対人恐怖症(対人緊張)チェックリスト(中学生・高校生・大学生向け)|チェックリスト診断

チェックリスト診断
対人恐怖症(対人緊張)チェックリスト(中学生・高校生・大学生向け)

対人恐怖症(対人緊張)ページも御覧下さい。トップページに診療科目を紹介しています。

次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなります。

「うちの子は友だちが少ないなー」「休みの日はいつも家にいるなー」「にきびや一重まぶたとか、顔のことをよく気にする子だなー」など、人づきあいの少なさや自分に対するコンプレックスが強いなーと、わが子のことが気になったことはありませんか。特に、中学生・高校生・大学生の不登校などのご相談をお受けしていると、対人恐怖症(対人緊張)が根っこにある場合が多く、年々増加の傾向が見られます。

親御さんから見られて、次のような傾向は見受けられませんか?

1.嘘がつけない・嘘はついてはいけないと思っている。

2.誰からも好かれないといけないと思っている。

3.入学して、すぐに友達ができないと非常に焦る。

4.友だちには何でも隠さずしゃべった方が良いと思っている。

5.メールがきたら、すぐに返信しなければならないと思っている。

6.友だちとしゃべった後やメールを送った後、「あれはまずかったかなー」と後悔することがよくある。

7.自分の陰口をたたかれているのではないかと不安に感じることがよくある。

8.自分のことを「陰キャラ」だと思っている。

9.実は「○○オタク」だが、友だちにはひたすら隠しつづけている。

10.友だちは多ければ多いほど良いと思っている。

11.容姿に対するコンプレックスを抱いている(強い)。

12.「根アカ」の子とつき合わないと、ボス格の集団から白い目で見られそうで怖いと思っている。

13.友だちと一緒にいると、視線をどこに向けてよいかわからない。

14.暑いわけではないのに、脇や手のひらに大量の汗をかいてしまう。

15.自分から臭いを発しているのでないか(体臭)と気になる。

上記の項目は、これまでに淀屋橋心理療法センターに不登校のご相談に来られた方々で、とりわけ、対人関係の苦手意識や自分自身へのコンプレックスの強さが再登校のさまたげになっている方々の特徴の一部です。不登校の背後に何が隠れているのか、それを特定するのも再登校への近道です。

対人恐怖症(対人緊張)ページも御覧下さい。トップページに診療科目を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」