友だち・社会性関連編:あいさつができない・人見知りがはげしい|子育ての悩み

子育ての悩み
友だち・社会性関連編:あいさつができない・人見知りがはげしい

『あいさつができない・人見知りがはげしい』(別冊PHPより)

人見知りがはげしい子なのに、きちんとしたあいさつのできる子がいました。年齢に比してあんまり上手なのでお母さんに聞いてみたところ、「練習させてます」という答え。

玄関に人がみえたとき、電話にでたとき、場合場合にわけて、何回も練習しているとのことでした。気持ちよいあいさつで相手が子どもに好感をもち、それが本人の心の扉をあけやすくするということがよくあったということです。

あいさつはその日はじめて顔をあわせたときにかわす第一声です。「今日一日元気で仲良くやっていきましょう。よろしくお願いします」の意味がこめられています。とても大事なスタートの切り札です。

人と顔をあわせるのが苦手な子どもの場合、これがうまくできなくて大きくなってからも苦労するとよく聞きます。生活のなかで声をだす練習をつむといいのではないでしょうか。

「おはよう、いただきます、ごちそうさま、おやすみなさい」は生活の基本のあいさつです。子どもが言わないときは、親から「おはよう」と声をかけていきましょう。またお母さんも「どうぞ召しあがれ、よろしゅうおあがり、おかえりなさい」など、返事をかえしてあげるといいですね。

生活のなかにとけこんで、日常化してしまえば、他人へのあいさつも抵抗なくできるようになると思います。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」