「ホッとするもの、どんどん増えてきた」(信子25才 摂食障害・過食症歴5年)

食べ物や体重の話はかわしながら、カウンセリングをすすめる

過食症の治療がスタートして10ヶ月がたった。セラピーでは意識して食べ物とか体重についての話はなるべく避けていた。過食にまつわるいろんな質問や嘆きや怒りの声が出されたが、セラピストは意識的にかわしてカウンセリングをすすめてきた。

食べ吐きの回数について信子の質問

信子:あのー、きのう3回も食べ吐きしてしまって。どうしたらいいですか?

セラピスト:そうですか、3回もですか。ま、そういう日もあるでしょう。それより信子さんのお好きな「ちびまる子ちゃん」のアニメ、どうでした?

信子:あー、あのね、まる子ちゃんがね、お隣の・・・

朝食の材料を食べられてしまった母親の嘆き

母親:先生、私もうがまんできません。あしたの朝食の材料を袋にいれてひもでしばっておいたのに、信子はそれまで食べてしまってるんです。

セラピスト:朝食の材料を、ですか。それはお困りでしたね。お母さんの枕元においてお休みになるとか。小さい冷蔵庫を買った方もおられますよ。一度工夫してみてください。想像もつかないことが起きるのが摂食障害なんですよ。お母さま、お花の発表会はいかがでした?たしかお母さまも出品なさったんですよね。

母親:まー、先生、よく覚えてくださってて。そうなんです。皆さんとてもおじょうずで、「私なんかとてもだめ」と思ってましたらね、先生、佳作に入ってたんですのよ。もううれしくて・・。

体重が500g増えたと、大騒ぎする信子

母親:昨夜はたいへんな騒ぎだったんです。お風呂に入る前にいつも体重をはかってるんですけど・・・

信子:ちょっとまって。その話し、私にさせて。あのね、先生、500gも増えてたんです。体重が増えたなんて、もうダメです。わたし、生きてる値打ちなんかなーい!

母親:ふとったから、外へ出るのいやだって、カウンセリングに行くのもいやだって、泣いて騒いで。

セラピスト:そうですか。500gふえたんですか。たいへんだったね、信子さん。で、今朝はどうでした?

信子:はい、それが今朝はかったら元の体重にもどってて。それで出てこれたんです。

セラピスト:それはよかった。きょうはね、こんなすてきな雑誌を見つけてきたの。信子さんの好きなアニメのよ。

信子:ウワー、きれいな写真、うれしい!


過食症の人にとって、「食べた食べない」「食材の調達」「体重が増えた増えない」といった話題は死活問題といってもいいくらい真剣なテーマである。それがわかっているだけにその渦に突入しないよう、できるだけほかの話題をもちだしている。本人や母親の興味のわく話題なら、しぜんに会話がはずんで面接がすすみやすくなる。「急がばまわれ」で、このほうが良いきっかけをつかむ可能性が高い。

「ホッとするものが、どんどん増えてきた」

テレビのアニメの話で信子とセラピストのあいだで花がさいた。信子はとてもうれしそうに説明してくれる。

「ちびまる子ちゃんのアニメみてるとどうですか、面白いですか?」「はい、なんかへんに相手にあわさないで、言いたいこと言ってるのがいいなあって思います」。「そうですか。先生なんかは、さざえさんの世代だから、ちょっとちがうのかな」「うーん、似てるんじゃないですか。ちびまる子ちゃんは、「平成のさざえさん」

っていわれてるんですって」「へー、そうなの、知らなかった。いっぺんみてみたいなー」「あのね、あの番組は○曜日の○時からはじまるんですよ。ぜひみてねー。おもしろいですよ」。信子はちびまるこちゃんのマンガももってるから、次の面接の日にもってくるという。話し方に勢いがでてきたような気がする。

そのほか以前からの課題である「ホッとするものさがし」で、信子は紙に書き出してきた。「先生これ、書いてきました。ホッとするものこんなにあります」と。大きな紙B4サイズの紙である。あちこちに思いついたままを書いたのか、バラバラに字がおどっている。「えー、こんなにあるの!」セラピストは驚いてしまった。と同時に、心のなかでこうもつぶやいていた。「信子さんは、自分がなんにも興味わかないって嘆いていたけど、そうではないんだな。これだけ「ホッとするもの」が生活のなかにみつかったんなら、やがて過食にもなんらかのいい結果がでてくるかもしれないな」。

外のことにも「ホッとするもの」を感じられだして

B4の紙に書いてある信子さんのホッとするものを追ってみた。けっこう読んだりイメージを浮かべたりするだけでも、こちらもホッとしたりするものだ。

  • 「冷蔵庫に食べ物がたくさん入っているのを見るとき」
  • 「チロちゃん(飼い犬)の背中をなでているとき」
  • 「お風呂につかって、バスロマンの香りをかぎながら手足を思いっきりのばしているとき」
  • 「金魚が藻のあいだをスーイスーイと泳いでるのをみているとき」
  • 「どこからともなくキンモクセイのにおいがしてきたとき」

