「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・【後編】

S太と両親との膠着(こうちゃく)状態を何とかするため、カウンセラーは一つの課題を両親に出した。「親子の接点さがし」である。「テーマは何でもけっこうです。S太くんがよく口にする話題の中で、ご両親にも興味がもてるものを探して下さい。そして、次回までにその話が弾むようにがんばって下さい。」。

両親は、課題の理由をカウンセラーから説明をうけたものの、それで良くなるのかどうか半信半疑だった。しかし、今のままでは良くならないことはわかっていた。父親は「サッカー」、母親は「晩ごはん」をそれぞれ選ぶことになった。

一週間後の面接日。S太は最初こそノリが悪かったものの、父親との間でサッカーの話題で盛り上がるようになり、週末にはJリーグの試合を見に行く約束まで取りつけた。母親は、前々から晩ごはんのメニューや味付けに、いちいち口出しするS太をうっとおしく思っていた。それを今までは違って「聞いてやる」ことにした。その結果、「文句はいっそう増えました。でも前のようにイヤそうな顔じゃないし、文句を言いながらもパクパク食べるんです」。

両親ともに熱心に取り組んだため、最初の課題から大成功である。カウンセラーは、ひきつづき「S太の非行」ではなく、「親子の会話を弾ませる」ことを勧めた。

ある日、S太の口から意外な言葉が飛びだした。いつものようにK雄からの誘いの電話のあと、浮かない顔をしていると思っていたら「もう!、テレビみたかったのに!」と、突然グチをこぼしたのだ。

よくよく聞いてみると、K雄からの誘いは最初は嬉しかったものの、つき合いが長くなるほどにK雄のわがままが増えていったようだ。「いつもあいつの都合ばっかりや」「パシリばっかりさせられる」「あいつは万引きも平気でやってる」「あんな奴、捕まったらいいねん」と、次から次にK雄に対する不満が口をついて出てきた。

「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし…

ようやく両親の努力が実を結びはじめた。K雄からの誘いはつづいたが、家ではK雄の悪口が日課となり、他にもいろんな話題で盛り上がるようになった。

あのままS太を責めつづけていたらどうなっていただろう・・。

2019.04.17  著者:福田俊一 小川和夫

関連記事

介護福祉士(24才男)2:「みんなに迷惑かけて、おらんほうがましや」

「職場のストレス・マネジメント」(メディカ出版)*という本を、母親が図書館でみつけた。息子の雄一が「うつ」と診断され職場を休職することになったのだ。 「母親としてどうしてやったらいいんやろ。もう大人やし、あれこれこまかく […]

2013.01.25

特性1:「頼まれると断れず、周りを優先させる面倒見のよさ」

真美(高2、過食歴1年)のカウンセリング治療から 真美さんは高一のときに過食症を発症してほぼ一年になります。以前から人の話によく耳をかたむけるほうで、友人の話を聞いてあげていました。それがいつの間にか悩み相談を引き受ける […]

1.ひきこもりの第五段階にいたって来所した両親

結婚を見こして8年いた職場をやめる 美雪が自分の部屋にひきこもるようになったのは、2年前。それまでは大阪の本町で商社に勤めていた。短大を出てからの勤務だったので、8年間になる。そこをやめることになったのは、女性ならよくあ […]

シリーズ記事

1.「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・【後編】

S太と両親との膠着(こうちゃく)状態を何とかするため、カウンセラーは一つの課題を両親に出した。「親子の接点さがし」である。「テーマは何でもけっこうです。S太くんがよく口にする話題の中で、ご両親にも興味がもてるものを探して […]

2.「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・【前編】

S太は小学校からずっとサッカーを続けてきた。中学でもサッカー部に入り、一年生のうちにレギュラーの座も獲得した。そんなS太を悲劇がおそったのは中2の4月。練習中に利き足を骨折してしまったのだ。全治数カ月。ここからS太の非行 […]

コラム一覧へ