「うつ」からの脱出に、適切な早期治療を

最近サラリーマンのうつで、とても残念に思うことがあります。それは薬をのんだり、カウンセリングを受けたり、休養したりしていても、なかなかはかばかしくなく、結局会社をやめてしまう人が多いことです。

もし早期からより適切な治療を受けていれば、問題を甘くみず、最初から克服の努力を積み重ね、会社を休職している期間中に解決できたのにと思うことがしばしばあります。サラリーマンの心の病を治療するときの問題点は、時間との戦いです。あせって治療するというよりは、あせらなくていいように早めに手を打っていくということです。

最近の抗うつ剤はめざましく進歩していますが、やはりそれは一時の助けでしかなく、根本的な解決ではありません。ゆううつに陥りやすい自分を直視し、自分にあった抜け方や危機への対処の仕方をつかまなければ、自分はうつを克服したとは言えないでしょう。そうしないといつまでも再発を、心のどこかで恐れなくてはいけないのです。

関連記事

2015.04.29

リストカット(自傷行為)をする娘さんを持つ親御さんの困惑

リストカット(自傷行為)をする娘さんを持つ親御さんを、困惑させる出来事があります。 一つは勿論リストカット(自傷行為)そのものです。もう一つは、昨日まですごく元気でポジティブだったのに、朝になったら「死にたい」に変わって […]

2015.07.28

【不登校】夏休みの「オープンスクール」「高校説明会」は親御さんだけでもご参加を!

毎年、7月8月あたりから各高校ごとの「オープンスクール」や、大手進学塾・新聞社・教育関連業者などが主催・協賛する「合同進路説明会」が各地で開催されるようになります。 また、いずれの場合も、多くは「個別相談」の時間・特設ブ […]

症状を長引かせる気がつきにくい家族関係(1)親子の三角関係

両親が子どもを取り込んでいるし、子どももその役割に意義を感じている こうした家族関係は、当事者はなかなか気がつきにくい。そのやり方で毎日の生活がすすんできているから。 この親子の三角関係というのは、他の症状にもよくみられ […]

シリーズ記事

1.性格は変わる?変えようとするよりも生かす工夫を(商事会社勤務、45才男)

劣等感から抜けきれない自分を、なんとか変えたい 面接室には男性が一人座っている。手帳を前に広げて、しきりにスケジュールを確認しているようだ。なでつけたヘアースタイルから、几帳面さが感じられる。 「電話受け付け表はどこかな […]

2.病院とかけもちしながらカウンセリングはうけられますか?(よくある質問)

別の病院で薬を処方、淀屋橋でカウンセリングを希望 Aさん(銀行勤務30才、男性)が、心のゆううつを感じで近くの病院の精神科にかかったのは一年前。薬である程度おちついたが、いくつかの疑問や不安が残った。Aさんの質問に耳を傾 […]

3.立ち直りのきっかけは、すぐそばにある

ほんのちょとした良いことが積み重なって、大きな力に 失業率は5%を越えて、最悪の日本経済で・・・読むのも気が滅入る新聞記事の第一面である。こんな状況でもめげずにいろんな企業に応募している男性(森さん仮名、45才)がいる。 […]

4.一人で治したいんです(銀行勤務、28才女)

一人で頑張るのは難しい。親の助けを求めてください 順調にいってると思えた玲奈の人生に陰りが見え始めたのは、28才をむかえてまもなくだった。職場ではベテランの部類にはいる。大学も優秀な成績で卒業し、銀行という当時としては難 […]

5.「うつ」からの脱出に、適切な早期治療を

最近サラリーマンのうつで、とても残念に思うことがあります。それは薬をのんだり、カウンセリングを受けたり、休養したりしていても、なかなかはかばかしくなく、結局会社をやめてしまう人が多いことです。 もし早期からより適切な治療 […]

6.「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見

「うつ病」の早期発見には「チェックリスト」でうつのサインを早期発見 うつ病にみられやすい初期サイン 「何となくゆううつで、やる気がわいてこない」 「食欲がない」 「夜寝つきがわるく、早朝にめがさめる」 このような状態がこ […]

7.「宴会係」という心ない上司の言葉に傷ついて

明るく活発な社員と思われていたはずなのに 入社して三年目を迎えた佐藤さん(24才仮名)は、面接室で腕組みをしながらうつむいていた。「自分がよもやカウンセリングを受けるようになるとは」という思いでいっぱいだった。担当セラピ […]

コラム一覧へ