「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・【前編】

S太は小学校からずっとサッカーを続けてきた。中学でもサッカー部に入り、一年生のうちにレギュラーの座も獲得した。そんなS太を悲劇がおそったのは中2の4月。練習中に利き足を骨折してしまったのだ。全治数カ月。ここからS太の非行傾向が始まった。

なんとか登校は続けているものの、「先輩と遊んでくる」と出ていっては、帰宅時間が日に日に遅くなっていった。相手の目星はだいたいついている。中学校の先生や警察からも目をつけられている一年上のK雄だ。S太の両親はすぐさまK雄とのつき合いを反対し、思いつくかぎりのK雄の批判をあびせた。しかし、S太は反省するどころか、K雄をけなせばけなすほど親への反抗をつよめ、やがて親と顔をあわせるのも嫌がるようになった。夏休みに入ると事態はいっそう深刻になっていった。親子の会話はほとんど無くなり、タバコ・ピアス・朝帰りと、みるみるエスカレートしていった。次第に両親の根気もうすれ、半ばあきらめムードが漂っていたところで、カウンセリングがスタートしたのだった。

S太のように「挫折」をきっかけに非行に走る子は多い。そして、「ぬけがら」「なげやり」に近い状態の子に、「サッカーがダメなら勉強でがんばれ」と励ます両親との間に大きな温度差が生じてしまう。皮肉なことに、そんな気持ちでいるときに限って、K雄のような連中から「甘い声」がかかってしまうのだ。【後半へつづく】

2019.04.17  著者:福田俊一 小川和夫

関連記事

高校やめるゆうんですわ。どないしましょ。

「単位制の高校へ代わるゆうんです。あと一週間行けば進級できるのに」と、真美(高一)のお母さんがかけ込んでこられました。長く不登校ケースとしてみていたのですが、昨年の秋ぶじ再登校にこぎつけたケースです。あれ以来多少の波風は […]

摂食障害(過食症・拒食症)のカウンセリングの進め方はこうして

過食症・拒食症によく効く‘エコロジカル・アプローチ’ 当センターで治療した過食症・拒食症は、500症例近くにもなります。治癒に成功した多くの体験を生かして編み出した治療法が、エコロジカル・アプローチです。 いったいどんな […]

3.好きな物を用意して、母親から話しかけてみる

母親から先に話しかけてみると いつもは美雪から「お母さん、きて」と、呼ばれてから母親は部屋へ行っていた。そこでさんざん愚痴や不満を聞かされて。「もうええやないか」と母親が言うと、「なにゆうてるんや。あんたらの育て方が悪い […]

シリーズ記事

1.「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・【後編】

S太と両親との膠着(こうちゃく)状態を何とかするため、カウンセラーは一つの課題を両親に出した。「親子の接点さがし」である。「テーマは何でもけっこうです。S太くんがよく口にする話題の中で、ご両親にも興味がもてるものを探して […]

2.「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・【前編】

S太は小学校からずっとサッカーを続けてきた。中学でもサッカー部に入り、一年生のうちにレギュラーの座も獲得した。そんなS太を悲劇がおそったのは中2の4月。練習中に利き足を骨折してしまったのだ。全治数カ月。ここからS太の非行 […]

コラム一覧へ