「小さなひっかかること」が、言葉で言えだした(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

「小さなひっかかることを書き留めて」が効果をあげて

過食症で佳代が淀屋橋心理療法センターにかよいだして、半年がたつ。佳代自身の問題、家族とのかかわり、職場でのストレス、友人関係などいろんな面に焦点をあてながらカウンセリングはすすめられた。母親とは雑談ならかなり長く話せるようになったし、休みがちだった職場にも、遅刻をはさみながらも通勤できるようになった。とりあえずカウンセリングの第一段階はクリアーできたと言えよう。

さらにここからみていかないといけないのは、家族との関係である。毎日いっしょに暮らしているだけに、小さなことが心にひっかかる。口に出して言うと角がたち、ぎくしゃくする。我慢していると「腹ふくるるわざなり」の諺どおりもやもやとたまってくる。そこでカウンセリングの課題としてだしたのが「小さなひっかかることを書き留める」だった。

「書き留めることやったらできます」という佳代の言葉。それを繰り返しやっていくうちにみえてきた変化をいくつかあげてみた。

  1. 「『小さなひっかかること』って、ようけあるんやな。自分でもびっくりやわ」
  2. 「このごろよう話ししてくれるようになりました」と、母親の笑顔。
  3. 「過食あっても、朝ちゃんと起きられるで。なんとか会社いけてるもん」と、胸をはる佳代。
  4. 「過食の食べ方が、変わってきましたね」と、母親のほうから安心コメントが。

「小さなひっかかること」が、言葉で言えだした

書き留めた「小さなひっかかること」を、カウンセリングで読みあげてもらう。母親とセラピストをまえに、言葉にだしてみる練習をするのだ。「えー、これよむの?お母さん、気ーわるうせーへんやろか」と、ちゅうちょしていたが、佳代は読み出すとだんだん声もしっかりしてきた。母親も「そんなことが気になってたんかいな」と、驚くような気持ちで聞き入っている。

そんな練習を何回もくり返してしたある日、カウンセリングで次のような報告があった。以下はそのようすである。

セラピスト:こんにちわ。どうですか。なんか明るい感じがしますけど。

母親:はい、先生。佳代がこのごろ私に文句を言うようになったんです。文句って、言葉わるいですけど、つまり「小さなひっかかること」を、口で言えだしたってことなんですけど。

セラピスト:えー、口で、ですか。それはすごいことですね。佳代さん、ほんとうですか?

佳代:えへへへへーッ(てれくさそうに笑う)気がついたらゆうてたって感じなんですけど。

セラピスト:いや、それでいいんです。話しの流れのなかで言えてたっていうのが、いいんですよ。どんなことで?

佳代:ね、ようけあるね。(母親の顔をみてうれしそう)

母親:ほら、あのことお話したら。お料理のときに・・・

佳代:あ、私が言う。お母さん、また先走ってるよ。私が言うこと、よう先に先にゆうてしまうやろ。あれ、あかんよ。これからきーつけてね。

セラピスト:おやおや、目の前で「小さなひっかかること」がすぐに口に出せるっていう場面がでてきましたね。

佳代:あのね、そのお料理のことなんですけど、お母さんたらすぐに自分でかってにメニューを決めてしまうんです。私が「今夜は魚の料理がええかな」ってゆうただけやのに、「そうか、ほなちり鍋にしようか」って。私は、お鯛の煮付けが食べたいからそないゆうたのに。「お母さん、また先々ゆうてるやんか。私なんもちり鍋がええって、ゆうてないやろ」ってすぐに文句が言えて。

母親:ほんまにこんなことがようけあったんやろな、って思います。私が気づかんかっただけで。

セラピスト:そうですか。すぐ言えるようになってきたんですね。それはいい。そしたらお腹のふくれ具合はどうですか。ましになってきましたか?

佳代:うーん、まだよくわからないけど、気持ちがすっきりします。ああ、やっぱり言うほうがええんやなって思います。

セラピスト:そうですか。それはよかった。お母さん、これから文句がふえてきますよー!いいですか。覚悟しといてくださいね。

母親:はい、わかりました。どんな文句でも批判でもしっかり聞きます。大丈夫です。

「小さなひっかかること」が、すぐさまその場で言えだした。これができるようになれば、やがては自分の考えや感情を、しっかりと言えるようになるだろう。ずーとあとになって佳代はこんなふうに話している。

「私がしんどくなったり、食べたくなったりするのは、このひっかかることを抑え込んだり、気づかずにきてしまったからや。これがたまってくると、しんどーくなってた。過食したーくなってたと思う。『お母さんがいやな思いしないかな』とか、『お母さんに負担がかからないかなー』とか、そっちへ気づかいがいっぱいで、自分を抑えてしまっていたんだなと思う」と。

