嫁・姑関連編:同居・生活干渉|子育ての悩み

子育ての悩み
嫁・姑関連編:同居・生活干渉

「あ、怒ったらあかん。がまんせな、母親といえへんよ」って、お義母さんは言うんです。子どもが私がみてるTVドラマのチャンネルをガチャガチャ回してしまうのに。どうやら姑さんの子育て干渉に、耐えかねている母親の相談でした。なかでも頭にきたせりふは「そんなんかめへんやないの。やらせとき。この子の姿はあんたそっくりやで」と。

『同居・生活干渉』(別冊PHPより)

「核家族化」と言われて久しいですが、姑と「同居」する若夫婦は、ますます少なくなってきました。ただ最近は、住宅事情や経済事情で、親と「同居」する夫婦もで始めています。不況で失業した若夫婦の家族が、ふるさと回帰で同居するというケースもありました。

「同居」に踏み切るとき、心がけておきたいことがあります。まず夫とのチームワークがとれているかどうかを確かめてください。「嫁と姑」という関係が一つ屋根の下で始まるわけですから、波風が立たないという保証はありません。そういうとき、助けてくれるのは夫しかいないのです。夫が味方をしてくれるかどうかを確認しておきましょう。

また、できるなら前もって、お互いにある程度ズケズケ言って、それでもお互いに傷つかない関係を築いておきたいものです。もしそういう関係が作れないと、お互いに気づかいでくたびれはて、陰で不満をもらすしかない、惨めな生活になるおそれがあります。

「同居」を始めて問題になるものの一つが、「生活干渉」です。基本的には、誰でも干渉されるのはイヤなものですが、人によっては干渉されてもあまり気にしない人もいます。逆に干渉されることに対する嫌悪感がとても強い人もいます。そういう人は、姑さんに抗議するときは、「干渉をやめて」という言い方はしないで、「私はそういうことは、とてもイヤな性格なんです」と告げるほうがいいでしょう。なぜなら「干渉をする側」は、自分のしていることが「干渉」であることを知らないことが多いからです。

「受け止める側」が、なにを「干渉」と感じるかを、しっかりと正攻法で相手に伝えておくことがたいせつです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

子どもとお母さんの「心の健康百科」:嫁・姑関連編

  1. 嫁・姑関連編:同居・生活干渉
  2. 嫁・姑関連編:性格の衝突

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」