「寝落ち」するまでネットやスマホに依存する「不登校」の子の心理とは

朝起こしに行ったらパソコンをつけっぱなし。おまけにパソコンの前でうつ伏せで寝ていた。

子どもの布団をはいだらスマホを持ったまま寝ていた。

このような状態を「寝落ちする」と言います。ネット用語としても広く使われているようで、「オンラインゲーム中にA君のキャラクターが止まったまま動かなくなった」という状態を「あいつ、寝落ちしたなー」といった使い方をするようです。

夜中までや夜通しゲームやスマホを手放せない「ネット依存症・スマホ依存症」の子はたくさんいますが、単に楽しみながらゲームをしたりスマホを使っているうちに「つい」寝てしまうといった寝落ちと、「不登校」の子の寝落ちとは「心理状態」が全く違います。

不登校のカウンセリングでお手伝いしている子どもたちも、ほとんどと言って良いぐらいネットやスマホにはまっています。しかも、居間にしかデスクトップパソコンがなかったような頃と比べ、スマホ・ポータブルゲーム機・タブレットなどが急速に普及し、どこででもゲームが楽しめたり、LINEができたり、ネット動画だって観られます。その意味では、子どもにとっては自由度が増していると言えるでしょう。

一方、子どもが自分の部屋で楽しみやすくなった分「何時まで何をやっているのだか・・」と親御さんが子どもの状況を把握しづらくなってきています。おまけに「夜中までゲームをやったり動画ばっかりみてるから朝起きられないんだ」と、深夜までのゲーム・スマホなどと不登校の原因を結びつけがちに。

実際のところ、不登校の子どもさんの夜中の心理状態はどうのでしょうか。

夜が更けるにつれて翌日の登校日が近づいてきます。「寝たら明日になるから寝たくない」と口にする子も何人もおられました。そうなんです。夜が更けるにつれ、翌日の登校不安がにわかに強くなってくるのです。そんな登校不安から逃げたいために、彼らはゲームや動画などで不安な気持ちを紛らわせているのです。「ゲームをやめたら不安が襲ってくる。だから止められない・・」。そうしてネットやゲームを延々とやっているうち次第に眠気が強くなってきた結果が「寝落ち」なのです。

関連記事

2015.04.08

【不登校】始業式・入学式からのロケットスタートにご用心!

4月は新学期・新入学など、大きな変化を迎える時期です。それまで不登校で不本意な生活をしていた子の中には「リスタート・リセットの絶好のチャンス」と考える子が少なくありません。 また、これまでの不登校を払拭したいという願望も […]

子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割

「良夫とお父さん、仲が悪くてね。寄るとけんかせーへんかとひやひやします」。中学二年になる良夫君は、少し遅れ気味の第二反抗期。ゲームが楽しくて仕方のない良夫君と「もうええかげんにせーや」というお父さんのあいだで、昨日もこん […]

2014.12.12

私立中学進学後の非行

現在中学1年のJ君のケースです。一人息子のJ君は難関の私立中学に見事合格されました。高学歴の親御さん、祖父母や親戚の人達の期待を一身に背負いプレッシャーもあったと思いますが頑張りぬきました。 J君はご両親、祖父母、親戚の […]

シリーズ記事

2014.04.24

1.「寝落ち」するまでネットやスマホに依存する「不登校」の子の心理とは

朝起こしに行ったらパソコンをつけっぱなし。おまけにパソコンの前でうつ伏せで寝ていた。 子どもの布団をはいだらスマホを持ったまま寝ていた。 このような状態を「寝落ちする」と言います。ネット用語としても広く使われているようで […]

コラム一覧へ