあげながらも、航 […]

6.お母さんとの会話がはずみだしたらOK(祥子22才 摂食障害・過食症歴2年)

じょうすな相づちとへたな受け答えのちがいが決め手 祥子(22才)が過食になってもう二年になる。勤めていた銀行も過食のために昨年やめた。毎日食べたり吐いたりに、ほとほといやになってしまった。「なんとかこの苦しさから逃れたい […]

コラム一覧へ