「貧乏くじばっかりひかされてきたんや、わたしは」と、泣いて叫んで(多美 高3)

過食症がもとで、不登校からひきこもりに

多美は高校3年生。過食症になって3年目になります。この春3年生に進級したとき、一週間登校しただけで、とうとう学校に行けなくなってしまいました。「いったいなに考えてるんや。学校にいかへんなんて!」という父親の怒鳴り声に、こわがって自室にこもりがちになってしまいました。こんどは母親に怒りの矛先がむいて「お母さんの育て方が悪いから、多美はこうなったんや。わがままいっぱいに育てるからや」と。そんな両親をみて多美は「お父さん、お母さんを悪く言うのはやめて。私がわるいんやから」と、母親をかばいます。

いままでずーっと「多美ちゃんは、親思いのいいお嬢さんですね」と、言われて来ました。それによそ様からは「皆さん仲のいいご家庭で、うらやましいです」と、言われてきたのに。いったいどうなってしまったのか。「多美が過食症になってからは、もう家のなかはごちゃごちゃや。なんでこんなことに」と、母親は涙がでてしかたありませんでした。

「一番治ってほしいのは過食症です。けど・・」

困ったお母さんは担任の先生に相談し、淀屋橋心理療法センターのカウンセリングを受けることにしました。「今学期は登校はむりやと思います。それより部屋からでてきて、いままでのように、私らといしょにご飯食べたりテレビみたりするようになってほしいんです」と、お母さんの要望でした。「一番ご心配の過食症については、どうお思いですか」と、セラピスト(カウンセラー)がたずねると、お母さんの表情が暗くなりました。

聞くと、多美の過食症を治すために何度か病院に行ったり、カウンセリングを受けたりしたそうです。結局この2年あまりの治療で、多美の過食症は治りませんでした。そんな体験から母親には「過食症は、治らない」という思いこみが強くありました。

「そんなことはありません。ここで治療を受けられた過食症の多くの人たちは、立ち直っておられます。学校にもどられたり、職場で元気に働かれてたりしておられます。親ごさんにも、多くのアドバイスや課題をさしあげますので、しっかりとついてきてください。お母さまの熱意と頑張りがあれば、なんとかなります」と、セラピストは母親に力強く語りかけました。

母親の頑張りで、多美が部屋からでてきた

母親は必死で頑張りました。セラピストのアドバイスを守って、言葉がけ一つにも気をくばって。父親にも「お父さん、それはゆうたらあかんのやで。多美の過食症がよけいわるうなるんやで」と、勇気をもって言っていきました。はじめのうちは「なんや、オレに意見する気か。あんたもえろうなったもんやな」と、嫌みを言っていました。しかし母親が言うようにしていると、だんだん多美の様子が変わってきたのです。

部屋からでてきて居間で、家族といっしょにテレビを観るようになりました。「お父さん、今年の阪神つよいね」「ほんまやな。あとでガタッとこうへんかなー」と、短い会話も交わされたり。こんな多美の良い変化に、父親もしだいに母親のアドバイスに耳を傾けるようになってきました。

過食の回数が減ってきたり、食べた後始末を自分でしたり

それでも父親は、口やかましく過食のことを言っていました。「また食べとんかいな」「吐いたあと、もっときれいにせんとあかんやないか」「なんやその細い体。自分で見てみいや」とか。セラピー(カウンセリング)でアドバイスを受けた母親が、どんなに多美が過食にふれられるのをいやがっているか伝えても、わかろうとしませんでした。「いや、わかろうとしてもわからない」というのが本音だったようです。「多美のことを思うて、ゆうてるんやないか。それがなんで悪いんや」と、言い返していました。

それでも父親は3回に1回は、母親のアドバイスに耳を傾けていました。するとやはり過食にも変化がでてきたのです。多美の過食をする回数が一日3回から1回に減り、吐いたあとトイレをきれいに掃除したりしています。「あんたの言うように、多美このごろようなってきたな。その淀屋橋とかへオレも行って、アドバイスもらおうかいな」とまで言うようになりました。

