性格・行動関連編:吃音|子育ての悩み

子育ての悩み
性格・行動関連編:吃音

『吃音』(別冊PHPより)

小さい子は焦ってしゃべろうとするので吃音になりがちです。それは落ちついてゆっくりしゃべれば解決 することですので、案外治りやすいものです。「あわてなくていいからね」と言ってやったり、会話の雰囲気 をやわらかな落ち着いたものに変えることで、自然に治ってしまうケースがたくさんあります。

ところが中学生以降になると、吃音は非常に治りにくくなります。その理由として、おそらく吃音が 「長期化」すると,コンプレックスから吃音を避けるしゃべり方を覚えるからだと考えられます。

たとえば「ですよね」という話し方が吃音を生む場合、「ですよね」を巧みに避けて、違う言い回しで しゃべる習慣がつきます。つまり、非常に難しい思考コースをとって、しゃべっているわけです。普通に リラックスして話すこととは、ほど遠いしゃべり方のパターンを身につけていくので、吃音が改善されず、 ますます潜行してしまうわけです。

おとなになれば吃音を恥ずかしいとは思わず、明るく生きようという人が多くなります。吃音の人たちは、 概して積極的で、しゃべるのが大好きな人が多いようです。ですから、吃音にこだわりをもたなくなったら、 非常に明るく、どんどん会話を楽しむのが、そうした人たちの特徴にもなっています。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」