子育て関連編:虐待・体罰|子育ての悩み

子育ての悩み
子育て関連編:虐待・体罰

最近とくに目立ってきたような気がします。新聞などで報道されるわが子への信じられない「虐待・体罰」です。食事を与えず、一間に軟禁状態のまま衰弱するのを見て見ぬフリ。ほんとうに信じられません。そこまでのケースは当センターではありませんが、それでも「つい怒ってしまう、手をあげてしまう。どうしたらいいでしょうか」という相談はあります。

『虐待・体罰』(別冊PHPより)

「子どもに手をあげてしまい罪悪感をもつ」ことは多いと思います。でも、母と子は長時間一緒にいるわけですから、イライラして「キレても仕方がない」のです。お母さんの疲れがたまって怒りっぽくなったりしないために、「自分の余裕づくり」が重要になります。それには、お父さんが協力して、お母さんを子どもから離してあげる工夫も役立ちます。

すぐパチンとやるお母さんのなかには、「しつけがうまくいっていない」と思っている人も多いようです。そういう人は「しつけのツボ」をはずしていないかを再検討してみてください。他の方法を考えてみる、しつけのタイミングをはずしていないか、自分の気分で「ダメ」と言ったり「OK」と言っていないかなど、子どもに応じた関わり方が必要です。

また、上の子に手がかからなかったお母さんは「それが普通」と思っています。ですから、二人目に手を焼かせられるとショックを受けて、思いどおりにさせようと手をあげがちです。きょうだいでも子どもの気性には違いがあることも知っておいてください。

お母さんの中には、子どもに辛くあたってしまう自分をすごく責めるタイプの人がいます。しかし、世の中にはどんなひどい育てかたをされても立派な大人に育つ例がたくさんあります。「子育ては失敗しても、子は育つ」のです。

でも子どもにチック症状が出てきたり、叩いてケガをさせてしまったときは、親身になって話を聞いてくれる人に相談すべきでしょう。自分だけの殻に閉じこもると、いつしか「虐待」に進むかもしれませんから。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」