多美から本音の叫び、文句、グチ、涙が出てきた

最近多美からよく文句やグチがでるようになりました。「文句やグチ、弱音はしっかりと聞いてあげてください。これは過食症の改善にとても大事なステップです」と前もってセラピストから説明を受けていたものの、いざその場に直面すると、受けとめることのしんどさに両親は直面しました。次はその一場面です。

多美:(無言でにらむ)
勉強もお手伝いも一生懸命やってきたのに、なんでこんな貧乏くじひかなあかんのよ。(泣き出す)

母親:ごめんね。お母さんもほんとうに考えられへんわ。

多美:私、心も体もボロボロなんやで。ほんまは学校行くんもつらいんやで。ホラ!見て!この爪。爪が波打ってるやろ。(手をだして爪を見せる)

母親:いやー、ほんま。心がしんどい思いしてるんやね。ほんまに頑張ってるんやね。お父さん、見て、多美の爪。ガタガタに波打ってるやろ。

父親:どれ、見せてみーや・・・ほんまやなー。

多美:お父さん、私がどれだけしんどい思いしてるか、わかってるん?それやのに「学校、はよ行け」とかゆうて。私をせかしてばっかりいたやんか!「食べたらあかん」とか「もっと食べろ」とか、言いたい放題で私を苦しめてきたやんか。私が言いたい事言わずに抑えてきたから、こんななったんやで。ずーっとずーっと抑えてきたんやで。(ワーッと泣き出す)

母親:(背中をさする)そうやな、ガマンしてたんやな。ガマンしてきたんやな、わかるで。

父親:(無言でうなだれる)

文句やグチ、涙は立ち直りのサイン

「多美さんは、本音の気持ちを言葉で出せるようになってきましたね。親を無視するとか、物を投げたり蹴ったりとかではなく、怒りや悲しい気持ちを言葉で言えだしました。これは過食症にとってどても大事なステップです。親への文句やグチ、批判は、過食症からの立ち直りのサインです。自分の弱点をさらけだしたり、グチをいったり、涙をみせたり、ドンドンやらせてあげてください。お母さんお父さんに対して、心の扉がすこしづつ開いてきています。この気持ちをしっかりと受けとめてあげてください。必ず過食症が治る道筋にはいっていきますよ」と、セラピストは説明した。

「私、がんばって過食がまんしてるんやで」と、多美は母親に

多美が本音で両親に文句やグチを言い出してから、三ヶ月がたちました。今では父親も多美の文句や批判を、しっかりと聞けるようになっています。父親は腹がたったときは、こっそりと母親に聞いてもらいなぐさめてもらっています。両親間の協力体制も、徐々にできてきました。

そんな二人の様子をみて、多美もなにかを感じとったようです。「私、がんばって過食がまんしてるんやで」と、多美は母親に打ち明けました。

「私、忙しいて、過食してるヒマないわ」と、信じられない言葉が

一月後、多美は学校に登校できるようになりました。そして一番心配だった過食症もかなり良くなってきました。学校からの帰りにいっぱい食べ物を買い込んでいたのに、それもしなくなりました。「お母さん、私、学校でみんなといっしょに補習受けることにした。やっぱり大学行きたいし。ええやろ」と、うれしそうに言いました。「うん、ええよ、なあ、お父さん」と、お母さんもうれしそう。

「私、忙しいて、過食してるヒマないわ」と、言いだしたのは、それから間もなくでした。

関連記事

友だち・社会性関連:集団のルールが守れない

『集団のルールが守れない』(別冊PHPより) 個性の強い子に多いと言われますが、そうではなくて「個性を集団のルールにあうように、出し方をしつけ てもらえなかった」のではないでしょうか。 幼いころおもちゃを独り占めするとか […]

「したいこと、言いたいこと、言えてますか?交渉力をつけようね」

アメリカへ行きたい。けど、お父さんに許してもらえるやろか?勇気をだして交渉を 「行きたい、行きたい。でも言い出せない」 「今度の夏休み、アメリカへ行きたい。映画でしかみたことないニュー・ヨークのビル。それに自由の女神。ナ […]

