親子関連編:子どもの「ひっつき虫」と、お母さんのヒステリー|子育ての悩み

子育ての悩み
親子関連編:子どもの「ひっつき虫」と、お母さんのヒステリー

幼い子ども(一才半)を連れた母親のケースです。面接中にこんな場面が出てきました。母親がなにか話そうとすると、ひざの上にあがってきて、母親の口をふさごうとします。「もう、この子は。あっちへ行ってって言ってるでしょう」と、切れてしまいました。面接どころではありません。「いつもこうですか?これはたいへんですね。次回はお父さんも参加していただきましょう」。

二週間後、こんどはお父さんもいっしょでした。お母さんにしがみついて離れようとしない子どもを、お父さんがじょうずにあやして待合い室のほうへと出てくれます。お母さんは、心に貯まっていたうっぷんを思いの丈話せて、ようやくすっきりできたようです。お父さんの育児参加がどれだけ、母親を救うかがわかりました。PHPの本より該当項目を下に紹介しましょう。

『ひっつき虫』

子どもがお母さんにまとわりついて離れないことはよくあります。ひっつき虫というのは、「わがまま、甘える」とならんで、子どもの心の成長にとても大切なことなのです。

問題はお母さんが疲れてしまい「いいかげんにあっちへ行ってなさい」と、ヒステリックに叫んでしまうことにあります。これでは子どもも欲求不満を感じるでしょう。

二~三歳まではこのひっつき虫が安定した情緒形成に重要な役割を果たすので、しっかりとひっつかせてあげます。そのためにはお父さんの育児参加も必要ですよね。お母さんが疲れはててしまわないよう、夜○時から○時はお父さんと交代、土日はお父さんの番とか決めておくと、お母さんも体を休めることができます。

しつけができる年齢になったら、「今は忙しいから待って」と言い聞かせます。相手の状態を見てガマンする必要があるというしつけは、将来社会性を養う上で、とても大切な要素となります。

ポイントはひっつかせてあげるときと、できないときのメリハリをつけることです。できるときは思いっきりひっつかせてあげて、満足感を与えてあげます。子どもは十分な愛情を感じたら自然に親から離れていきます。成長につれて肌のひっつき虫だけでなく、心のひっつき虫 -- いっしょに話し合ったり、掃除をしたり、片づけたり -- を育てていくことも大切です。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」