子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割|子育ての悩み

子育ての悩み
子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割

「良夫とお父さん、仲が悪くてね。寄るとけんかせーへんかとひやひやします」。中学二年になる良夫君は、少し遅れ気味の第二反抗期。ゲームが楽しくて仕方のない良夫君と「もうええかげんにせーや」というお父さんのあいだで、昨日もこんな場面がありました。

良夫:僕のやってるんはな、ドリームキャストやから、無線はあかんの知ってるやろ。

母親:へー、そうなん。みんなどなしてる?

良夫:みんなは使いたい放題や。うちもはよしてーや。

母親:お父さんに聞いてみんと。お母さんではわからへん。(そこへ父親が入ってくる)

母親:良夫、お父さんにさっきのこと聞いてみたらどうや。

良夫:おとうさん、こないだ僕がゆうてたドリームキャストのことなんやけど。

父親:え、なんのこと?ゲームのことか。まだそんなことゆうとんのか。もう中学二年やで。

良夫:NTTに頼んでみよ、ゆうてたやんか。まだなんか?

父親:あー、わかった。わかった。(部屋を出ていく)

良夫:聞いたか?わかった、ゆうてるけど、なんもわかってへん。僕の言うことなんも聞かんと、わかったやなんて。なんにも理解しようとしてくれへん。そのくせ自分ではなんでもわかったつもりになってるんや。(良夫はそばにあった本を思いっきりお父さんの出ていったドアめがけてぶつけた)

良夫君とお父さんの不協和音が聞こえてきます。ひょっとして良夫君はこのままいくと「家庭内暴力」にならないかと心配です。こうならないために母親としてできることはないでしょうか?それは二人の「橋渡し役」お母さんがすることです。

「じゃ、どんなことをしたらいいんでしょうか?」と、良夫君のお母さんは尋ねました。一番やりやすいのは、前もって少しづつでも父親に良夫君のことを伝えておくことです。実例をあげてみましょう。

  • 「お父さん、あのね、今日良夫ね、学校で先生にほめてもらったんやて。廊下のゴミひろたとかで」
  • 「きょうね、良夫ね、自分から起きて部屋掃除してたわ。びっくりした」
  • 「『ゲームも面白いけど、宿題もちゃんとせなあかんな』ゆうてたので、「そうやな、中学二年やもんな」と、ゆうときました」
  • 「ドリーム・キャストは無線があかんとか、ゆうてますけど、お父さんメカ強いからわからはります?またみてやってくださいね」
  • 「きょうね、貴子(妹)に自分のケーキわけてやってましたわ。いつも横取りするのに。お兄ちゃんになってきたんやな、思いますわ」

例をあげてみるとこうなります。お気づきですか?本来のテーマ「ゲームと無線」に関することばかりではありませんね。「日常の生活のなかでおきたさまざまなことを、さりげなく父親の耳にいれておくこと」、これが母親の「橋渡し役」ということなのです。「なんだそんなことか」と思われるかもしれませんが、これがいざというとき、父親と息子の意志疎通にとても大きな力を発揮するのですよ。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」