子どもの言い分に耳をかたむけて

「お母さんはすぐに自分の考えを押しつけるやろ。だから僕なーんにも話す気なくなるんや」。小五になる真一君はお母さんにこんなことを言いました。「そやけど言わんとあんたなんにもせーへんやないの」。お母さんも負けていません。こん […]

シリーズ記事

2015.02.28

1.摂食障害を克服して

摂食障害を乗り越え夢だった美容師として活躍されている人の話です。 『美容学校時代に知り合った旦那さんと一生懸命開店資金を貯めて小さいけれど駅前にお店を持ちました。居心地もよく腕もいいと評判で確実にお客さんも増えてきました […]

2008.05.29

2.「貧乏くじばっかりひかされてきたんや、わたしは」と、泣いて叫んで(多美 高3)

過食症がもとで、不登校からひきこもりに 多美は高校3年生。過食症になって3年目になります。この春3年生に進級したとき、一週間登校しただけで、とうとう学校に行けなくなってしまいました。「いったいなに考えてるんや。学校にいか […]

2008.07.01

3.「できあいのお総菜」で楽をして、過食から1年でリカバリー(真美 18)

真美は東京から淀屋橋心理療法センターへ、過食症のセラピー(カウンセリング)を受けに通っていた。実家が大阪なので母親といっしょに来所し、1年後にはほぼ過食症を克服できたケースである。1年というとかなり早い期間での立ち直りだ […]

2013.10.03

4.1.摂食障害(過食嘔吐)が長引いて、不登校からひきこもりに(過食症歴3年 高3)

摂食障害(過食嘔吐)がもとで、不登校からひきこもりになった多美さん 多美さんは高校3年生。高1のときに過食嘔吐を発症して3年目になります。もともと不登校ぎみだったのですが、この春3年生に進級したとき、一週間登校しただけで […]

2013.10.08

5.2.過食症を克服し就職できた!摂食障害専門外来の力は大きい(過食症歴6年 29才)

過食症を発症して6年がたつ。淀屋橋心理療法センターにある摂食障害専門外来でカウンセリング治療をスタートして、 2年後には過食症も嘔吐も止まり就職することができた。症状が重かったわりには、比較的早く過食症克服への道を歩めた […]

6.「過食症だった私が、会計事務所で働けてる。うれしいな」(瑠美29)

重症の過食症。発症後6年たって来所したケースだが、治療をスタートして2年後には過食も止まり働くことができだした。症状が重かったわりには、比較的早く克服への道を歩めたケースである。 過食症になって6年目に来所 過食症になっ […]

7.3.「摂食障害・過食症が、ほんとうに良くなりました」と母親がうれし涙

夏美(18才 高三、過食症になって三年たってから淀屋橋心理療法センターへ来所) 「夏美さんの過食症は、一年後にびっくりするくらい良くなりますよ」 カウンセリング治療がスタートして一月たったころのことです。「えー、そんな。 […]

8.4.「雨ふって地固まる」みたいに良くなってきた過食症(美佐 22才 OL)

摂食障害:美佐 22才 本屋勤務 過食歴6年 必死で両親の仲をとりもつ美佐 「なんだ、この部屋は。いつもきれいにしてくれって言ってるだろう」と、居間に入ってくるなり父親が大きな声をあげました。「はい、はい。わかってますよ […]

9.5.母親への対応アドバイスで、改善の道へ(礼子20才 摂食障害・過食症歴3年)

過食症になって三年がたつ。礼子(20才)は、いままで母親といっしょにいろんな医療機関をおとづれ、投薬をうけてきたが、症状は改善しなかった。「過食症で苦しんでるから、管理栄養士になりたい」と、大学の食物科に入った。ところが […]

10.6.小さな良い変化がでてきたら、治るきっかけがつかめるかも・・(美香28才 摂食障害・過食症歴3年)

過食症にかかって三年がたつ。美香(28才)は、小さいころからとても良い子だった。友達も多かったし、勉強もよくできる頑張りやさん。「私の自慢の娘だったんです」と、母親は話した。思春期のころ、よくあるダイエットの失敗から拒食 […]

コラム一覧へ