まだほかにいろいろ書いてある。これまでと違うのは、家の中だけのことにかぎらず「キンモクセイ」といった外のことにも「ホッとするもの」が見つけられだしたことである。

それからまもなく信子から過食について次のような報告があった。「過食についやす時間が短くなってきました」「なんか4時間も食べ吐きにつかうのがもったいないなーって思って」といったうれしい報告である。これは過食症から立ち直れるきっかけの一つであり、治癒をみるまでにはいろいろ山あり谷ありだが、本格的な過食症の治療に入っていく土台ができた。

関連記事

2012.11.22

3.過食症の人は迷いやすいので、何事にも時間がかかってしまうことがよくあります。

■過食症の人のなかには迷いやすく、時間がかかる人が多い 「どの洋服をえらんだらいいかわからない。いつも時間ばっかりかかってしまうの」 舞子さんはお母さんと洋服を買いに出かけました。いっぱいお店をまわってもなかなか決められ […]

「背が低い」から僕はなんもできひんのや

卓治は高校に入ってサッカー部に入った。「僕は走るのが速いし、ボール扱いはうまいからな」。家では母親にこう自慢していた。ほんとうに小学校のころからかけっこは速かったし、運動神経はいいほうだった。「よかったね。行きたい高校に […]

2015.04.07

ひきこもりの相談で 新生活の時期に・・・

4月から新生活が始まった人も沢山いらっしゃると思います。新入学、新入社員・・・街には初々しい新品の制服姿が眩しくキラキラ輝いています。ひきこもりで悩んでいる人はこの季節が一番辛い様です。周りのみんなが輝いて見え、希望に溢 […]

シリーズ記事

1.摂食障害・過食の費用がだんだん増えてきた。どうしたらいいの?(百合大学二年生 摂食障害・過食症)

過食症の食材を買うお金って、みんなどうしてるのかしら 過食症の食べ吐きについやす金額は「一日1000円」と決めていても、毎日のことだけにばかにならない。やりくりの仕方は人それぞれだが、おおまかに分けると次の三つのパターン […]

2.頑張るお母さんは疲れが心配(美香29才 摂食障害・過食症とひきこもり)

過食症でひきこもりになった娘さんのご両親が、この春からカウンセリングに来所されている。いつも二人でそろってこられ、待合い室でも仲よさそうに話をされている。29才になる次女の美香さんが、二年前から過食症に、その半年後にはひ […]

3.「ホッとするもの、ありますか?」(信子25才 摂食障害・過食症歴5年)

「食べ物から解放されたい」 過食症に悩まされている人は、決まって次のようなことを口にします。 「もうずーと、ずーと食べ物のことばっかり考えています。あー、チョコレート食べたい。アイスクリーム食べたい」。それじゃ食べたら満 […]

4.「ホッとするもの、どんどん増えてきた」(信子25才 摂食障害・過食症歴5年)

食べ物や体重の話はかわしながら、カウンセリングをすすめる 過食症の治療がスタートして10ヶ月がたった。セラピーでは意識して食べ物とか体重についての話はなるべく避けていた。過食にまつわるいろんな質問や嘆きや怒りの声が出され […]

5.「もう疲れはてました。助けて下さい」と、母親の声が(菜月17才 摂食障害・過食症)

過食症になやむ娘さん(菜月17才)のことで、淀屋橋心理療法センターのホームページをみてお母さんが問い合わせてこられた。 当センターの(旧)ホームページを開くと、トップページに「診療科目」というのがある。そのなかから「過食 […]

6.「私、本屋さんでバイトしたい」(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

「引っかかること」が出てくる出てくる 過食症の治療で「小さなひっかかること」を言葉で伝えることができだすと、少しづつようすが変わってくる。佳代も『一日のうち、ひっかかること一つはお母さんに伝えよう』という課題はほとんど完 […]

7.「小さなひっかかること」が、言葉で言えだした(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

「小さなひっかかることを書き留めて」が効果をあげて 過食症で佳代が淀屋橋心理療法センターにかよいだして、半年がたつ。佳代自身の問題、家族とのかかわり、職場でのストレス、友人関係などいろんな面に焦点をあてながらカウンセリン […]

8.「小さなひっかかること」を、書き留めて(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

過食症の治療で役立つ小さな質問 どうすれば過食を止められますか? 体重を減らしたいんですけど、いい方法を教えてください 過食を治したいんです。他のことはいいんです こうした質問は過食症のセラピーをスタートしたころよくださ […]

9.「親にアドバイスをくれる所」これが来所の決め手です(清美25才 摂食障害・過食症歴7年)

清美(25才)は、過食症にかかって7年になる。病院の精神科に3度入退院をくりかえしたが過食症は治らず、その後はひきこもり同然の生活を送っていた。三年前の春、当センターが出した本「過食・拒食の家族療法」と「過食症と拒食症ー […]

10.「猛烈な食べ吐きで・・一人ではダメですか?」(香奈28才 摂食障害・過食症歴半年)

過食症の子は気持ちが不安定 香奈は大阪の本町で証券レディとして働いていた。大学の英文科を卒業、すぐに入社したから今まで6年間働いたことになる。勤務態度はまじめ、気くばりはいい。上司にも「よく働くいいコだ」と、評判はよかっ […]

コラム一覧へ