「寝落ち」するまでネットやスマホに依存する「不登校」の子の心理とは

朝起こしに行ったらパソコンをつけっぱなし。おまけにパソコンの前でうつ伏せで寝ていた。

子どもの布団をはいだらスマホを持ったまま寝ていた。

このような状態を「寝落ちする」と言います。ネット用語としても広く使われているようで、「オンラインゲーム中にA君のキャラクターが止まったまま動かなくなった」という状態を「あいつ、寝落ちしたなー」といった使い方をするようです。

夜中までや夜通しゲームやスマホを手放せない「ネット依存症・スマホ依存症」の子はたくさんいますが、単に楽しみながらゲームをしたりスマホを使っているうちに「つい」寝てしまうといった寝落ちと、「不登校」の子の寝落ちとは「心理状態」が全く違います。

不登校のカウンセリングでお手伝いしている子どもたちも、ほとんどと言って良いぐらいネットやスマホにはまっています。しかも、居間にしかデスクトップパソコンがなかったような頃と比べ、スマホ・ポータブルゲーム機・タブレットなどが急速に普及し、どこででもゲームが楽しめたり、LINEができたり、ネット動画だって観られます。その意味では、子どもにとっては自由度が増していると言えるでしょう。

一方、子どもが自分の部屋で楽しみやすくなった分「何時まで何をやっているのだか・・」と親御さんが子どもの状況を把握しづらくなってきています。おまけに「夜中までゲームをやったり動画ばっかりみてるから朝起きられないんだ」と、深夜までのゲーム・スマホなどと不登校の原因を結びつけがちに。

実際のところ、不登校の子どもさんの夜中の心理状態はどうのでしょうか。

夜が更けるにつれて翌日の登校日が近づいてきます。「寝たら明日になるから寝たくない」と口にする子も何人もおられました。そうなんです。夜が更けるにつれ、翌日の登校不安がにわかに強くなってくるのです。そんな登校不安から逃げたいために、彼らはゲームや動画などで不安な気持ちを紛らわせているのです。「ゲームをやめたら不安が襲ってくる。だから止められない・・」。そうしてネットやゲームを延々とやっているうち次第に眠気が強くなってきた結果が「寝落ち」なのです。

関連記事

「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見

「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見 うつ病にみられやすい初期サイン 「何となくゆううつで、やる気がわいてこない」 「食欲がない」 「夜寝つきがわるく、早朝にめがさめる」 このような状態がこ […]

友人が拒食症にかかっています

友人が拒食症にかかっています こんにちは。HPを拝見させていただきました。そこでぜひ相談にのっていただきたいとメイルを大送りしています。 私の友人S子のことですが、最近とくにやせがひどく拒食症ではないかと思います。「どう […]

2008.02.14

7話:学んだこと―「過食症になって、人に合わせすぎてはいけないってことを学びました

今朝はまたとくべつ寒い朝でした。歩いてくる公園の道沿いには霜もおりていました。オフィスの窓からみえるイチョウの木もすっかり裸になって、寒そうに立っています。「おはようございます」と、カウンセリング室のドアを勢いよく開けま […]

シリーズ記事

2014.04.24

1.「寝落ち」するまでネットやスマホに依存する「不登校」の子の心理とは

朝起こしに行ったらパソコンをつけっぱなし。おまけにパソコンの前でうつ伏せで寝ていた。 子どもの布団をはいだらスマホを持ったまま寝ていた。 このような状態を「寝落ちする」と言います。ネット用語としても広く使われているようで […]

コラム一覧へ