関連記事

事例 商社勤務 女性28才(仕事への迷いからうつに)

向上心の強い、まじめなK子さんが落ち込んだ穴 事例紹介:課長のなにげない発言がグサッと胸に K子さんはもと商社のOL。入社して五年がたつ。未婚で現在は両親と三人で暮らしている。自分としてはまじめに一生懸命働いてきたつもり […]

2012.11.22

3.過食症の人は迷いやすいので、何事にも時間がかかってしまうことがよくあります。

■過食症の人のなかには迷いやすく、時間がかかる人が多い 「どの洋服をえらんだらいいかわからない。いつも時間ばっかりかかってしまうの」 舞子さんはお母さんと洋服を買いに出かけました。いっぱいお店をまわってもなかなか決められ […]

なんでお茶の沸かし方、入れ方に注文つけるの?

いいかげんな入れ方しないで。めずらしいお茶なのに 涼子(対人不適応)は23才のOL。会社で海外旅行に行ったひとからおみやげにお茶のパックをもらった。母親に見せながら「お茶にしたいから、これ沸かして」と頼んだ。説明は英語で […]

シリーズ記事

1.摂食障害・過食の費用がだんだん増えてきた。どうしたらいいの?(百合大学二年生 摂食障害・過食症)

過食症の食材を買うお金って、みんなどうしてるのかしら 過食症の食べ吐きについやす金額は「一日1000円」と決めていても、毎日のことだけにばかにならない。やりくりの仕方は人それぞれだが、おおまかに分けると次の三つのパターン […]

2.頑張るお母さんは疲れが心配(美香29才 摂食障害・過食症とひきこもり)

過食症でひきこもりになった娘さんのご両親が、この春からカウンセリングに来所されている。いつも二人でそろってこられ、待合い室でも仲よさそうに話をされている。29才になる次女の美香さんが、二年前から過食症に、その半年後にはひ […]

3.「ホッとするもの、ありますか?」(信子25才 摂食障害・過食症歴5年)

「食べ物から解放されたい」 過食症に悩まされている人は、決まって次のようなことを口にします。 「もうずーと、ずーと食べ物のことばっかり考えています。あー、チョコレート食べたい。アイスクリーム食べたい」。それじゃ食べたら満 […]

4.「ホッとするもの、どんどん増えてきた」(信子25才 摂食障害・過食症歴5年)

食べ物や体重の話はかわしながら、カウンセリングをすすめる 過食症の治療がスタートして10ヶ月がたった。セラピーでは意識して食べ物とか体重についての話はなるべく避けていた。過食にまつわるいろんな質問や嘆きや怒りの声が出され […]

5.「もう疲れはてました。助けて下さい」と、母親の声が(菜月17才 摂食障害・過食症)

過食症になやむ娘さん(菜月17才)のことで、淀屋橋心理療法センターのホームページをみてお母さんが問い合わせてこられた。 当センターの(旧)ホームページを開くと、トップページに「診療科目」というのがある。そのなかから「過食 […]

6.「私、本屋さんでバイトしたい」(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

「引っかかること」が出てくる出てくる 過食症の治療で「小さなひっかかること」を言葉で伝えることができだすと、少しづつようすが変わってくる。佳代も『一日のうち、ひっかかること一つはお母さんに伝えよう』という課題はほとんど完 […]

7.「小さなひっかかること」が、言葉で言えだした(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

「小さなひっかかることを書き留めて」が効果をあげて 過食症で佳代が淀屋橋心理療法センターにかよいだして、半年がたつ。佳代自身の問題、家族とのかかわり、職場でのストレス、友人関係などいろんな面に焦点をあてながらカウンセリン […]

8.「小さなひっかかること」を、書き留めて(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

過食症の治療で役立つ小さな質問 どうすれば過食を止められますか? 体重を減らしたいんですけど、いい方法を教えてください 過食を治したいんです。他のことはいいんです こうした質問は過食症のセラピーをスタートしたころよくださ […]

9.「親にアドバイスをくれる所」これが来所の決め手です(清美25才 摂食障害・過食症歴7年)

清美(25才)は、過食症にかかって7年になる。病院の精神科に3度入退院をくりかえしたが過食症は治らず、その後はひきこもり同然の生活を送っていた。三年前の春、当センターが出した本「過食・拒食の家族療法」と「過食症と拒食症ー […]

10.「猛烈な食べ吐きで・・一人ではダメですか?」(香奈28才 摂食障害・過食症歴半年)

過食症の子は気持ちが不安定 香奈は大阪の本町で証券レディとして働いていた。大学の英文科を卒業、すぐに入社したから今まで6年間働いたことになる。勤務態度はまじめ、気くばりはいい。上司にも「よく働くいいコだ」と、評判はよかっ […]

コラム一覧へ